【8月2日】戦後70周年記念2015年バシー海峡戦没者慰霊祭のご案内

【8月2日】戦後70周年記念 2015年バシー海峡戦没者慰霊祭のご案内

台湾の声読者各位

いよいよ平成27年8月には、「戦後70周年」の節目が訪れます。

未曾有の戦死者を出した「太平洋戦争(大東亜戦争)」が終結して、長い歳月が過ぎ去りました。

子孫を残すこともなく無念を呑み込んで亡くなっていった日本の若者は実に200万人を超えました。台湾の屏東縣にある「潮音寺」は、

昭和19年にバシー海峡で12日間も漂流し、奇跡の生還を遂げた中嶋秀次さん(2013年10月、92歳で死去)が昭和56年にその半生と

私財を擲(なげう)って、バシー海峡で戦死した戦友たちのために建立したお寺です。

中嶋氏の願いに少なからず浄財も集まりました。戦友たちの慰霊にかけた故・中嶋さんの思いと執念がいかに凄まじいものだったかは、

昨年10月に発刊されたノンフィクション作家・門田隆将氏の『慟哭の海峡』(角川書店)に記されています。

バシー海峡は、台湾とフィリピンの間に横たわる海峡です。しかし、この海峡で潜水艦による「群狼(ぐんろう)戦法」をとったアメリカは、

南方に向かう日本軍の輸送船の多くを魚雷によって沈没させ、日本軍から“魔の海峡”“輸送船の墓場”と恐れられました。

バシー海峡の戦没者は、「20万人以上」とも「およそ10万人」とも言われます。いまだ正確な数はわかっていません。

しかし、バシー海峡の台湾に近い海域で沈められた輸送船の犠牲者の遺体は、毎日のように台湾南部の海岸線に打ち上げられました。

当時、台湾人は、その日本兵の遺体を泣きながら埋葬してくれていたことが、前掲の『慟哭の海峡』には記されています。

70年前に終結した戦争で命を落とし、現在の日本の礎となった日本の兵士たち。私たち後世の人間は、そのことに感謝し、

頭を垂れ、そして戦没者たちの無念に対して、思いを馳せなければなりません。それが、戦没者たちの霊を慰める唯一の方法だと思います。

鎮魂のために、戦後70周年に際して潮音寺に集い、戦没者に感謝の誠を捧げ、永遠(とわ)なる平和を祈りたいという声が澎湃(ほうはい)

として湧き起こっています。その声に応えて、潮音寺他バシー海峡関連施設において慰霊祭を開催したいと思います。

当日、第一部の潮音寺慰霊祭では、バシー海峡戦没者『駆逐艦呉竹』吉田宗雄艦長のご子息でいらっしゃる臨済宗南禅寺派 禅林寺 吉田宗利住職

に読経頂く事になりました。また、世界の平和と犠牲者の慰霊のために世界中で音楽巡礼をつづける音楽家の西村直記さんが英霊へのシンセサイザー

による鎮魂の曲を奏でてくれることが決まっています。

また、第二部では『慟哭の海峡』の著者、ノンフィクション作家の門田隆将氏を迎え、『「慟哭の海峡」と戦没者の無念と未来』と題して特別講演もおこなってもらう予定です。

慰霊祭の詳細は、ホームページ http://bashi-channel.com 

もしくは、フェイスブックページ(戦後70周年記念バシー海峡戦没者慰霊祭)

https://www.facebook.com/pages/%E6%88%A6%E5%BE%8C70%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5-2015%E5%B9%B4%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%BC%E6%B5%B7%E5%B3%A1%E6%88%A6%E6%B2%A1%E8%80%85%E6%85%B0%E9%9C%8A%E7%A5%AD/1014837195208308

にて、ご案内しております。

「戦後70周年記念 2015年台湾バシー海峡戦没者慰霊祭」へのご参加を是非、お願い致します。

戦後70周年記念 2015年台湾バシー海峡戦没者慰霊祭実行委員会

発起人代表 小川智男(潮音寺 主管)

実行委員長 渡邊崇之(台灣威凌克股有限公司 董事長 兼 總經理)

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , ,