【黄文雄】世界の伝染病の発信源・中国と、アジアの救世主・日本

【黄文雄】 世界の伝染病の発信源・中国と、アジアの救世主・日本 

黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」より転載

黄 文雄(文明史家)

 今年も日本に本格的な夏が到来しました。夏は様々な楽しいレジャーがある一方で、夏特有の伝
染病も流行します。去年、日本でも大流行したのがデング熱でした。

 今年は日本では殺人アリ(ヒアリ)のことが話題になっていますが、デング熱についてはまだ騒
がれていません。しかしデング熱はスリランカでは猛威をふるっているようです。デング熱は蚊を
媒介として感染する伝染病のため、無限大に感染します。

 そもそも、蚊は様々な病気を運ぶ感染源です。かつてはマラリアの運び屋でした。今でも日本で
は日本脳炎の予防接種をしていますが、日本脳炎も蚊を媒介とする伝染病です。

 このメルマガでも何度も述べてきましたが、SARSはもちろん、ペストやこれらの伝染病の発
信地として最も有力なのは中国です。なぜなら不衛生だからです。

 万が一、伝染病患者が出たとしても、その後の対策を講じれば拡散は最小限に抑えることもでき
ますが、中国は人々の生活が不衛生な上に、対策を講じるどころか情報隠蔽に走るのみですから、
拡散が防げるはずがありません。

 中国人は「仁義道徳」は語り尽くしても、「衛生」についてはほとんど一顧だにしてきませんで
した。伝染病は「天意」だと思ってきたからです。

 一方で、同じアジアでも日本人が古代から衛生観念が強かったのは、神道の禊祓と深い関係があ
るのではないかと私は思っています。すでに江戸時代には、来日した西洋人も日本の衛生環境を絶
賛しています。

 戦前の日本がもっとも強かった分野は、金融財政と医療衛生でした。日本軍医が来れば伝染病が
消えるという美談は、中国にも残っています。

 中国の農村は人間と家畜が一緒に暮らしており、さらにはネズミなどを食べる蛇や猛禽類は食べ
つくされてしまったため、ネズミは中国の人口の倍はいるとされています。

 中国ではB型肝炎のキャリアは7億人、5人に1人が肺結核にかかっているという話もあります。

 正史では、王朝の交代を「天命」と解釈しますが、宋も元もペストで人口の3分の2を失ったため
に王朝が滅びました。明はこれらと天然痘で消えたのです。

 しかし、台湾もかつては伝染病が蔓延していた地でした。日本統治時代以前の台湾は、衛生環境
も悪く、気候風土は伝染病が広がりやすい条件が揃っていたため、一度伝染病が流行すると多くの
死者が出るのを防ぐ手立てはありませんでした。

 そのため、当時の台湾は「瘴癘(しょうれい)の島」とも呼ばれていました。免疫の強い先住民
しか生活できない地で、日本人からも「鬼ヶ島」と言われ、いったん入れば生きて帰れない地と見
なされていました。

 私の祖先は大陸からの移民で、私はその8代目にあたりますが、「族譜」を見ると、6代目の祖父
より上の代では、30歳以上生きたのは1人のみ、たいてい20代で死亡していました。

 日清戦争後の下関条約で、全権代表の李鴻章が伊藤博文に警告したのは、台湾にはアヘンと瘴癘
という2つの脅威があるということでした。

 そんな台湾が近代文明社会へと変貌できたのは、日本統治時代があったからです。日本統治の50
年間で、寿命は倍増しました。台湾総督府による環境衛生のおかげなのです。私の祖父も、63歳ま
で生きました。

 かつて日本は、台湾を統治するにあたり、ペストや腸チフスの猛威を撃退しようと努力しまし
た。明治29年(1896)4月、台湾総督府は、「船舶検疫仮手続」を各地方行政に通達し、基隆、淡
水、安平、打狗(高雄)、鹿港などの「開港場」で検疫を開始したのです。

 続いて同年7月20日、「伝染病予防消毒心得」が公布されました。10月15日には「台湾伝染病予
防規則」が公布され、その第一条には次の八種の伝染病が指定されました。コレラ、ペスト、赤
痢、天然痘、発疹チフス、腸チフス、ジフテリア、猩紅熱です。

 明治32年8月21日には、「台湾検疫規則」を再公布し、基隆、淡水、安平、高雄の4カ所を検疫港
として改めて制定しました。総督府が、これだけ港を厳しく検査したのは、台湾はしばしば中国大
陸からコレラの襲撃を受けていたからです。

 明治28年の日本軍澎湖群島上陸当時、6194人の日本兵士のうち1945人がコレラに感染し、1247人
が死亡しました。罹患率は31%で、死亡率は64%にも達する数です。これ以後も、台湾ではしばし
ばコレラが流行しました。

 ペスト(黒死病)は、日本領台後の明治29年5月、中国のアモイから台湾の安平港に入港した船
舶から最初に検出され、すぐに台湾で大流行しました。ちょうどそんな折、後に台湾総督府医学校
の三代目校長となる堀内次雄が台湾を訪れたため、すぐにペスト検出の仕事に従事することとなっ
たのです。

 当時、台湾に派遣された医師のなかで、顕微鏡操作ができ、細菌学を勉強した唯一の貴重な人材
として堀内は周囲の期待を背負っていました。しかし、堀内を中心に検疫に力を入れようとした医
師団を阻んだのは、ほかでもない台湾人だったのです。

 当時の台湾人は、検疫に対して強い抵抗感を持っていました。医官が石灰や薬水で消毒をするこ
とは、冷水で人を害すことであり、死亡者を火葬することは葬る地のない屍を燃やすことと同じ。
また、医官が屍体を解剖するなどということは、屍を毀傷することである。このように信じていた
住民は、堀内らの疫病退治に抵抗したのです。

 そんな闘争を繰り返しているうちに、明治29〜大正6年(1917)の間で、ペストにかかった患者
は30101人、死亡者24104人にも達し、死亡率は80・08パーセントにも上りました。この22年間の長
い間、台湾ではペストが衰えることなく、人々を苦しめてきたのです。

 ペストは、多くの場合ネズミを媒介にして伝染するため、総督府はネズミ退治を急務としまし
た。当時のネズミ退治についての統計を見ると、明治41〜大正13年の17年間に捕獲されたネズミの
数は計5411万0442匹という、膨大な数でした。

 それにしても、これだけのネズミが市街や田野に繁殖していたことからも、当時の劣悪な衛生環
境が想像できるでしょう。台湾総督府の要請を受けた、東京帝大の病理学者・緒方正規教授や山極
勝三郎助教授らは、台湾のペストを調査するため明治29年末に台湾へやってきました。そして緒方
は、堀内次雄とともに、ペスト感染過程の研究に没頭したのです。

 そして、彼らの努力によってペストが下火になり、ようやく撲滅されたのは大正6年ごろでし
た。それまで、さんざんペストの恐怖にさらされていた住民たちの喜びようはいかばかりでしょうか。

 住民たちは、嬉しさのあまり「ペスト絶滅祝賀会」を開いたほどでした。また、腸チフスは台湾
では「傷寒」と呼ばれ、大正元年以降大流行しました。毎年、感染者は1000人に達し、100〜200人
もの死亡者を出しました。明治36年、堀内次雄は台湾ではじめて副腸チフスB菌の検出に成功。そ
の4年後には、黒川嘉雄が副腸チフスA菌を検出するという偉業を達成しています。

 そのほかにも、台湾人を苦しめていた伝染病はありました。台湾マラリアです。これは、木下嘉
七郎、羽島重郎、小泉舟、森下薫らの努力によって撲滅されました。

 あらゆる瘴癘がはびこる島台湾で、もっとも恐れられていたのはマラリアで、明治44年(1911)
以前の台湾における最大の死亡原因はマラリアとなっていました。統計によれば、少ないときで年
間死亡者数は数千、多いときには万を超えていました。たとえば、大正4年の台湾の人口は331万人
で、マラリアによる死亡者は13350人でした。

 言うまでもなく、これは台湾に限らず亜熱帯地方共有の風土病であり、古代ローマ帝国衰亡の一
因だともいわれているほど恐ろしい伝染病です。牡丹社事件に端を発した、明治7年の日本軍台湾
討伐の際や、明治17年の清仏戦争の際のフランス軍台湾北部上陸、明治28年の日本軍台湾出兵の際
など、台湾に足を踏み入れるあらゆる外敵を、この「台湾熱」は襲いました。

 もちろん、台湾熱が襲うのは外敵だけではありません。原住民たちもさんざん悩まされてきまし
た。原住民たちは、熱が出て悪寒が走る症状から、「寒熱病」や「悪魔病」などと称して恐れ、悪
魔のたたりだと考えていました。また、マラリアは「気」から人体に侵入したものと考える者もあ
り、「瘴気」とも呼ばれたのです。

 日本の台湾出兵当初は、日本軍もマラリアにはなす術もなく、病死者を多く出しました。台北城
内に「台北兵站病院」をつくり、病患兵士を収容しようとしましたが収まりきらず、寺院の天后宮
に「第一分室」を設けたほどでした。

 やっと、マラリアが蚊によって感染することが発見されたのは明治30年のことでした。イギリス
人駐インド軍医で、熱帯病研究者でもあったロス氏が事実を確認し、二年後にマンソンが人体実験
で実証したのです。ロスは、この発見によって、ノーベル医学賞を受賞しています。

 台湾のマラリア蚊は、全11種、変種も加えると16種にもなります。ロスがマラリア蚊を発見した
2年後、マラリア蚊の研究を進めていた木下嘉七郎は台湾で最初にマラリア蚊の存在を論文で発表
しています。

 木下は、その4年後に研究のためドイツへ渡りますが、台湾マラリアについて多大な貢献を果た
した彼も36歳の若さで亡くなっています。そのころ、羽島重郎も台北地域でマラリア蚊の研究・調
査を進めており、マラリア蚊の新種を発見し、「台湾マラリア蚊」と名付けました。

 小泉舟もまた、台湾のマラリア蚊の種類と生態について研究していた研究者です。そして、マラ
リア蚊類の隆盛期が毎年5月と10月で、衰退期が3月と8月であることを指摘。マラリアは感染した
体内に約2週間潜伏し、感染者は1、2カ月以内には死亡することを確認しました。

 小泉の助手であった森下薫(後の台北帝大医学部衛生学教授)は、台湾をあまねく走破してマラ
リア蚊の分布と脾臓腫との関係を調査しました。これら研究者の功績を受けて、昭和4年(1929)4
月、中央研究所は「マラリア治療実験所」を設立。そこで小田定文、菅原初男、並河汪、石岡兵ら
が、台湾の風土病撲滅のため、心血を注いで貢献したのでした。

 こうして日本人医師の努力によりマラリアは絶滅、さまざまな瘴癘も次第に退治され、台湾は清
潔で住みやすい島へと変わっていきました。それを示す事実として次のようなことがあります。

 戦後の台湾では、台湾人と中国人を見分ける特徴のひとつとして、顔にアバタの有無を確認する
ようになりました。なぜなら、天然痘にかかった者は、顔一面にアバタがあるからです。終戦後、
ほとんどの台湾人の顔にはアバタがなかったため、顔一面にアバタがあるのは、ほとんどが中国大
陸からやってきた者だとすぐに分かったものでした。

 マラリアや天然痘は今や撲滅されましたが、替わってデング熱や新たな感染症が登場していま
す。日本では今、海外からもたらされた毒を持つアリ「ヒアリ」も話題になっています。暑い夏、
感染症や夏特有の病気には十分注意して楽しい夏をお迎え下さい。

バックナンバー http://ritouki-aichi.com/category/vot

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,