タグ: 共和党

蔡英文総統を元首としてホワイトハウスに迎え入れる米国の「台湾旅行法」案

本年1月13日、アメリカと台湾の政府高官の相互訪問を解禁する「台湾旅行法」(Taiwan Travel Act)案を、米連邦議会のスティーブ・シャボット下院議員(共和党)、ブラッド・シャーマン下院議員(民主党)、下院外交

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , ,

米国が台湾との関係強化を目指して進める「台湾旅行法」「台湾安全法」「2018国防授権法」

本誌10月14日号で、10月12日にアメリカ連邦議会の下院外交委員会がアメリカと台湾の政府高官の相互訪問を解禁する「台湾旅行法」(Taiwan Travel Act)案を可決したことをお伝えした。  この法案が成立すれば

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

米国の全レベルの政府関係者の台湾訪問を可能とする「台湾旅行法」が下院外交委員会で可決!

やはり、アメリカという国はすごいと思わされることがたびたびある。やるときはやる、という国なのだ。  今年の1月半ば、共和党のスティーブ・シャボット下院議員、民主党のブラッド・シャーマン下 院議員、下院外交委員会のエド・ロ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , ,

【中国ガン】孔子の仮面を被ったガン細胞

【中国ガン】孔子の仮面を被ったガン細胞 「中国ガン・台湾人医師の処方箋」より(林 建良著、並木書房出版) https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%AC%E3%8

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

「一つの中国」をめぐって―中国と台湾の曖昧な関係  松田 康博(東京大学東洋文化研究所教授)

昨年5月、台湾に蔡英文政権が発足してから、台湾を「核心的利益」としてその併呑を公言して はばからない中国が台湾に外交的圧力をかけ続けている。その最大の理由は、蔡英文政権が「一つ の中国」を認めないことだとしている。  ド

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】陳破空、山田智美訳『米中激突――戦争か取引か』

【良書紹介】陳破空、山田智美訳『米中激突――戦争か取引か』 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載 アメリカの最大の敵はロシアから中国に変わっている トランプはなぜキッシンジャーを指南役としたかの謎が解けた     

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

米軍艦の台湾寄港を盛り込んだ国防権限法案 米上院軍事委で可決

トランプ政権は6月29日、台湾に早期警戒レーダーの技術支援や空対地ミサイル、魚雷、迎撃ミ サイルなど7件、約14億2,000万ドル(約1,600億円)相当の武器を売却すると議会に通知した。併 せて、マネーロンダリング(資

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , ,

米国で大統領訪台も可能な「台湾旅行法案」が下院外交委員会アジア太平洋小委員会で可決

やせても枯れてもアメリカはアメリカ─。アメリカという国は、日本にはとても真似のできない 懐の深さを見せることがある。  今年の1月半ば、共和党のスティーブ・シャボット下院議員、民主党のブラッド・シャーマン下 院議員、下院

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

【AC論説】民主主義と利己主義

【AC論説】民主主義と利己主義     アンディ チャン 御民われ生けるしるしあり 天地の栄ゆるときにあへらく思へば 小学校の時によく歌っていた万葉集の歌は、いまでも何かの拍子に 思い出したら一日中頭の中で繰り返してやま

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , ,

長島昭久議員、台北でのシンポジウムに出席「日本版・台湾関係法の成立が急務」

【本会ホームページ「お知らせ」:2017年5月22日】 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170522/ 写真:シンポジウムに出席した長島昭久・衆議院議員(左)とスティーブン・

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , ,