9月21日〜23日、那覇で「美麗宝島との出会い 『台湾フェア』2017in沖縄」

以前にもご紹介しましたが、今年は日本各地で「台湾フェア」や「台湾フェスティバル」という台湾を冠したイベントが数多く開かれています。これだけ多く開かれるのはおそらく初めてのことではないでしょうか。

 本日からは、沖縄県那覇市で「美麗宝島との出会い 『台湾フェア』2017in沖縄」が開かれるそうで、下記に地元紙「沖縄タイムス」の記事をご紹介します。

 今年は、これから開催されるものも含めすでに12件。これは本誌が気づいたものだけですから、ほかにもっと開かれているかもしれませんし、今後も開かれるかもしれませんが、下記にそれを開催順に並べてみました。

 日本人は大のお祭り好き。祭りはそもそも神事ですが、宗教的な意義が薄れて祭りそのものを楽しむ「博多どんたく」「YOSAKOIソーラン祭り」「浅草サンバカーニバル」などから、高校や大学の文化祭、果ては神田の古書祭りまで、お祭りはたくさんあります。

 「台湾フェア」や「台湾フェスティバル」は日本と台湾の絆の強さを反映しているのかもしれませんが、この祭りに欠かせないのが露店の夜店や屋台で、台湾料理が嫌いな日本人はほとんどいないと言っていいでしょうから、「台湾フェア」や「台湾フェスティバル」には欠かせない出し物です。

 その上、台湾料理には歩きながら食べられるスイーツの「豆花(トウファ)」や「ちまき」「大根もち」「生煎包(スンチェンパオ)」「刈包(クァパオ)」といったメニューが豊富。どの会場も屋台には列をなすほどの人が集まっているようで、「台湾フェア」や「台湾フェスティバル」が成功しているポイントの一つのようです。

 なお、仙台市で9月30日と10月1日の2日間開かれる「リトル台湾in仙台2017」を、やはり地元紙の河北新報が報じていますので別掲でご紹介します。

1)東京タワー台湾祭2017(3月18日〜20日、東京タワー)2)第5回台日ベジフェスティバルin池袋(4月1日〜2日、池袋西口公園)3)まるごと台湾フェア2017(6月10日、杉並区)4)台湾フェスティバル(6月22日〜25日、上野恩賜公園)5)日本台湾祭り2017(7月7日〜7月9日、上野恩賜公園)6)台湾フェア in 群馬 2017(7月15日〜16日、前橋市)7)台湾フェスタ2017(7月29日〜30日、代々木公園広場)8)大阪台湾祭り(8月5日〜 6日、貝塚市)9)喜歓!台湾和定禅寺 定禅寺通りを歩いて見つける台湾(8月24日〜9月18日、仙台市)10)台湾フェア in 富士山静岡空港(8月26日〜27日、富士山静岡空港)11)美麗宝島との出会い『台湾フェア』2017in沖縄(9月21日〜23日、那覇市)12)リトル台湾in仙台2017(9月30日〜10月1日、仙台市)

—————————————————————————————–麗しの島、食と鉄旅 台湾フェア2017in沖縄 あす21日からタイムスビルで 観光情報や物産販売も【沖縄タイムス:2017年9月20日】http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/145225

 台湾の魅力を発信する「美麗宝島との出会い『台湾フェア』2017in沖縄〜まるごと台湾鉄道の旅・観光・物産・グルメ〜」(主催・台湾観光局/台湾観光協会大阪事務所、琉球台湾商工協会、沖縄タイムス社)が21〜23日の3日間、那覇市久茂地のタイムスビルで開かれる。本場の台湾料理や、台湾北東部に位置する宜蘭(イーラン)県の特産・工芸品の展示即売、観光写真展など多彩なイベントを企画している。21日の開催を前に見どころを紹介する。

 16世紀半ば、船から緑あふれる台湾を見つけたポルトガル人が「Ilha Formosa(麗しの島)」と称賛したとされる。中南部を横断する北回帰線により北は亜熱帯、南は熱帯気候に分かれ、それぞれが生み出す美しい自然と多様な文化が息付く。

 第一の都市台北は那覇から約630キロ、飛行機で約1時間半の近距離にあり、沖縄から最も近いアジアの国として親しまれている。

 台湾にとっても沖縄は最も近い日本。文化や経済などの面で長年交流を重ね、深い関係を築いてきた歴史がある。

 こうした台湾の魅力を紹介する今回のフェア。「Weet Colors! 台湾」をキャッチフレーズに台湾観光の多彩な魅力をアピールする台湾観光協会大阪事務所は、鉄道と各地の美しい風景などを絡めた「台湾鉄道観光写真展」を開催する。今月10日から運行を始めた台湾鉄路局の特急列車「プユマ号」のラッピング列車もPRする。

 このほか、台湾各地の美景を満喫できる台湾自転車フェスティバルや、旧暦1月15日の「元宵節」に合わせ、新年の幸せを祈る伝統文化を体験できる「台湾ランタンフェスティバル」、温泉とグルメを楽しめる「台湾温泉グルメカーニバル」など各種イベント情報も発信する。

 会場で配布するポストカードを応募すると抽選でオリジナルの「台湾鉄道観光ノート」が当たるキャンペーンも実施。台湾への旅行情報を提供するブースも展開する。

 一方、物産は台湾北東部に位置し、沖縄に最も近い宜蘭県が協力。同県に工場を構える「カバランウイスキー」が出店するほか、陶芸、彫刻、造花、楽器など多彩な工芸品の展示即売も予定している。

 このほか、台湾本場の料理を県内の専門店が提供する。台湾で親しまれている台湾ビールもあり、台湾名物の夜市の雰囲気を演出する。

◆専門店の看板メニューがずらり

 21日に開幕する「台湾フェア」では、県内の専門店「純中華料理 東洋飯店」「楊(ヤン)の店」が腕を振るって人気メニューを提供する。そのほか、台湾産うなぎを香ばしく焼き上げた「うな重弁当」や「うな串」も販売される。

<楊の店>家庭料理 手頃な値段で

 那覇市牧志のサンライズ通りで営業する台湾料理店「楊の店」。原色の看板に赤ちょうちんが並ぶ入り口をくぐると、奥の調理場から立ち上る湯気とともに、食欲をそそる香辛料の香りが出迎える。

 台湾出身のオーナー・楊鳳英(ヤンホンエイ)さん(59)が「手頃な値段で台湾の家庭料理を食べてもらいたい」と10年前に開店した。

 当初は同市三原で居酒屋として営業していたが、2年前に現在の場所に移転してからはランチの営業も始めた。

 店内のメニュー表に並ぶ17種類の料理はどれも楊さんのこだわりがにじむ。人気の「ちまき」はササの葉を一晩水に漬けて戻し、一枚一枚丁寧に拭くところから始まる。そこにシイタケ、干しエビ、柔らかく煮込んだ三枚肉と落花生を混ぜたもち米を包み、蒸し上げる。

 4時間で作れる数は65個。「ものすごく手間が掛かる」と笑うが「でもやっぱり手作りが一番おいしい」と話す自慢の一品だ。

 ランチでよく売れる「ルーローファン」は豚の三枚肉を柔らかく煮込み甘辛いたれをかけた台湾の定番丼。秘伝のたれは五香粉やこしょうなどのスパイスが効いている。

 一品一品、手間を惜しまず愛情を込めて作る料理に魅了されたファンは多い。

 最近ではアジアからの観光客も増えた。「お客さんが“おいしかったよ”と笑顔で帰ってくれるのが一番うれしい」と頬を緩める。

 台湾フェアには店で人気の「ルーローファン」(600円)、「ちまき」(300円)、「大根もち」(1パック600円)、「焼きギョーザ」(6個入り500円)をそれぞれ提供する。

<東洋飯店>「豚まん」昔ながらの味

 ことしで創業43年を迎え、那覇市と北谷町に「純中華料理 東洋飯店」を構える東洋飯店(張本夏代社長)。本格中華料理の専門店として、幅広い客層に支持され、週末は予約客で満席の人気店だ。

 本土復帰前の1965年に食肉加工の職人として台湾から招かれ、その後、家族と共に移住した張本佳睦さんが74年、妻の道江さんと沖縄市上地の「中の町」に1号店をオープン。以来、家族経営によって店舗を徐々に増やし、看板を守ってきた。

 今回のフェアに出品する「台湾豚まん」は創業時からの定番メニューの一つ。砂糖としょうゆをベースにした味付けは当時と変わらない。具材は県産食材にこだわり、豚肉はおきなわ紅豚の生産・販売を手掛けるがんじゅう(読谷村)の「紅あぐー」を使う。

 リピーターは多く、3年前からは「テイクアウト」の販売も開始。北谷店のドライブスルーサービスを、那覇店も10月中旬から始める方向で工事を進めている。

 家族が経営する「新東洋」(山里智裕社長)が沖縄市の1号店跡で運営する製造工場では、職人らが週に約4000個の「台湾豚まん」を手作業で作り上げる。山里社長は「今では本場の台湾でも少なくなってきている昔ながらの味。添加物も入れておらず、食材へのこだわりは一口食べてもらえれば分かってもらえると思う」と自信を見せる。

 フェアでは「台湾豚まん」を1個200円で販売。このほか、紅あぐーのあんを薄皮で包んで焼いた「生煎包(スンチェンパオ)」を300円(2個入り)、中華まんの皮で三枚肉と高菜漬けを挟んだ「刈包(クァパオ)」を350円でそれぞれ提供する。

◆宜蘭県へようこそ 呉澤成(ウーツァーチェン)知事代理

 宜蘭県は台湾北東部に位置し、東は100キロメートル余りの海岸線が太平洋に面しています。さらに西側は台湾五大山脈の一つである雪山(せつざん)山脈に接しています。県の面積は2144平方キロメートル、うち3分の2は3千メートル級の山々がそびえる山地であり、また主要河川である蘭陽渓(らんようけい)が蘭陽平原を流れています。

 多くの山、川、海の資源がある宜蘭は風光明媚(めいび)な地として名をはせ、台湾における環境保護モデル地区にもなっています。

 観光産業は宜蘭で最も重要な産業です。近年では高山旅行や体験旅行などを推進しており、外国の皆さまのご訪問を心待ちにしています。特に与那国島とは距離にして約110キロメートルしか離れておらず、歴史的にも沖縄の人々とは日本統治時代から緊密に交流してきました。

 歴史的・地理的なつながりから、台湾と沖縄の間には格別な親しみを感じます。私たちは宜蘭と沖縄の双方が緊密な往来を積極的に展開するとともに、台湾と日本の交流の窓口となり、日台の友好関係を深めていくことを期待いたします。

 宜蘭県は沖縄との文化、経済、貿易の交流を恒常的なものとし、併せて必要な情報サービスを提供するため、昨年9月に沖縄事務所を開設しました。豊富な農水産物の沖縄への輸出を促進し、双方の技術交流が進むことを歓迎します。

 また沖縄には日本政府の認可の下、日本で唯一の経済特区があり、世界に向けた重要な窓口となっています。よって、すでに発展しつつある観光産業に加え、将来は国際貿易や流通の門戸となることが期待されます。

 私たちは将来宜蘭と沖縄の間で、さらに多くの産業、経済、貿易、投資などの協力関係が展開されることを期待しています。

 「美麗宝島との出会い『台湾フェア』2017in沖縄」では沖縄の皆さまに宜蘭について知っていただくため、多くの伝統産業から現代工芸までの作品を用意しました。沖縄の皆さまにもお喜びいただけることを願うとともに、これらが日本の皆さまの宜蘭に対する理解の一助となればと思います。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券お申し込み
https://goo.gl/pfgzB4

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,