にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【中国ガン・英訳と中文訳】その2―第1章 中国という名のガン細胞

中国ガン・英訳と中文訳】その2―第1章 中国という名のガン細胞

中国ガン―台湾人医師の処方箋(並木書房)

林建良

その2―第1章 中国という名のガン細胞

 ガンとは細胞が持つ「アポトーシス」すなわち「細胞の自殺」という機能を欠いた細胞の増殖のことです。普通の細胞と大きく異なり、非常に利己的で自己中心的で、無限増殖していきます。

 今の中国を見ているとガン細胞そっくりであり、そのどの特徴も中国そのものである、と著者は言います。

 中国の国内の状況はガン細胞のモザイク現象そのものだといいます。貧富の格差、犯罪増加、環境汚染といった共食い現象がそれです。それに加えて、「転移」もあり、毎年、数百万人規模の中国人が世界に散らばり、各地で秩序を崩壊させています。

 問題は、日本人はじめ世界の人々にこの認識があるかどうかだと著者は言います。

 たとえば「チャイナ・ウオッチャー」という医者が10人いるとすれば、9人はこの中国という名のガン細胞を見ても「大丈夫だ」と診断する。つまり「これは育ち盛りの少年だから、どんどん栄養(資本と技術)を与えればいい」「今は暴れん坊だけれど、まだ心と体のバランスが取れていないだけ。いずれ知的成長を伴って、いい大人になるだろう」だどといっている。

 ところが最近「これはガンではないか。この行動は異常だ。いくら待っても正常にならない」と考える医者も出てきた。と著者はいっていますが、すでにかなり、ほとんどの医者が、という状況になりつつあるようです。

 宮埼正弘さんのメルマガ(7月28日号)が伝えています。

  「そして誰もいなくなった」(ワシントンから中国擁護派が消えた)。中国専門家の嘆き。「ホワイトハウスの電話のベルが鳴らない(相談がない)」「パンダハガー(中国びいき)の多くもスタンスを変えた」という状況になってきている。

 今こそ中国の本質認識を深め、正しい対中対応策を考え、実行していくべき

時です。

  日本語原文:
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/cancer2.pdf

英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Series-No.2-Lin-chapter-1.pdf

中文訳: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.2C.pdf

平成30年7月31日 「史実を世界に発信する会」
茂木弘道

THE CANCER THAT IS CHINA

A Taiwanese Physician’s Prescription

(Namiki Shobo)

Lin Jianliang

Series No.2 CHAPTER 1: THE CANCER THAT IS CHINA

Cancers are made up of cells which lack the mechanism to terminate its
own functioning. The main difference between cancer cells and normal cells
is that cancer cells are extremely selfish and “egocentric”. They also
have a tendency to proliferate indefinitely. The more malignant they are,
the more likely they are to exhibit mosaicism, or the lack of uniformity.
Cancer cells’ selfish desires turn them into cannibals. The strong create
havoc by devouring the weak.

Present-day China bears an eerily close resemblance to cancer cells.
Egocentrism and selfishness are the same spirits we find in China, where
the watchword is, “What’s mine is mine, what’s yours is mine.” The
mosaicism within China is exactly the same as that of cancer cells. There
is also the phenomenon of cannibalism: the wide gap between the rich and
poor, increased in crime, and environmental pollution.

But the important question here is how many of the world’s people,
including the Japanese, are aware of this situation?

What if those who call themselves “China watchers” were physicians?
Nine out of 10 of them would tell us that the patient (China) is just fine.
One doctor may say, “This patient is a growing boy. Just give him
nutritious food (capital and technology) and he’ll be fine.” Another
may declare, “He’s a little wild now because his mind and body
haven’t not matured. Give him time.” Both are saying that as
intellectual growth progresses, the patient will become an upstanding
adult.

But recently, some doctors have come forward and said, “This might be
cancer. The patient is behaving strangely. We’ve given him time, but he
still hasn’t come around.” Such doctors have increased in number, but
even as they examine the patient, they adopt a wait-and-see attitude. Even
though the cancer cells have begun to spread, not one physician has
discovered a treatment.

  HTML:
http://www.sdh-fact.com/book-article/1202/

PDF:
http://www.sdh-fact.com/CL/Series-No.2-Lin-chapter-1.pdf

Chinese version(中文)

HTML:
http://www.sdh-fact.com/book-article/1205/

PDF:
http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.2C.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL
http://www.sdh-fact.com/

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese
custom.


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , ,