タグ: 平野

宜蘭を救った西郷隆盛の長男・西郷菊次郎  古川 勝三(台湾研究家)

おそらく西郷菊次郎(さいごう・きくじろう)を日本で最初に紹介した一般書は、今から20年ほど前に出された『台湾と日本・交流秘話』(展転社、1996年)だと思われる。それまで西郷菊次郎の名前はほとんど知られていなかった。西郷

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【参考】台湾人は漢民族ではない

【参考】台湾人は漢民族ではない 林 建良著「日本よ、こんな中国とつきあえるか」より         2006年7月 並木書房出版 ■台湾人と中国人は同じ民族と見る日本人  台湾という国を、日本の皆さんは知っているようで知

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , ,

私の台湾・李登輝元総統  森 靖喜(岡山李登輝友の会顧問・岡山「正論」友の会会長)

「人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」(教育者・森信三)  私にとってその逢うべき人、それが李登輝閣下でした。2003年、第1回産経新聞「李登輝学校」に参加。産経新聞の社長

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【八田与一の孫】台湾大学で講演

【八田与一の孫】台湾大学で講演 台湾中央社より (台北 30日 中央社)台湾大学(台北市)日本研究センターが29日、学内で講演会「嘉南大シュウにおける日本精神」を開催し、日本統治時代に烏山頭ダム(台南市)の建設を主導した

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , ,

友愛グループ『友愛』全巻(第1号〜第15号)がそろいました!

台湾に「美しく正しい日本語を残そう」と活動している「友愛グループ」があります。1992年10 月に「友愛日本語クラブ」として発足、1999年12月に「友愛グループ」と改めました。同時に、機 関誌名も『ツツジ』から『友愛』

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

【台湾を救った奇跡のダム】台湾人が尊敬する「もう一人の日本人」〜4

【台湾を救った奇跡のダム】台湾人が尊敬する「もう一人の日本人」〜4 『Japan on the Globe−国際派日本人養成講座』より転載 農業土木技術者として尽くした30年 信平の活躍は、地下ダム建設と農地開拓だけに留

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , ,

【台湾を救った奇跡のダム】台湾人が尊敬する「もう一人の日本人」〜2

【台湾を救った奇跡のダム】台湾人が尊敬する「もう一人の日本人」〜2 『Japan on the Globe−国際派日本人養成講座』より転載 「これほどの荒蕪地は、見たことがない」 信平が「台湾精糖」の農事部水利課長として

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , ,

友愛グループ『友愛』第15号が台湾から到着 頒布を開始します!

台湾に「美しく正しい日本語を残そう」と活動している「友愛グループ」があります。1992年10 月に「友愛日本語クラブ」として発足、1999年12月に「友愛グループ」と改めました。同時に、機 関誌名も『ツツジ』から『友愛』

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

友愛グループ『友愛』第15号が間もなく台湾から届きます!

◆『友愛』最新号の第15号は、5月半ばまでに台湾から届く予定です。 ◆本会ホームページからもお申し込みできます。   http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170501youand

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

【講座】「台湾世界遺産候補地について語ろう」参加申し込みフォーム(先着80名)

【講座】「台湾世界遺産候補地について語ろう」参加申し込みフォーム(先着80名)  http://jp.taiwan.culture.tw/onlineobject_34_105_60572.html  近年、台湾で世界遺

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , ,