にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【読者反響】「台湾記」について

【読者反響】「台湾記」について

      東京在住 I.A

 先日掲載された「良書紹介」台湾記の内容、今の私にはぴったりの内容で、すごく励まされ、感激しました。

 うまく言えないですが、台湾の方々の国民性を世界中の人たちが理解し、尊敬するようなときがくるといいと思いましたし、また今後その可能性もあると思います(価値観が変わるから)。

 そして、そうした方が世界がうまくいくのだと思います。

 それから、中国の国民性のことも書かれていましたが、今は中国は覇権をねらっているので、慢心しています。

 戦前の中国は、外部からの侵略で分列させられたような認識を中国の人たちは持っていて(でも本当は内部が腐っていた)、その大義名分のもと、今その恨みをはらす戦いみたいなのを続けているように思いますが、今度は内部から分裂していくのではと思います。

 そうなったとき、中国人はどのように変わり、またどのようにアジア及び世界と関わりを持っていくのかを、日本人が今から対策を考えるべきではないでしょうか

*********************************

【良書紹介】台湾記 (単行本)

廣瀬 勝 (著)

* 単行本
* 出版社: 文芸社 (2010/2/1)
* ISBN-10: 4286084884
* ISBN-13: 978-4286084886
* 発売日: 2010/2/1
価格: ¥ 1,365

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E8%A8%98-%E5%BB%A3%E7%80%AC-%E5%8B%9D/dp/4286084884/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1266829644&sr=8-1

出張で台湾へ渡った著者が、現地で触れ合った「やさしさ」と「笑顔」。ラムネ売りの少年の笑顔に喜びを覚えた著者は、勇気をもって台湾の中へと飛び込んでいった。14年にわたる度重なる出張。そこで触れ合った「やさしさ」と「笑顔」は今でも忘れられない。台湾の未来、そして日本の未来はどうなるのか。滾る想いがこの1冊に詰まっている!

以下は単行本より

「蓋し、台湾の国民性は、弱者にやさしく寛容であり、神仏(人間を超越した存在)に対する信仰が厚く、その意味で謙虚である。」

「又、戦後の中小企業の企業家に多くみられるが、物事の分析に際しては、主観に流されず、長所と短所を冷静に観察し、長所を習得し、短所を戒める柔軟性を持っている。」

「それに対する中国の国民性は、強大な自尊心が冷静な議論を阻害するケースが多い。国家が情報統制を図り、過剰なる中華思想を宣伝するせいであろうか、先入観が強く、柔軟性に欠ける。」

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: ,