にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【国連人種差別撤廃委員会96セッション第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート】その7―6、反日の事例:日本政府の外交失策がもたらした被害

【国連人種差別撤廃委員会96セッション第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート】その7―6、反日の事例:日本政府の外交失策がもたらした被害

人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの6番目は「6、反日の事例:日本政府の外交失策がもたらした被害」です。

6、反日の事例:日本政府の外交失策がもたらした被害(日本文):

    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-7.pdf

〃   (英文):

    http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-7.pdf

 本レポートは、カナダ在住の日系人、日本人のグループのNGO「トロント正論の会」が、NGO日本連合の一員として提出したものです。

 日本政府が、「南京虐殺」などの悪意を持った政治プロパガンダにたいして、日系人・日本人を守るために必要な情報提供を怠ってきたことを委員会に訴えるという、ある意味ユニークなNGOレポートです。

 「南京虐殺」などが政治的なプロパガンダである、という現実を認めず、その対応を歴史家にゆだねてきたのは政府としての義務を怠っているということを強調している。

 歴史捏造キャンペーンがカナダの政府機関、メディア、学校などの社会のあらゆる階層に浸透していること、この結果日系人、日本人が社会的な不利益と不名誉を受けている現実を説明し、日本政府が日系人、日本人を守るための行動を起こすことを具体的に提起しています。

平成30年8月17日 「史実を世界に発信する会」
茂木弘道

NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination

NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan

Series No. 7: 6. The Case against Japan: Casualties of Japan’s Foreign
Policy Disaster

Submitted by the Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The sixth report of the Japan NGO Coalition is “6. Case against Japan:
Casualties of Japan’s Foreign Policy Disaster.”

This report was prepared by a grassroots Japanese-Canadian group,
“Toronto Seiron”, as a part of the Japan NGO Coalition, which urges
that the Committee recommend that the Japanese Government take necessary
actions to protect Japanese-Canadians and Japanese residents in Canada from
a vicious propaganda attacks, specifically a disinformation campaign
related to the “Nanjing Massacre”.

The Government of Japan has consistently refused to recognize the fact
that this propaganda campaign is by definition political. Rather than
responding in kind, the Government has deferred the matter to historians,
whose task is primarily scholarly – research, study, analysis and
publication of their findings – not dissemination of their findings to
the lay public or communication with foreign agencies.

The Government of Japan has consistently failed in its duty to protect
its own nationals living in Canada, who are exposed to a campaign of
vicious and relentless false history. Disinformation has deeply penetrated
every level of Canadian society–government institutions, media, schools
and so on.

The report asks the Committee to make recommendations to the Japanese
Government to take necessary actions to protect Japanese-Canadians and
Japanese nationals living in Canada from vicious propaganda campaigns like
those related to the “Nanjing Massacre”.

6. Case against Japan: Casualties of Japan’s Foreign Policy Disaster

URL:
http://www.sdh-fact.com/essay-article/1224/

PDF:
http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-7.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL
http://www.sdh-fact.com/

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese
custom.


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , ,