にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【メルマガ日台共栄:第2162号】 呆れた!「林志昇集団」河村常夫が虚偽の宣伝  多田 恵(台湾の声編集部)

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年 6月22日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2162]
1>> 呆れた!「林志昇集団」河村常夫が虚偽の宣伝  多田 恵(台湾の声編集部)
2>> 林志昇の嘘を検証する  アンディ・チャン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*下記にご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」DVDお申し込み *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3
*6月25日に発送開始予定!

● 李登輝元総統新刊『李登輝より日本へ 贈る言葉』お申し込み *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 石川公弘氏と橋本理吉氏を講師に「第19回台湾セミナー」(6月28日)お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
*お申し込み者様とお送り先が異なる場合でも5件分だけお送りできます!

◆【戸籍署名(第11期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
*第11期署名:2014年4月1日〜7月31日
*署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 呆れた!「林志昇集団」河村常夫が虚偽の宣伝  多田 恵(台湾の声編集部)

林志昇なる人物が率いているという「台湾民政府」が「米国は今でも台湾に占領権がある」「台
湾は天皇陛下の神聖不可分の領土」などという主張について、日本人からも台湾人からも異論が出
て論駁されている。

台湾民政府がアメリカ政府を相手に起こした訴訟では、一審も二審も請求が却下され、最高裁で
も却下されたという。

それにもかかわらず、台湾民政府は「それを勝訴したかのように伝え……事実とはまったく逆の
説明をして、疑惑のもみ消しに努めた」と、日本人の多田恵氏は指摘する。

米国在住の台湾人アンディ・チャン氏もまた、サンフランシスコ平和条約(SFPT)の適切な条文
解釈から「林志昇の得意とする事実の歪曲」や「無いものをあると宣伝するのは林志昇の欺瞞」と
指摘し、裁判についても、米国高裁のブラウン裁判官の判決文を示して「判決文を読めば事実では
ないとわかる」と指摘している。

このような「恥も外聞もなく、嘘を言ってのけ」る台湾民政府が靖国神社に参拝したり、天皇誕
生日の一般参賀に訪れることをもって、彼らの主張に賛同したり、宣伝拡散に努める日本人がい
る。

一方、「こんなバカなことを信じる台湾人」もいるとして、アンディ・チャン氏は「天皇に忠誠
を誓っても日本国籍を取れるはずがない。詐欺集団と呼ばれるはずだ」と剔抉する。

台湾民政府やその一派は、天皇、靖国、尖閣、慰安婦などの問題で日本の保守派の耳に心地よい
「甘言」をささやく。しかし、このように異論が出ている林志昇氏や台湾民政府の言い分は、眉に
唾して聞くに限る。

下記に、多田氏とアンディ・チャン氏による駁論をご紹介したい。

—————————————————————————————–
告発 呆れた!「林志昇集団」河村常夫が虚偽の宣伝
台湾の声編集部  多田恵
【メルマガ「台湾の声」:2014年6月17日】

昨年12月22日、東京の住友商事竹橋ビル10階で「台湾民政府講演会」が行われた。小名木善行氏
や、門脇朝秀氏および「台湾民政府 河村常夫代表」が参加した。なお、チラシに名前が出ている
「桜井よしこ」氏は、実際には出席しなかったという。

その会で質疑応答が行われ、河村常夫(台湾人)が「台湾民政府への疑惑に答える」として、発
言を行った。長々と話しているのでいちいち検討はしないが、河村は重大な虚偽を述べている。

それは次の部分である:

「〔動画の3分50秒のところから〕(林志昇は)アメリカ政府をアメリカ連邦裁判所に告訴する。
アメリカは国務省を立てました。争った結果、〔5分5秒のところまでは「本土台湾人」の説明なの
で省略〕告訴した結果、国務省が第一審のところで負けました。それで連邦高等裁判所に上訴しま
す。……また、台湾人が勝ちました。それで国務省が最高裁に上訴する権利を放棄します。そこで
判決が決まったわけです。」

実際には、一審、二審で請求が棄却され、最高裁でも請求が却下された。それを勝訴したかのよ
うに伝えている。つまり、「疑惑に答え」ていたはずの河村常夫は、事実とはまったく逆の説明を
して、疑惑のもみ消しに努めたのである。ここまで恥も外聞もなく、嘘を言ってのけられるとは、
実に見事である。

問題の動画:2013-12-22_台灣民政府 日本天皇祝寿団29
http://youtu.be/8971RxY_r7U?t=3m50s

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 林志昇の嘘を検証する  アンディ・チャン

【AC論説 No.501 林志昇の嘘を検証する:2014年6月21日】

16日の「台湾の声」に「【告発】呆れた!林志昇集団河村常夫が虚偽の宣伝」が掲載された。日
本だけでなくこの一ヶ月あまりは林志昇の嘘の宣伝が毎日のように入ってくる。台湾でなく日本に
も被害が及ぶなら徹底検証すべきだ。

林志昇の活動は以下のように要約される:

1.2006年米国地方裁判所に米国政府を告訴したが却下された。
2.2009年米国高等裁判所に上訴したが地方裁所の判決を支持。
3.最高裁に上訴したが却下された。
4.国際法に依れば台湾は天皇陛下の神聖不可分の領土と主張。
5.台湾民政府を組織したが2013年に分裂。
6.分裂した仲間が台湾民政府とは別に米国台湾政府を創った。

●林志昇の訴訟と主張

2006年10月、林志昇は米国地方裁判所に米政府を告訴した。

(A)日本はサンフランシスコ平和条約第2条bで台湾澎湖の主権を放棄したが、台湾澎湖はSFPTが
発効するまで日本領土だった。

(B)米国は戦後処理の「主要占領国」で台湾にも占領権がある。

(C)SFPT発効後も占領権は持続している、

(D)米国は台湾人に米国パスポートを発行すべき。

この争点は二つある:

米国は戦後処理の主要占領国で、今も占領権を持つと言う主張は明らかに間違いである。SFPT第
1条で「日本と連合国の戦争状態は第23条の決めるところにより終了し、日本国民の完全な主権を
承認する」と書いている。占領状態が継続して居る事実はない。

米国は主要占領国だから台湾に対しても占領権があると言う主張。

米軍(GHQ)は台湾に顧問団(Military Assistance Advisory Group:MAAG)を派遣したが占領
軍ではなかった。MAAGは平和条約締結後に解散した。占領権があったと主張しても米国領、領民で
もない。パスポート要求は根拠がない。二つとも嘘である。

●米国は「主要占領権を持続保有」と言うウソ

林志昇は米国が「主要占領国」だったことをSFPTの第4条b、第23条で証明していると主張する
が、これが林志昇の得意とする事実の歪曲である。SFPTで主要占領国(Principal Occupying
Power)と言う名詞が使われたのは第23条a「条約の批准」の一箇所だけである。

第23条は、「この条約は、日本国を含めて、これに署名する国によって批准されなければならな
い(以下略)」とある。つまり署名した国々が平和条約を批准しなければ効力を発しないと言うこ
とだ。

米国が45年から52年まで戦後処理の「主要占領国」であったとしても、今でも「占領権」を保持
している証拠ではない。林志昇は第23条で占領権が持続していると宣伝しているがSFPT第23条「条
約の発効」にその事実が見当たらない。勝手な解釈と憶測だ。

第4条b「財産の処理」で(b)日本国は第2条(領土の処分)及び第3条(沖縄の信託統治)に掲
げる地域のいずれかにある合衆国軍政府(United States Military Government)により、または
その指令によって行われた(註:過去形)日本国及びその国民の財産の処理(註:財産であって領
土ではない)の効力を承認する。第4条は財産の処理で、領土の処分は第2条で決められたものであ
る。

つまり、日本国は戦後45年から52年までの間に連合軍が日本国内及び第2、第3条にある地域で
「処分した(過去形)」財産の効力を認めたが、1952年以降も米占領軍(米国と書いていない)が
財産処分権を保有しているのではない。無いものをあると宣伝するのは林志昇の欺瞞である。たい
ていの人は条約を詳しく研究しないから、林志昇が条文を「少し改造」しても騙されてしまう。

また、林志昇は第4条bを取り上げて米国が台湾の財産処理権を持つと言うが事実とは違う。第4
条aでは「第2条に掲げる地域にある連合国またはその国民の財産は、まだ返還されていない限り、
施政を行っている当局が現状で返還しなければならない」と明記してある。つまり、台湾・澎湖の
財産は「施政当局」中華民国政府が返還すべきで、米国軍政府は財産処分に関与していない。不利
な第2条aを書かず第2条bだけで「米国の占領権」を主張するのは詐欺手段だ。

●高裁判決文を悪用

林志昇は米国高裁のブラウン裁判官の判決文で、「台湾は国ではない。台湾人は国籍がない。台
湾の住民は政治煉獄の中で暮らしている」と書いた(つまり判決した)、だから訴訟が却下されて
も勝ったのだ」と主張している。

この主張が今でも林志昇グループの主張焦点で、彼らは「ブラウン裁判官は台湾人は今でも政治
煉獄で暮らしている」と判決したと言う。判決文を読めば事実ではないとわかる。

ブラウン裁判官は判決の序文で「台湾人……云々」と書き、原告のこの主張が訴訟の要点である
ことを紹介したに過ぎない。判決文を読めばブラン裁判官が「台湾人……云々」を認めた判決をし
た箇所はない。

裁判官が台湾人の主張を認めたから、訴訟が却下されても勝ったと主張するのは嘘である。

判決文の最後に「原告側は、台湾人がフィリッピン人と同じく米国に永久忠誠を誓ったから米国
国民と同等の権利を有すると主張するのは不当である」と判決した。つまり米国の判決の後、林志
昇グループが「天皇陛下に忠誠を示す天皇誕生日祝賀団」を作っても、日本国籍を取得する権利は
ないのである。

●台湾は天皇陛下の神聖不可分の領土

米国の訴訟が不発に終わったあと、林志昇は「国際法に依れば戦争で領土の処分は出来ない。明
治憲法に依れば台湾は天皇の神聖不可分の領土である。日本政府がSFPTで台湾の主権を放棄しても
天皇の権利は存在する」と主張しだした。米国のパスポートが取れなかったから、国際法を振りか
ざして天皇の領土権を主張している。

では、林志昇はアメリカ人なのか、日本人なのか。この矛盾を説明するため林志昇は台湾は『日
属米占』、つまり日本天皇の領土を米国が占領していると言うのだ。こんなバカなことを信じる台
湾人が居て、林志昇は三年連続して12月の天皇誕生日に100人あまりの『天皇祝寿団』を組織して
宮城でバンザイを叫んでいる。天皇に忠誠を誓っても日本国籍を取れるはずがない。詐欺集団と呼
ばれるはずだ。

●国際法と明治憲法の乱用

米国の訴訟が失敗したので、国際法、明治憲法、天皇の神聖不可分の領土などと言い出したの
だ。米国でパスポートを要請したことは隠して、今では「米国が承認した」と称する台湾民政府の
身分証を発行している。

「国際法に依ればSFPTの領土処分は違法」なら国際法廷に提訴すべきである。「台湾は天皇の神
聖不可分領土」なら日本の法廷に提訴すべきである。法を論じながら法的手段を取らず、勝手な言
論を弄して台湾人や日本人を騙すのは「詐欺行為」である。

林志昇は米国が台湾に大使館を建設し、海兵隊が駐屯することになったのは米国が台湾の占領国
である証拠で、海兵隊の駐屯林志昇の台湾民政府を支持する証拠だと宣伝し、騙されて信じる人が
居る。AITに尋ねればわかる簡単な嘘である。

また、米国に於ける林志昇の訴訟は却下されたが、台湾の帰属は未決だから米国は台湾民政府の
成立を支持していると宣伝しているが、事実ではない。米国は戦後一貫して台湾の占領権が有ると
発表した事はない。証拠もないことをあるように宣伝しても台湾独立に役立つことはない。平和条
約や裁判の判決文を勝手に解釈しても、台湾人を迷わせるだけである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

※現在、パイナップルケーキは在庫切れです。7月上旬に入荷予定です。

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
*同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
*同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
*同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *new
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)*new
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

—————————————————————————————–
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,