タグ: 新聞

日台の厳しい出版事情を相互交流で乗り切れ  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」第252号:2018年9 月12日】http://www.mag2.com/m/0001617134.html *読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付した

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(15)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1790回】                       一八・九・仲七 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(15) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)  「如何に名殘惜しきも、十二月六日午前十

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , ,

司馬先生が紡ぐ台湾とのご縁  佐藤 典子(本会理事・のりこ皮ふ科院長)

【機関誌『日台共栄』9月号「台湾と私(42)」:2018年9月1日】  多くの司馬遼太郎先生ファンがそうであるように、私も「街道をゆく」シリーズが大好きです。司馬先生がご覧になったであろう風景を思い描いて、頭の中で先生の

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(13)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1788回】                       一八・九・仲三 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(13) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)  「支那人に受けの惡しきこと勿論」だとい

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , ,

経産省出身者でつくる「蓬莱会」が高雄市政府を初訪問

周知のように、1972年9月に中華民国(台湾)と国交を断絶した日本は、台湾を「非政府間の実務関係」として位置づけている。この実務レベルでの交流関係を維持するため、同年12月、公益財団法人日本台湾交流協会は外務省・通商産業

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(8)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1783回】                       一八・九・初三 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(8) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) 次が馮国璋である。「質素なる一小室」に入る

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , ,

中国は台湾の世論を理解して政策を練り直せ  宮崎日日新聞「社説」

どこにも炯眼の士はいる。本日の「宮崎日日新聞」の社説を読んでの感想だ。社説は、蔡英文政権がはじまってからの中国による台湾への圧力の事例の数々を挙げ、このような「中国の露骨な手法は台湾の人々の中国離れを加速させるだろう」と

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(7)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1782回】                       一八・九・初一 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(7) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) 次が馮国璋である。「質素なる一小室」に入る

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , ,

【屋山太郎の時事を読む】今こそ日本版『台湾関係法』を作る時―“一帯一路”覇権政策の本質を見極めよ―

【屋山太郎の時事を読む】今こそ日本版『台湾関係法』を作る時―“一帯一路”覇権政策の本質を見極めよ― 今こそ日本版『台湾関係法』を作る時―“一帯一路”覇権政策の本質を見極めよ― 屋山太郎(日本戦略研究フォーラム会長、政治評

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

今こそ日本版『台湾関係法』を作る時  屋山 太郎(政治評論家)

辛口の政治評論で定評があり、『官僚亡国論』や『なぜ中韓になめられるのか』などの著書をものしている政治評論家の屋山太郎(ややま・たろう)氏が、このほど「台湾の親日度・日本の親台度は極めて高い。日本は台湾の役に立つ『台湾関係

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , ,