【3/7片倉佳史名古屋講演会】台湾在住作家が語る台湾の魅力

【3/7片倉佳史名古屋講演会】台湾在住作家が語る台湾の魅力

ここ数年、年々注目度を高めている台湾。自然、文化、歴史、グルメ、そして、日本との結びつきなど、さまざまな角度からその魅力に迫ります。
人々に守られ、今も生き続けている日本統治時代の歴史遺産や人々の暮らし、社会事情まで、在住歴18年の作家が楽しくお話しします。

【講師プロフィール】 片倉佳史(かたくら・よしふみ)

1969年生まれ。早稲田大学教育学部教育学科卒業後、出版社勤務を経て台湾と関わる。台湾に残る日本統治時代の遺構を探し、それらを記録している。地理・歴史、原住民族の風俗・文化、グルメ、鉄道などのジャンルで執筆・撮影を続け、これまでに手がけてきたガイドブックは35冊を数える。著書に『台湾に生きている日本』(祥伝社)、JTBキャンブックス『台湾 鉄道の旅』、『観光コースでない台湾』(高文研)、『旅の指さし会話帳・台湾』(情報センター出版局)、『台湾に残る日本鉄道遺産』(交通新聞社)など。また、2012年には李登輝元総統の著作『日台の「心と心の絆」〜素晴らしき日本人へ』(宝島社)を手がけた。現在はラジオ(FM釧路)で5年目を迎えるレギュラー番組を持つほか、日本および台湾での講演活動も行なっている。

ウェブサイト台湾特捜百貨店(http://katakura.net/)を主宰。

場所 名古屋の栄中日文化センター

   地下鉄東山線・名城線「栄」駅下車徒歩3分

時間 3月7日 土曜 13:00〜14:30

申し込み、問い合わせ先 0120-53-8164

受講料(税込) 2,700円

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , ,