タグ: 建国

日本がもっと活用すべき李登輝の「二国論」 早川 友久(李登輝元総統秘書)

【WEDGE infinity:2019年5月10日】  1999年7月、李登輝は台湾を中華人民共和国からも、中華民国からも引き離す決断をした。いわゆる「二国論」発言である。  1991年に「動員戡乱時期臨時条款」の撤廃

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

明日、坂口隆裕氏が「蔡焜燦先生と台湾歌壇」をテーマに「第45回台湾セミナー」

「台湾歌壇」の会員数は、李登輝元総統とともに台湾の日本語世代を代表する蔡焜燦先生が2007年に代表に就かれてから急速に伸びたそうです。2017年4月に迎えた創立50周年記念大会には日本からも大勢駆けつけて盛大に行われ、蔡

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(4)渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)

【知道中国 1892回】                       一九・五・十 ――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(4) 渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)  奉天を離

タグ: , , , , ,

――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(13)竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)

【知道中国 1887回】                       一九・四・丗 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(13) 竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)  首都である北京のど

タグ: , , , , , , , , , , ,

王育徳紀念館:一生を台湾の夜明けにささげた生涯を振り返る  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)

【nippon.com:2019年4月27日】https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g00677/ ◆王育徳紀念館が台南で開幕  2018年9月9日、台湾・台南に父、王育徳(192

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

4月20日、杉本拓朗氏が李登輝学校研修団の魅力をテーマに「第44回台湾セミナー」

本会は平成16年(2004年)10月から「日本李登輝学校台湾研修団」(略称:李登輝学校研修団)を開催し、これまで約900名の卒業生を輩出しています。本年は4月25日から31回目の研修団を実施します。  李登輝学校の校長で

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(5)竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)

【知道中国 1879回】                       一九・四・仲四 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(5) 竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)  行きがけの駄賃では

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

2019年「台湾2・28時局講演会」レポート  加藤 秀彦(台湾独立建国聯盟日本本部)

台湾独立建国聯盟日本本部は3月3日、新宿の京王プラザホテルで「台湾2・28時局講演会」を開催しました。  台湾の歴史において、決して忘れてはいけない重大事件が1947年に起きた二・二八事件です。  尊厳と社会参画を求めて

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

台湾2・28時局講演会レポート

2019年「台湾2・28時局講演会」レポート 台湾独立建国聯盟日本本部 加藤秀彦  台湾独立建国聯盟日本本部は3月3日、新宿の京王プラザホテルで「台湾2・28時局講演会」を開催しました。  台湾の歴史において、決して忘れ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(4)竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)

【知道中国 1878回】                       一九・四・仲二 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(4) 竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)  建国直後の1951

タグ: , , , , ,
Top