タグ: 台湾海峡

中国はなぜ「2020年、台湾武力統一」を目指すか  福島 香織(ジャーナリスト)

昨年10月、アメリカの民間シンクタンク「プロジェクト2049研究所」研究員で、中台問題研究家のイアン・イーストン氏が新著『中国侵略の脅威』(The Chinese Invasion Threat)において、「中国は『20

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

良好に見える日台関係だが実は懸案山積だ  舛友 雄大(ジャーナリスト)

本誌の昨年12月31日号において「2017年の日台交流」を掲載し、昨年は─昨年の最良の関係をさらに深めた1年だったのではないかと総括した。  日台間の交流の深度を示す指標として、本誌では姉妹都市や友好都市などの都市間提携

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

問題記述を訂正せず掲載した『広辞苑』第7版

1月12日、『広辞苑』の第7版が発売された。昨年12月、台北駐日経済文化代表処などが台湾は中華人民共和国の一部ではないとして訂正を要求していたが、第7版は第6版の記述と変わっていない。下記に、第6版と第7版の記述を示して

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

米国務省上級政策顧問が実名で中国の一方的な航空路「M503」使用開始を批判

中国が台湾との協議内容を一方的に破って台湾海峡中間線近接する航空路の使用を開始したことに対し、本誌前号で、米国の対台湾窓口機関のAIT(米国在台湾協会)が「民間航空とその安全などの問題は両岸双方が対話を通じて解決すべき」

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , ,

中国が台湾との協議内容を一方的に破って台湾海峡中間線近接の航空路使用を開始

中国は1月4日、台湾側に約束したことを破って使用開始を一方的に発表し、台湾海峡の中間線に近接する航空路「M503」の北上路線と、それにつながる「W121」、「W122」、「W123」の3航空路の使用を開始したという。  

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , ,

台湾の地位見直しを進めるトランプ政権  阿部 純一(霞山会常任理事)

やはり気になるのは、昨今の北朝鮮および台湾をめぐる米国と中国の攻防です。  トランプ米大統領は12月18日、「一つの中国政策」に基づいて台湾との強固な関係を維持することを明記した「国家安全保障戦略」(NSS)を発表しまし

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【広辞苑誤記問題】 徹底検証:岩波書店『広辞苑』の「台湾記述」どこが問題か  野嶋 剛

昨日(12月28日)、台北駐日経済文化代表処や全日本台湾連合会などが訂正を求めている岩波書店の「広辞苑誤記問題」について、朝日新聞元台北支局長でジャーナリストの野嶋剛氏が「今回の岩波書店の対応には、疑問を禁じえない」とし

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

台北駐日経済文化代表処が日本人の「台湾に対する意識調査報告書」を発表

昨日(12月22日)、台北駐日経済文化代表処は昨年に引き続き、日本人1,000人を対象にした「台湾に対する意識調査報告書」を発表した。  この意識調査によると、日本人がアジアの中で最も親しみを感じるのは台湾。51.7%で

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , ,

台湾の立法院で「公民投票法改正草案」が可決

台湾の民意を最大限に反映させるとされた「公民投票法」は、陳水扁政権下の2003年12月末に公布され、翌年1月2日に施行されたものの、発議と可決条件が厳しすぎたため、その改正を求める声が高かった。  例えば、可決条件の「全

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , ,

【ランドール・シュライバー】米台軍艦相互寄港を支持

【ランドール・シュライバー】米台軍艦相互寄港を支持           「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう) トランプ大統領に国防次官補を任命されたランドール・ シュライバーが16日、米上院の任命承認公聴会で

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , ,