「台湾に対する意識調査」台湾がもっとも親しみを感じるが64.7%の断トツ1位

台湾の駐日大使館に相当する台北駐日経済文化代表処(謝長廷代表)は12月28日、「台湾に対する意識調査」を発表した。これは、日本人が台湾に対してどのような意識を持っているかについて、22の質問への回答をもって明らかにしている。今回は2016年から3年連続の調査で、日本全国に居住する20 歳以上89 歳以下の男女1,000人を対象としている。

 もっとも親しみを感じるアジアの国・地域を台湾、中国、韓国、それ以外の4択から選ぶ質問では、台湾:64.7%と断トツの1位。2位:韓国(17.5%)、3位:中国(4.5%)、それ以外:タイやシンガポールなど(12.6%)の順となった。台湾を選んだパーセンテージは、この3年間でもっとも高い。

・2016年 台湾(59.1%)、韓国(11.4%)、中国(3.2%)、それ以外(25.2%)・2017年 台湾(51.7%)、韓国(12.8%)、中国(3.1%)、それ以外(31.5%)・2018年 台湾(64.7%)、韓国(17.5%)、中国(4.5%)、それ以外(12.6%)

 では、日本人はどのような理由で台湾にもっとも親しみを感じているのかという問い「台湾と聞いて思いつくことは何ですか」(複数回答可)には、以下の順で回答し「日本に友好的」が75.9%と占めた。

1)日本に友好的:75.9%2)食べ物がおいしい:53.0%3)日本と歴史的なつながりがある:43.2%4)観光地が豊富:34.3%5)多くの台湾人観光客が日本を訪れている:31.4%6)経済が発展している:24.2%7)自由・民主主義の国:21.8%8)台湾製の製品は品質が良い:8.7%

 しかし、このような回答にもかかわらず、「近年、日本と台湾の地方どうしで、友好姉妹都市や姉妹鉄道、姉妹温泉などの交流協定が数多く締結され、共同で観光キャンペーンや相互PRをするなどの交流が行われていることを知っていましたか」という問いには、なんと「知らなかった」が47.7%にも上り、「知っていた」の16.7%と「聞いたことはある程度」の35.6%を合わせても52.3%で、日本人の約半数が知らないという結果で、これにはいささか驚かされた。

 それ以上に驚かされたのは「台北駐日経済文化代表処を知っているか」という問いへの回答だ。「知っている」6.8%、「聞いたことはあるが、あまり知らない」24.5%で、「知らない」が68.7%で、日本人の7割が知らないというのだ。

 日本人の台湾認識の程度が推し量れる調査結果にはいささか落胆したものの、今後「日本と台湾が特に力を入れて行うべき交流の分野は何だと思いますか」(複数回答可)をみると、観光:64.6%、経済:52.8%、政治、安全保障:41.8%、文化:39.8%、青少年交流:29.2%、地方交流:24.2%の順で、観光や経済交流はともかく「政治、安全保障」が4割を超えていることにいささか安堵感を覚えた。

 実は、この傾向は下記のようにこの3年間ほとんど変わっておらず、日本政府もほぼこの路線で力を注いできているものの、「政治、安全保障」に関しては民意が反映されているとは言い難い。特に安全保障に関しては、見るべき成果はほとんどない。日本政府はもっと民意を汲み上げてしかるべきであろう。

・2016年 観光:53.2%、経済:50.3%、政治、安全保障:39.4%、文化:37.0%、青少年交流:     25.8%、地方交流:17.8%・2017年 観光:54.8%、経済:49.9%、政治、安全保障:41.0%、文化:38.1%、青少年交流:     26.9%、地方交流:18.2%・2018年 観光:64.6%、経済:52.8%、政治、安全保障:41.8%、文化:39.8%、青少年交流:     29.2%、地方交流:24.2%

 下記に「台湾週報」の記事をご紹介したい。

————————————————————————————-日本人の台湾に対する意識調査結果 2018年【台湾週報:2018年12月28日】https://www.taiwanembassy.org/jp_ja/post/61884.html

 台北駐日経済文化代表処は日本の「一般社団法人中央調査社」に委託し、2018年11月12日〜同26日、日本人の台湾に対する意識調査を行った。その結果、半数以上の人が台湾に親しみを感じ、信頼でき、台日関係は良好であり、今後も発展していくと答えた。全体的には、今年の意識調査の結果は昨年の調査結果の傾向を引き継いでおり、日本人の多くが台湾に対し、良好な印象を持っており、現在の台日関係の発展を示すものとなった。

 調査結果によると、64.7%がアジア地域の中で最も親しみを感じるのは「台湾」と答えた。台湾に親しみを感じるかとの質問には74%が台湾に「親しみを感じる」と答え、その理由は「台湾人は親切、友好的」が79.1%で最も多く、次いで「歴史的に交流が長い」が45.8%、「東日本大震災時に支援を行ったから」が39.2%と続いた。

 台湾に対する信頼については、60.4%が台湾は「信頼できる」と答えた。その理由は、「日本に友好的だから」が67.5%で最も多く、次いで「自由・民主主義などの価値観を有している」の52.3%、「平和な国だから」の49.7%と続いた。

 現在の台湾と日本との関係をどう思うかについては、71%が「良好」と答え、59.3%が「台日関係は今後も発展する」と答えた。

 台日間で最も懸念される問題については、「漁業問題」の17.8%が最も多く、次いで「領土問題」の10.2%、「台湾海峡情勢による日本への影響」の10.1%、「経済面での競合関係」の9.3%と続いた。その一方で28.4%が「ない」と答えた。

 台湾あるいは日本で自然災害や重大な事故が発生した際の相互支援については、66%が「知っていた」あるいは「聞いたことがある程度」と答えた。また、52.3%が台日間で姉妹都市や姉妹鉄道などの交流協定を締結していることを「知っていた」あるいは「聞いたことがある程度」と答え、現在台中市が開催している「台中フローラ世界博覧会」について16.4%が「知っていた」あるいは「聞いたことがある程度」と答えた。

 台湾に行きたいかの質問には、56.6%の人が「行きたい」と答え、年齢別では30〜39歳の69.1%が「行きたい」と答え、他の年齢層と比べその割合が高かった。

 今後台日間で特に力を入れて行うべき交流については、64.6%が「観光」、52.8%が「経済・貿易」、41.8%が「政治、安全保障」と答えた。

 台日青少年交流で推進していくべきものとして、「芸術・文化」の55.2%が最も多く、「スポーツ」が46.1%だった。

 同調査は日本全国の20〜89歳を対象に実施し、サンプル数は1,000人。調査方法は、20〜79歳の人に11月12日〜同15日にインターネットで調査し、80〜89歳の人には11月23日〜同26日に電話で調査した。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*新たに「台湾の高級調味料XO醤」をご案内しています。【2018年11月14日】
 詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018xo/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , ,