【林媽利博士】台湾人と中国の漢民族は異なる民族

【林媽利博士】台湾人と中国の漢民族は異なる民族

        台湾の声編集部 多田恵 翻訳

 台湾の血液学および医療人類学をリードする研究者が10月28日、「台湾人は、中国の漢民族とは人種的に異なっていて、その多数は、むしろオーストロネシア系の原住民および太平洋の島々の住民とより近い関係にあると考えるべきである」と語った。

 これは、林媽利氏が自伝『林媽利医師回憶録』(台北:前衛出版社)の出版記念会で語った言葉だ。当日は、彼女の80歳を迎えようとしていること記念して、同僚たちや友人たちが花束やバースデーケーキをプレゼントした。

 彼女は、数十年にわたる、分子技術を用いたヒトDNAおよび遺伝子マーカーの分析の研究を通じて、大部分の台湾人が、平地原住民(平埔族)および高地原住民の子孫として、混血した型を持っており、中国の2つの主要な民族集団である北方漢民族および南方漢民族が持つ遺伝的特徴とは全く異なることを確信するに至った。

 林氏は、台湾住民にかかわる、先駆的な遺伝地図作成および人種人口学的研究で国際的に知られ、150以上の論文を発表している。

 彼女によると「この国のホーロー系およびハッカ系の住民は、何世紀にもわたる通婚から、平埔族および原住民の血統を祖先に持ち、DNAと遺伝マーカーの分析は、台湾人とオーストロネシア人および太平洋の島々の人々との関係が近いという新しい解釈を反映している」。

 「ほかの主要な人口の中心から隔離された、台湾における、人種文化的発展の長い歴史により、中国の漢民族とは異なる“台湾人集団”を形成しつつあると考えることができる」。

 「平埔族および原住民の血統に由来による遺伝的な貢献により、台湾人は、概して、冒険心、外来者への開かれたホスピタリティーおよびポジティブで明るい性格という特徴を持つにいたった」という。

 「台湾の血液の母」と呼ばれる林氏は、自身が国内初の血液銀行を設立した、台北のマッケイ記念病院で、2000年以来、輸血医学と分子人類学を研究する「輸血医学研究センター」の主任を務め、2004年から国立台湾大学法医学研究所の教授を務めている。

 1938年生まれの林氏は、父が台湾人外科医で、母が日本人であり、幼年を日本(内地)で過ごし、1947年に台湾に戻った。

〔2017年10月30日付『The Taipei
Times』掲載のジェイソン・パン記者執筆記事 “Taiwanese, Han
Chinese ethnically distinct:
expert”(専門家:台湾人と中国の漢民族は異なる民族)より翻訳・加筆。〕

以下原文:

Taiwanese, Han Chinese ethnically distinct: expert

By Jason Pan (The Taipei Times. Mon, Oct 30, 2017)

Taiwanese should be considered ethnically distinct from Han Chinese,
as a majority are more closely related to Aboriginal Austronesians and
Pacific islanders, Taiwan’s leading hematologist and medical anthropology
researcher said on Saturday.

Marie Lin (林媽利) made the comment at a book launch party for her
biography, where colleagues and friends presented her with bouquets and a
birthday cake to mark her turning 80 this year.

Decades of research using molecular technology to analyze human DNA
and genetic markers had convinced her that most Taiwanese, as descendants
of lowland Pingpu Aborigines (平埔族群) and highland Aborigines have
mixed blood types, and are quite distinct from the genetic characteristics
of the two main ethnic groups in China, the northern and southern Han
Chinese.

Lin is internationally renowned for her pioneering genetic mapping
and ethno-demographic studies of Taiwan’s population, with more than 150
papers to her credit.

“The main Hoklo Taiwanese and Hakka population in this nation have
Pingpu and Aboriginal bloodlines in their ancestry from centuries of
intermarriage, and the analysis of DNA and genetic markers reflects this
new understanding of the close relationship between Taiwanese and
Austronesians and Pacific islanders,” she said.

“Through the long history of ethno-cultural evolution on Taiwan,
which was isolated from other main population centers, we can consider the
result as forming a ‘Taiwanese people group,’ which is distinct from
the Han Chinese people,” she said.

Genetic contributions from the Pingpu and Aboriginal bloodlines gave
Taiwanese the traits of adventurous ambition, open hospitality to outsiders
and a positive, sunny disposition in general, she said.

Lin has served as director of transfusion medicine and molecular
anthropology at Mackay Memorial Hospital in Taipei — where she set up the
nation’s first blood bank — since 2000, and been a professor at
National Taiwan University’s Institute of Forensic Medicine since 2004.


台湾の声

バックナンバー
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=TrlFhDwwymiKWlHAS2yhQaVvjFJ9A6XjvB9QCRS52t3RhX6i/pPiNI5qjVXnRVCv

登録/解除
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=QZfFYkaqj/+i82p5y2M6KaVvjFJ9AxXjvB9QCRS52t3RhX6i/pNyNI5qjVXnRVCv

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , ,