にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【コミック版】映画『KANO』公開まで待ちきれない方に

【コミック版】映画『KANO』公開まで待ちきれない方に 

杉本 拓朗(日本李登輝友の会青年部長)

日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載

 遂に来年1月24日に映画『KANO』が日本でも公開される。『KANO』とは、1931年に台湾代表とし
て嘉義農林学校こと「KANO」が甲子園に初出場し、準優勝した奇跡の実話を映画化した物語であ
る。原作・プロデューサーは『海角七號』『セデック・バレ』の監督である魏徳聖氏で、監督は
セデック・バレ』に出演したウミン・ボヤ(馬志翔)氏である。

 今年2月に台湾で公開された時には大ヒットし、つい先月までアンコール上映が行われていたほ
どである。台湾では映画公開後にいち早くコミック化されたが、日本では公開前に登場した。

 このコミック版の『KANO』は冒頭のシーンなど映画とはいくつか違う点も見られるが、映画をほ
ぼ忠実に作画している。さらに映画ではカットされてしまった場面が描かれているなど、映画より
も詳細に描かれているのが特徴の一つだ。これにより流れや心象風景もわかりやすくなっている。
そして、その絵柄も台湾では日本の漫画やアニメが氾濫しているだけあって、日本の漫画と同じな
ので日本人にも非常に読みやすい作風となっている。

 また、コミック版には魏プロデューサーとウミン監督のインタビューだけではなく、台湾野球の
原点とその歴史、近藤監督や部員一人ひとりの人物史や逸話が掲載されている。さらに、時代背景
もきちんと解説されているから、より深く『KANO』を知りたい人も、台湾を知りたい人にも満足で
きるものとなっている。

 特に魏プロデューサーがなぜ『海角七號』『セデック・バレ』と日本時代の作品ばかりを撮るの
か答え、ウミン監督が日本時代への考え方を述べているが、ここから台湾人の心情が見えてくるの
で必見だ。

 映画公開まで待ちきれない方も、すでに映画をご覧になった方も、そして日本公開で映画を見て
からもぜひお読みいただきたい一冊である。映画を見た後に読み返しても、映画を追体験でき、知
識も深くなるので映画『KANO』をより深く楽しむことができるだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 台湾で大好評だった映画『KANO』が来年1月24日、日本でも公開される。それに先立ち、コミック版『KANO 1931海の向こうの甲子園』が発売された。下記に本書の内容をご紹介したい。

・書 名:『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・翻 訳:宇野幸一・阪本佳代
・執 筆:魏徳聖、陳嘉蔚、陳小雅
・版 元:翔泳社 http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798138442
・発売日:2014年12月15日
・定 価:1,499円(税込み)

 なお、このコミック版『KANO 1931海の向こうの甲子園』は、12月23日に開催する本会主催の「日台共栄の夕べ」において取り扱い、また映画「KANO」の前売チケットもご案内の予定です。

——————

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , ,