タグ: 新竹

劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』のご案内

大東亜戦争末期、労働力不足を補うため、平均年齢14、15歳の8400人余の台湾少年工たちが海軍軍属として日本へ渡り、「雷電」や「零戦」などの生産に従事した。  著者の劉嘉雨氏は、台中県・土牛小学校の同級生とともに中学校進

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , ,

劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』のご案内

大東亜戦争末期、労働力不足を補うため、平均年齢14、15歳の8400人余の台湾少年工たちが海軍軍属として日本へ渡り、「雷電」や「零戦」などの生産に従事した。  著者の劉嘉雨氏は、台中県・土牛小学校の同級生とともに中学校進

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , ,

国際貿易港を造った川上浩二郎と松本虎太  古川 勝三(台湾研究家)

古川勝三(ふるかわ・かつみ)氏は、昨年11月から「nippon.comコラム」において「台湾を変えた日本人シリーズ」を連載している。第1回目に、「蓬莱米の父」として今でも台湾で尊敬されている磯永吉(いそ・えいきち)を取り

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

金子展也氏が『台湾に渡った日本の神々』を出版

台湾の神社について調べている金子展也(かねこ・のぶや)氏がこのほど『台湾に渡った日本の神々』を月刊「丸」を発行している潮書房光人社から4月14日に出版する。それにさきがけ、4月7日、都内・御徒町の台湾客家料理「新竹」で出

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

【台湾文化考察】タイヤル族の伝統精神ガガと村長選挙の弊害について

「台湾の声」【台湾文化考察】タイヤル族の伝統精神ガガと村長選挙の弊害について 台湾の声編集部 T.B  台湾には政府が認定した16の原住民族がおり、その総数は約55万人である。それぞれ独自の言語、文化を有し、民族にとって

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

本日から台湾文化センターで「台湾の高村光太郎」といわれる台湾人画家の何徳来回顧展

台湾文化センター:【展示】没後33年 在日台湾人画家 何徳来の愛と死 https://jp.taiwan.culture.tw/information_34_79899.html  何徳来画伯は、1904年に台湾の新竹州

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , ,

日本統治時代の台湾の警察官・憲兵・軍人  傳田 晴久

【台湾通信(第125回)「廣枝警部慰霊祭雑感(2)」:2018年2月2日】 *本誌掲載に当たり、原題「廣枝警部慰霊祭雑感(2)」を「日本統治時代の台湾の警察官・憲 兵・軍人」に改めたことをお断りします。また、読みやすさを

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【傳田晴久の臺灣通信】廣枝警部慰霊祭雑感(2)

【傳田晴久の臺灣通信】廣枝警部慰霊祭雑感(2) 1. はじめに 台湾通信No.122において、昨年(2017年)9月23日(土)に参加した廣枝音右衛門氏並びに劉維添氏の慰霊祭ツアー参加の雑感を報告させていただきましたが、

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【修学旅行】スーパーサイエンスハイスクール(SSH)による日台高校生交流

【修学旅行】スーパーサイエンスハイスクール(SSH)による日台高校生交流 台湾の声編集部 加藤秀彦  全国修学旅行研究協会の調査によると、2016年度の海外修学旅行の行き先は台湾が1位になりました。人数にして43,993

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2月15日から「台湾の高村光太郎」といわれる在日台湾人画家、何徳来の回顧展

台湾文化センター:【展示】没後33年 在日台湾人画家 何徳来の愛と死 https://jp.taiwan.culture.tw/information_34_79899.html  何徳来画伯は、1904年に台湾の新竹州

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , ,