タグ: 留学

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(19)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1926回】                       一九・七・仲七 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(19) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年) 「弱き民を憐れ

タグ: , , , , , , , , ,

「李登輝秘録」第4部 蒋経国学校の卒業生(1)「『野党を作らせよ』密命下った」

産経新聞の大型連載「李登輝秘録」(執筆:河崎眞澄・論説委員)の第4部「蒋経国学校の卒業生」が昨日から始まった。  その第1回は「『野党を作らせよ』密命下った」。なんと民進党(民主進歩党)の1986年の創設は「蒋経国の指示

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

7月20日(土)、呉正男氏にソ連抑留体験などをお話しいただく「第47回台湾セミナー」

中学受験を2回失敗し、日本の敗戦でソ連に抑留され、5年遅れて高校に復学するなど、けっして平坦ではない青春時代を送った台湾ご出身の呉正男氏は「その全てが幸運に恵まれた結果をもたらした。特にソ連抑留は最大の幸運で、終戦直後は

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

李登輝元総統の側近から見た「香港」と「台湾」  早川 友久(李登輝元総統秘書)

【WEDGE infinity:2019年7月13日】http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16785  台湾のニュースでは対極的な二つの光景が流されていた。  ひとつは香港での「反送中デ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

7月20日、呉正男氏を講師に「第47回台湾セミナー」を開催

中学受験を2回失敗し、日本の敗戦でソ連に抑留され、5年遅れの復学など、けっして平坦ではない青春時代を送った台湾ご出身の呉正男氏は「その全てが幸運に恵まれた結果をもたらした。特にソ連抑留は最大の幸運で、終戦直後は日本にいな

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(13)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1919回】                       一九・七・初三 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(13) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)  張謇(185

タグ: , , , , , , , , ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(12)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1917回】                       一九・六・念九 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(12) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年) 鶴見が次に訪ね

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

李登輝はなぜ、娘たちに日本語を学ばせなかったのか  早川 友久(李登輝元総統秘書)

【WEDGE infinity:2019年6月20日】 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16549写真:台北市長時代の家族写真。左から李憲文さん、長女の李安娜さん、李登輝さん、奥様の

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(9)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1915回】                       一九・六・念五 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(9) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)  日本人と中国人

タグ: , , , , , , , , , ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(6)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1912回】                       一九・六・仲九 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(6) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)  蔡元培がルソー

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,
Top