タグ: 教育部

【傳田晴久の台湾通信】「陳樹菊さんのおはなし」

【傳田晴久の台湾通信】「陳樹菊さんのおはなし」                    傳田晴久 1. はじめに 先月初め(4月6日)の「自由時報」紙に「善心菜販陳樹菊退休養病」(親切な野菜売りの陳樹菊さん、退職し、療養生

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

台日の高校生、2017年に約4万6,600人が国際教育旅行で相互訪問

台湾の教育処(文部科学省に相当)の統計によれば、台湾の2017年度の高校生総数は74万5,460人(男子:40万490人、女子:34万4,970人)、高校数は511校(国立:142校、直轄私立:123校、県私立:33校、

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

日台交流新時代の予感―この絆を太く、大切に  古市 一雄(本会千葉県支部幹事)

昨年12月23日に開催した本会の「日台共栄の夕べ」は、全国各地から約140名が集い、1年を締めくくるにふさわしい一夜となりました。  ゲストとして、謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表をはじめ、柿澤未知・日本台湾交流協会総

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

台湾語抜きの台湾理解?-「中華民国的視点」に囚われていないか

台湾語抜きの台湾理解?-「中華民国的視点」に囚われていないか 台湾の声編集部 多田恵 2018年1月6日  2017年5月26日、台湾の立法院では「原住民族言語発展法」を可決して原住民族語を「国家言語」とし、12月29日

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【中国の今】チベット、ウイグルでの思想統制を強化

【中国の今】チベット、ウイグルでの思想統制を強化           台湾の声編集部  中国教育部、国家発展改革委員会、財政部、人力資源社会保障部が12月25日、合同で「チベット・新疆支援教師一万人派遣計画実施プログラム

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , ,

九州大学で野嶋剛氏、羅祥安氏、一青妙氏による「台湾事情」公開講座 【参加費無料】

九州大学は去る10月、台湾の学生・研究者との交流や若手研究者育成を目的として「台湾スタディーズ・プロジェクト」を開設し、来る1月7日と8日、ジャーナリストで元朝日新聞台北支局長の野嶋剛氏、ジャイアント元最高経営責任者の羅

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

【長野県を例として】修学旅行を通した日台交流における地方行政

【長野県を例として】修学旅行を通した日台交流における地方行政台湾の声編集部 加藤秀彦 修学旅行を通して高校生が日台交流する様子を次の2件の記事で明らかにした。 記事でも触れたが日本に修学旅行で来ている外国人高校生の内、約

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , ,

【長野県を例として】修学旅行を通した日台交流における地方行政

【長野県を例として】修学旅行を通した日台交流における地方行政 台湾の声編集部 加藤秀彦 修学旅行を通して高校生が日台交流する様子を次の2件の記事で明らかにした。 記事でも触れたが日本に修学旅行で来ている外国人高校生の内、

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , ,

【日台交流】言葉の壁と向き合う

【日台交流】言葉の壁と向き合う 台湾の声編集部 加藤秀彦 つい最近まで日台交流の分野では日本人と台湾人が当たり前のように日本語で言葉を交 わしていた。 しかしそれは意思疎通を日本語世代の台湾人に頼りきっていたことを意味す

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , ,

【中国】社会の隅々まで党組織を設置し独裁強化

【中国】社会の隅々まで党組織を設置し独裁強化 台湾の声編集部 多田恵 (2017年11月22日) 『ラジオ・フリー・アジア』の高鋒記者が、11月20日、「世論騒然:中国と外国の合弁大学に共産党支部設置、党が決定権を握るか

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , ,