タグ: 大統領

米国が台湾を重視する理由  能勢 伸之(フジテレビ解説委員)

米国が台湾との関係を強化していることは、国内法として「台湾旅行法」や「国防権限法」を制定するばかりでなく、台湾関係法に基づき、9月24日に3億3000万ドル(約370億円)に上る、F16戦闘機などの交換部品を台湾に売却す

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

後出しの理由づけでゴネるのが中華の本質  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」第256号:2018年10月10日】http://www.mag2.com/m/0001617134.html *読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付した

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , ,

国際刑事警察機構総裁を収賄で拘束した習近平政権の異常性と異質性

国際刑事警察機構(ICPO=インターポール)総裁の孟宏偉氏が9月末から行方不明になっていたが、10月7日、中国共産党の汚職摘発機関である中央規律検査委員会は「孟宏偉を違法行為の疑いで目下、国家監察委員会が監察・調査してい

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , ,

台湾の北京語(3) 傳田 晴久

【台湾通信(第131回):2018年10月3日】 ◆はじめに  先月(2018年9月)初めに待望の『台湾の北京語』が出版されました。この「台湾通信」で2回にわたり紹介させていただきましたが、今回は3回目(最終)です。本の

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

米国務省が米国在台湾協会の警備として海兵隊配備の見送りを発表

シンガポールのセントーサ島で米朝会談が開かれた本年6月12日、台湾では台北市内湖区に、総額2億5000万ドル(約275億円)、約6.5ヘクタールにも及ぶ、米国在台湾協会(AIT:American Institute in

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,