にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【提案】甲子園に台湾チームの出場を

【提案】甲子園に台湾チームの出場を

 全国高等学校野球大会百周年記念に台湾チームの出場を実現しよう。

            札幌市 海原 創

明後年(2018年)8月は全国高校野球の百周年記念大会が甲子園で催される。
ここで詳しく説明しなくとも映画「KANO」で広く知られているように、戦前の
台湾代表がどれほど甲子園で活躍したか記憶が甦る。
歴史のいたずらで台湾が中華民国となり台湾からの出場が途絶えているが、
来る記念大会には台湾チームの出場はぜひ再現されねばならない。もしこれが実現
しなければ甲子園大会の球史の一部に大きな空洞が生じ、取り返しのつかない
汚点を残すことになりかねない。

この観点から、筆者は過日「KANO」ゆかりの松山商業高校および
北海学園札幌高校(旧札幌商業)の校長宛に親書を送り、高野連に対し
その実現のためはたらきかけてほしいと依頼した。すでに半年を経過したが
未だ反応なしである。高野連関係者によれば、甲子園大会はあくまで日本の
高校選手権であって外国チームの参加があれば国際試合となってしまうという。
しかし台湾チームの参加についてはまだ誰からも正式な依頼や意見具申はなく、
そのような議論すら行われていないらしい。ということは、もし国内の高野連加盟
高校の多くや台湾の高校野球連盟などから強い要請がもたらされれば、今後
検討される可能性はあるということだ。また或る関係者の意見では、これを推進
するには甲子園大会に出場した往年の名選手や各界で活躍する知名人などの
声があがれば、実現に向かって大きく前進するであろうという。そのような意見から
この運動を啓蒙するために最も効果的と思われる存在が王 貞治氏である。
果たしてこの偉大なる甲子園のヒーローは行動してくれるであろうか?

以上の提案は、単なる高校生の野球大会の問題ではない。
これを実現することが現在日本と台湾の信頼関係にとってどれほど大きな
インパクトをもたらすかを考えたからである。日本が台湾を運命共同体として重視し
協力してゆくためには、折に触れこのようなキメの細かい友情の手を差し伸べながら
前進することが大切である。たとえ高校野球とて、その任は極めて重要であろう。
日台協力して2018年の大会で台湾チーム参加が甦るよう運動をしてゆこうではないか。

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , ,