「国分寺・日本のこころ音楽祭」の御礼とご報告  森 敬恵(ソプラノ歌手)

「国分寺・日本のこころ音楽祭」の御礼とご報告  森 敬恵(ソプラノ歌手)
ソプラノ歌手の森敬恵(もり・としえ)さんが歌う2月9日に国分寺で開かれた「日本の
こころ音楽祭」について、本誌でも2回ほどご案内した。お陰様で当日は満席となったそう
だ。ただ、主催した「国分寺・日本のこころ音楽祭」から森さんに“海ゆかば”を歌って
もらっては困るとか、いろいろなトラブルがあったようだ。

 森敬恵さんからは昨日の紀元節奉祝式典の会場でもいろいろお聞きしたが、お送りいた
だいた「御礼とご報告」をほぼ原文のままご紹介したい。


 昨日は大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。皆さんの強く暖かい
ご支援のお蔭で、左翼の巣窟と言われる地域の国分寺で「日本の心音楽祭」を盛会裡に終
えられましたこと、深く御礼申し上げます。

 どうか、皆様にこの御礼と下記の御報告をお伝え頂ければ、有難いです。

 先ずは「海ゆかば」のことです。「国分寺は日本です。どうして“海ゆかば”を歌うな
などと言うことができるのでしょうか。まるで共産主義の国にいるつもりなのですか。

 自由に話せて、自由に歌えるはずです。日本を守ってきた多くの方々への鎮魂歌「海ゆ
かば」を何故「日本の心音楽祭」で歌うな!などと言うのでしょうか。

 だってあの人たちは「君が代」を歌わないのは自分たちの勝手で自由だと主張されてい
ますね。おかしいではありませんか。それなら「海ゆかば」を歌うことも自由ではありま
せんか。

 私は「海ゆかば」が駄目だと言われたので「何が良いのですか?」『君が代』だったら
いかがですか?」とお聞きしたら、ぷんぷん怒って「『君が代』なんてもっと悪い!」で
すって。

 本当に驚きましたよ。貴女は公立の先生で、日本国民の税金で命を繋いでいる身ではあ
りませんか。そんなに日本が嫌なら中国でもロシアでもお好きな国に行かれてはいかがで
すかと、私は思いました。

 何でも軍歌は絶対にダメという人達は生命体としての大切な原理を置き去りにしていま
す。地球上のすべての生命体は全て24時間、外敵の侵入を受けています。そして、その外
敵との戦いしなければ生命体は滅亡します。これが宇宙の大原則です。

 一体、誰が戦争や病気で死にたいと思うでしょうか。誰でも平和に健康に過ごしたいの
です。でも、その平和や健康は、その生命体の戦いを持って維持できるものです。

 人の健康が、国の平和に匹敵するのです。侵入する外敵との戦いなくしてどうして健康
や平和が維持できるのですか。そんな大原則も知らないで、平和平和ということはおかし
いことではないですか。

 これが今回の「国分寺・日本のこころ音楽祭」で私がお話させていただいた一部です。

 次は「国分寺・日本のこころ音楽祭」の役員さんが受付に立たれたのですが、その感想
が多くの人から寄せられましたので、お知らせします。

 受付に立たれていた主催者側の横柄な態度には皆さんが驚かれていました。

 終演後に、遠来の方が「森先生にお会いしたい」と申し出ても、「込み合っていますか
ら」と適当な出まかせを言って会わせてくれませんでした。その為に、心尽くしのお土産
も紙袋に入れてあるだけで、誰からの物か、さっぱりわかりませんでした。(普通は相手
の名前と送り主の名前を紙に書いておくのが常識です。

 実は楽屋は全く込んではいませんでしたから、皆さんにお会いして、一言御礼を申し上
げたかったと、非常に私は残念でしたし、皆さんも残念がっておられました。

 大勢の方々から、寒い中、仕事を終えて急いで駆けつけているのに、お客に対して横柄
な態度で、感じの悪い対応だった。という感想が寄せられました。

 感謝の心がないということは、大変、人として嫌な感じを人に与えるものなのですね。

 以上が今回の御礼とご報告です。本当に皆様のご厚意に深く感謝申し上げます。有難う
ございました。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , ,