タグ: 山中

――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(33)内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)

【知道中国 1732回】                       一八・五・仲七 ――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(33) 内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年) 「物質は人の思想を規定し

カテゴリー: 知道中国 タグ: ,

――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(32)内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)

【知道中国 1731回】                       一八・五・仲五 ――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(32) 内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年) 最後は改革・開放政策を打

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , ,

台湾全島に電気をともした日本人――松木幹一郎  古川 勝三(台湾研究家)

古川勝三(ふるかわ・かつみ)氏は、日本の統治時代に台湾の発展に貢献した人物について、その代表と言ってもいい八田與一(はった・よいち)について『台湾を愛した日本人─八田與一の生涯』を1989年に著して以来、KANO野球部監

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【中国ガン】なぜ中国はガンなのか?

【中国ガン】なぜ中国はガンなのか? 「中国ガン・台湾人医師の処方箋」より(林 建良著、並木書房出版) https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%83%

カテゴリー: 台湾の声 タグ: ,

【台湾人は忘れない】命を落としてまで台湾に尽くした5人の日本人

【台湾人は忘れない】命を落としてまで台湾に尽くした5人の日本人 『Japan on the Globe−国際派日本人養成講座』より転載 伊勢雅臣 2009年3月22日の日本経済新聞に「台湾『御用列車』復元へ」という記事が

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

牡丹社事件の「大日本琉球藩民五十四名墓」で催される日台交流会で芸能を奉納

ノンフィクション作家の平野久美子さんに、牡丹社事件をテーマとする「145年の時空を超えて ─牡丹社事件遺族の気持ちが、台湾に届いた!」を本会の機関誌「日台共栄」6月号に寄せていた だいた。  牡丹社事件は狭義には、187

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

南の島に雪が降る 台北で降雪を記録

【本会ホームページ「お知らせ」:2016年1月24日】 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160124/ 写真:雪化粧した文化大学キャンパスの建物(文化大学校友総会のFBより)

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【西村眞悟の時事通信】南シナ海は、戦争と平和の分岐点である

【西村眞悟の時事通信】南シナ海は、戦争と平和の分岐点である                          平成27年10月27日(火)  しばらくキーボードの前に座れなかったが、  今朝、アメリカ軍が  南シナ海の、

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【はるかなり台湾】紙芝居〜山岡栄物語

【はるかなり台湾】紙芝居〜山岡栄物語 メルマガ「はるかなり台湾」より転載 9日(土)、新社で例年のごとく山岡先生の慰霊祭が行われました。慰霊祭の終了後、川の湖畔で音楽会が開かれる前に山岡先生に関する紙芝居が紹介されました

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

「2015台湾・桜ツアー」のご案内 【締切:1月26日】

*ノンフィクション作家で『トオサンの桜─散りゆく台湾の中の日本』や『水の奇跡を呼んだ男─  日本初の環境型ダムを台湾につくった鳥居信平』などの作品がある平野久美子さんも台湾で合流  する予定です。  日本李登輝友の会では

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,