にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【拡散を】大東亜会議70周年記念シリーズ−5

(大東亜会議70周年記念シリーズ−5)

汪兆銘(中華民国行政院院長)の演説

 一昨年11月6日、大東亜会議70周年を記念する大会を開催し、そのあと大会での演説などを4回にわたり、紹介してきました。
  
・スルヤ・ボース氏演説(チャンドラ・ボースインド仮政府首班親族)
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Bose.pdf

・加瀬英明氏の開会あいさつ「人種世界平等の出発点となった大東亜会議」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater.pdf

・ヘンリー・ストークス氏「日本はアジアの希望の光だった」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Japan.pdf

・渡部昇一教授 私の記憶する大東亜会議、その意義
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greaterw.pdf

 これに引き継ぎ、大東亜会議に参加した7カ国のアジアの独立国の代表の実際に行った演説を順次紹介していきます。7人は、日本の東條首相、中国の汪兆銘行政院院長、満州国の張景恵首相、タイ国のワン・ワイ・タヤンコン総理大臣代理、フィリピンのホセ・ローレル大統領、ビルマのバー・モウ首相、インドのチャンドラ・ボース仮政府首班の各氏です。

 まず、中国の汪兆銘行政院院長の演説です。中国語で行われた演説を日本語に訳したものです。 http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WangChing.pdf

この中で、「大東亜戦争勃発するに至り、米英は・・益々重慶を利用して日本を牽制する方途を強化せることは、すでに世人の知る事実でありますが、我々は敢えて米英のかかる計画が間もなく失敗に帰すべきことを断定する次第であります。何故ならば、重慶側の将士及び民衆は悉く国父孫先生の遺教に帰依しているのでありまして、本年1月9日以来、日本は中国に対し早くも租界を還付し、治外法権を撤廃し、最近に至り日華条約を以って日華基本条約に代え、同時に各種付属文書を一切破棄せられたのであります。」

 日本が中国を侵略していたなどという俗説を、孫文の後継者汪兆銘の演説は木っ端微塵に粉砕していることがお分かりいただけるでしょう。
英訳版は、下記の通り発信しました。

              「史実を世界に発信する会」茂木弘道

70th Conference Series 5)
Address of Wang Ching-wei,
President of the Executive Yuan of the Republic of China
Given at Greater East Asian Conference held on November 5th, 1943
On the sixth of November, 2013 we held a conference in memory of the 70th Anniversary of Greater East Asia Conference, which was held on the fifth and sixth of November, 1943. We have since then mentioned in our Newsletter the following speeches given at the conference:
Mr. Surya Bose (grandson of the brother of Netaji Subhas Chandra Bose)
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S4.pdf
Mr. Kase Hideaki: The Greater East Asia Conference Paved the Way to Universal Human Equality http://www.sdh-fact.com/CL02_1/104_S4.pdf
Mr. Henry Stokes: Japan was the Light of Hope in Asia
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/105_S4.pdf
Mr. Watanabe (Professor Emeritus at Sophia University): Greater East Asian
Conference which I remember http://www.sdh-fact.com/CL02_1/129_S4.pdf
In addition, I would like to introduce the actual addresses given by the seven representatives of the independent countries from East Asian region, one by one.
They are Prime Minister Tojo Hideki from Japan, President Wang Ching-wei from China, Prime Minister Chang Ching-hui from Manchuquo, Prince Wan Wai Thayakon from Thailand, President Jose P. Laurel from Philippines, Prime Minister Ba Maw from Burma and President Subhas Chandra Bose from the Provisional Government of India.
The first presented is by Wang Ching-wei, President of the Republic of China. This was originally addressed in Chinese and translated into English. If one reads this address, it will be understood that Japan actually tried to help China in numerous areas, which conflicts with the generally held notion that Japan unilaterally invaded China and brutally harassed the Chinese people.

Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL/Wang-Ching-wei-address.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366
Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , ,