【良書紹介】藤井厳喜「世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった」

【良書紹介】藤井厳喜 「世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった」

アマゾンにて注文できます

http://www.amazon.co.jp/dp/4198641188

2016年は「恐慌2.0」の年として記憶されることになるだろう。年初からの中国株暴落から原油安、さらにユーロ不安へと発展した負のサイクルは金融市場をパニックに陥れた。日銀がついにヨーロッパに追随してマイナス金利を決定した。世界中がこれからマイナス金利になっていくだろう。デフレ恐慌への転落である。世界は、リーマンショックをはるかに超える悲劇の第2幕に突入する。ユーロ圏から近代資本主義の根幹がこれから崩れていくのである。

著者について

1952年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。クレアモント大学大学院修士課程を経て、ハーバード大学政治学部大学院博士課程退学。ハーバード大学国際問題研究所・日米関係プログラム研究員、政治学部助手を経て1988年帰国。文化放送でパーソナリティー兼ニュースキャスター。また、明治大学、千葉商科大学等で、教鞭をとる。近年はYouTubeなどで、様々なメッセージの動画配信を行っている。テレビ朝日「朝まで生テレビ!」やラジオつくば「KENNY’sProject」などのテレビ・ラジオ出演も多い。1982年8月以来、発行している会員制情報誌「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」において、1990年代の日本のバブル崩壊、アメリカの株価上昇、2008年9月以来の世界金融恐慌などの予測を的中させる。近著に『紛争輸出国アメリカの大罪』(祥伝社新書)

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , ,