タグ: 孔子

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(8)諸橋徹次『遊支雜筆』(目黑書店 昭和13年)

【知道中国 1835回】                      一八・十二・丗 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(8) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目黑書店 昭和13年)  もう少し、新

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , ,

ファーウェイの次は『孔子学院』締め出しを  有本 香(ジャーナリスト)

本誌の前々号で、中国の孔子学院が、米国では高等教育を破壊する「トロイの木馬」と評され、中国共産党のプロパガンダ機関と指摘されていて、ミシガン大学が12月10日に孔子学院の来年度閉鎖を発表したことをお伝えした際に、「米国で

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , ,

欧米で進む中国企業排除、アリペイと組むpaypayは本当に大丈夫か  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」第265号:2018年12月11日】http://www.mag2.com/m/0001617134.html*読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付したこ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , ,

ミシガン大学が孔子学院の閉鎖を決定

米国において孔子学院は、高等教育を破壊する「トロイの木馬」と評され、中国共産党のプロパガンダ機関と指摘されている。いわば、教育界のZTE(中興通訊)やファーウェイという評価だ。  そのため次々と閉鎖され、これまでシカゴ大

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(10)關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)

【知道中国 1826回】                      一八・十二・仲二 ――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(10) 關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)   最前線に立って外

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(41)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1816回】                      一八・十一・初八 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(41) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)  日本が建設した山東鉄道を「支那横斷の一

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(32)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1807回】                      一八・十・念一 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(32) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) じつは彼らは「平和的、否な寧ろ文弱的なると

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(31)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1806回】                      一八・十・仲九 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(31) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) 当時の日本における支那認識の実態と時代の風

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , ,

後出しの理由づけでゴネるのが中華の本質  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」第256号:2018年10月10日】http://www.mag2.com/m/0001617134.html *読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付した

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , ,

【 黄 文雄】なぜ中国は意図に沿わないメディアを徹底排除するのか

【 黄 文雄】なぜ中国は意図に沿わないメディアを徹底排除するのか           黄 文雄(文明史家) 【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」より転載  「メディアの教育を日本政府に要求するが、人

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,