タグ: 国務長官

米国連邦議会、下院可決に続いて上院が台湾のWHO復帰支持の法案提出

台湾が中国の妨害により国際機関への加盟できない状態が続いている。世界保健機関(WHO)の年次総会へのオブザーバー参加も、蔡英文政権になってからは実現していない。  台湾との関係強化をはかる米国は、台湾関係法(1979年1

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

米下院が台湾の世界保健機関オブザーバー復帰支持の法案を全会一致で可決

本誌では、米国がトランプ大統領も連邦議会も、台湾との関係を国内法などを整備することで強化していることを何度もお伝えしています。  今度は、米国連邦議会下院が1月23日(米東部時間22日)、台湾が世界保健機関(WHO)にオ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

米議会、こんどは「チベット旅行法」を可決  宮崎正弘(作家・評論家)

米国の連邦議会では、上院が12月4日、下院が12月12日にそれぞれ全会一致で、台湾との関係強化を推し進める「アジア再保証イニシアチブ法案」(ARIA:Asia Reassurance Initiative Act)を可決

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , ,

米国両院が全会一致で「アジア再保証イニシアチブ法案」を可決!

台湾との関係強化を推し進める米国の連邦議会がまた一つの国内法を可決した。それは「アジア再保証イニシアチブ法案」(ARIA:Asia Reassurance Initiative Act)で、上院は12月4日、下院は12月

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

対中強硬派が勢揃い、中国が折れるまで米国は徹底的に戦う  宮崎 正弘

マルバニー予算局長が大統領首席補佐官代行になる意味は? 対中強硬派が勢揃い、中国が折れるまで米国は徹底的に戦う【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:平成30年(2018年)12月19日(通巻5921号)】  リオデジャネイロ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , ,

米国上院が台湾への定期的な武器売却などを盛り込んだ「アジア再保証イニシアチブ法案」を可決

12月4日、今年4月24日に共和党のコリー・ガードナー(Cory Gardner)、マルコ・ルビオ(Marco Rubio)、民主党のベン・カーディン(Senator Ben Cardin)、エド・マーキー(Ed Mar

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【再度掲載】日本人を感激させた蒋介石発言「以徳報怨」の背景

【再度掲載】日本人を感激させた蒋介石発言「以徳報怨」の背景 【編集長の一言】いまだに日本の親台湾派政治家がリップサービスのつもりで蒋介石を讃えながら台湾人の集まりで挨拶する。嘆かわしい限りだ。              

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

米国が台湾を重視する理由  能勢 伸之(フジテレビ解説委員)

米国が台湾との関係を強化していることは、国内法として「台湾旅行法」や「国防権限法」を制定するばかりでなく、台湾関係法に基づき、9月24日に3億3000万ドル(約370億円)に上る、F16戦闘機などの交換部品を台湾に売却す

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

トランプ大統領が蔡英文総統の米国滞在中に「2019国防権限法」に署名

トランプ米大統領は8月13日(現地時間)、2019会計年度(2018年10月〜2019年9月)の国防予算の上限として総額約7160億ドル(約80兆円)を定める「国防権限法」(NDAA:National Defense A

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

米国連邦議会の両院が国防権限法の統一草案に米台関係の基礎を明記

米国連邦議会の両院が国防権限法の統一草案に米台関係の基礎を明記 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載  米国の国防権限法(NDAA:National Defense Authorization Act)は国

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , ,