にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

2018年台湾統一地方選挙直前の情勢  澁谷 司(拓殖大学海外事情研究所教授)

11月24日に投開票される4年に一度の台湾の統一地方選挙まで1ヵ月を切り、選挙戦はいよいよ白熱化してきている。

 直轄市の6市長、16の県・市長の首長選や直轄市と県・市の各議会議員など9つの選挙を同時に行う。有権者は約1,920万8,000人(中央選挙委員会発表)。

 この統一地方選挙は、2019年の年が明ければ2020年1月に予定されている総統選挙まで他の選挙はなく、統一地方選の結果がそのまま総統選挙に反映される可能性が高いことから、「総統選の前哨戦」と位置づけられる。

 また、今回は、福島など日本5県産食品の輸入規制継続、「台湾」名義での東京五輪への参加申請、同性婚容認などの賛否を問う10の公民投票も同時に行われ、この結果も注目されている。

 「公民投票法」の改正により、今回から年齢が引き下げられて「18歳以上」となったことから有権者約60万人が加わり、有権者総数は約1,980万人に増えている。

 さらに、首長が替わった場合は政策が変わり、役人も一新されることから、姉妹都市や友好都市などの都市間提携を数多く締結し、多くの企業が進出している日本への影響もけっして小さくない。

 そこで、本会は、4月の台湾セミナーでいち早く統一地方選挙をテーマに取り上げ、拓殖大学海外事情研究所教授で日本戦略研究フォーラム政策提言委員の澁谷司氏に「蔡英文政権と統一地方選挙」と題して話していただき、10月の台湾セミナーでも、平成国際大学教授で本会常務理事の浅野和生氏に「台湾統一地方選挙の現状と展望」と題してお話しいただいた。

 このほど、澁谷司氏が「2018年台湾統一地方選挙直前の情勢」(日本戦略研究フォーラム・澁谷司の「チャイナ・ウォッチ」)を発表した。下記にご紹介したい。

 なお、小見出しは本誌編集部で付したことをお断りする。

————————————————————————————-2018年台湾統一地方選挙直前の情勢政策提言委員・拓殖大学海外事情研究所教授 澁谷 司【日本戦略研究フォーラム・澁谷司の「チャイナ・ウォッチ」(第329回):2018年10月30日】

◆直轄市長選は民進党が現状維持の4勝の可能性

 今年(2018年)11月24日(土)、台湾では統一地方選挙が行われる。2020年1月、台湾総統選挙の“前哨戦”として内外の耳目を集めている。

 市長選は、市(県)議会議員選挙等と異なり、市長を1人だけ選ぶので、総統選と同じ選出方法となる。特に、台湾有権者の約70%を占める6直轄市長選挙の重要性は強調しても、し過ぎる事はない(大半の有権者は、同選挙と総統選で、似た投票行動を取る<同一の政党に投票する>傾向にある)。

 この6市長選挙で、与党・民進党が過半数の4勝以上制すのか、それとも、野党・国民党が4勝以上制すのか注目される(両者が3勝3敗の場合、総統選は微妙な結果になるだろう)。

 仮に、民進党が4勝すれば、蔡英文総統再選、或いは頼清徳行政院長(首相)の新総統誕生が近づく。反対に、国民党が4勝すると、再び国民党が政権に返り咲く見込みとなる。

 各種世論調査から、11月の6直轄市選挙を占ってみたい。

 第1に、台北市は、現職の柯文哲市長(無所属)が先頭を走っている。それを国民党の丁守中、民進党の姚文智が追う展開である。ただ、柯文哲の再選はほぼ間違いないのではないか。

 第2に、新北市(かつての台北県)では、国民党の侯友宜(元?政部警政署長)が一歩リードし、民進党の蘇貞昌(元行政院長)が追っている。蘇貞昌は、苦しい戦いを強いられているのではないか。

 第3に、桃園市は、陳学聖(国民党)が現市長の鄭文燦(民進党)に大きく水をあけられている。鄭文燦が圧勝する勢いである。

 第4に、台中市では、現職の林佳龍(民進党)がわずかに盧秀燕(国民党)をリードしている。だが、林佳龍の逃げ切りが濃厚な情勢ではないか。

 第5に、台南市(民進党の地盤)では、民進党の黄偉哲候補が圧倒的にリードし、国民党の高思博候補らの追随を許さない。黄偉哲の勝利は間違いないだろう。

 第6に、高雄市では、民進党の陳其邁(かつて高雄代理市長を務める)が国民党の韓國瑜をリードしている。陳其邁が逃げ切るかもしれない。

 以上をまとめると、現時点で、与党・民進党は、前回(2014年)の統一地方選挙結果と同数(4勝)の当選が期待される。

◆総統選に大きく影響する柯文哲氏の当落

 もし民進党が6直轄市中、4人の市長当選者を出したとしよう。これで、次期総統選挙(2020年)で、民進党の勝利は安泰かと言えば、決してそうではない。

 実は、前回(2016年)の総統選挙とは全く事情が異なるのである。その時、民進党の蔡英文、国民党の朱立倫、親民党の宋楚瑜の3候補が出馬した。

 後者2人は、国民党系(宋楚瑜が多少、朱立倫の票を奪った)だったが、蔡英文候補としては、比較的楽な戦いだった。

 ところが、次期総統選挙で、よしんば柯文哲(元来、民進党に近かったが、最近、中国共産党に近づき「親中派」へ鞍替えした模様)が市長職を投げ打って立候補したら、柯に民進党票がかなり侵食されるだろう。

 民進党の票(蔡英文票或いは頼清徳票)が、無所属の柯文哲に大量に流れる恐れがある。そうなれば、国民党候補(朱立倫か?)が“漁夫の利”を得て、当選する公算が大きいだろう。つまり、2000年の総統選挙と“逆パターン”が起こる可能性を排除できない。

 当時、もしも国民党の連戦と宋楚瑜が組んで出馬していれば、民進党の陳水扁は、彼らには絶対勝てなかっただろう。その頃、まだ国民党の票が約6割、民進党のそれは約4割程度しかなかったからである。

 ところが、李登輝総統(当時)が国民党と連戦と宋楚瑜のペア成立に反対した。そこで、宋楚瑜は無所属で出馬せざるを得なかったのである。そのため、国民党の票が完全に二分された。

 選挙当日、最終的に、陳水扁が宋楚瑜に競り勝った(連戦はすぐに脱落)。だが、勝利した陳水扁の得票率はわずか39.3%だったのである。

◆他の県市長選は民進党5勝、国民党8勝か 彰化県と嘉義市は激戦

 最後に、他の次期県市長選挙を一瞥しておこう。

 おそらく民進党が5勝(基隆市の林右昌、新竹市の林智堅、雲林県の李進勇、嘉義県の翁章梁、屏東県の潘孟安)、国民党が8勝(苗栗県の徐耀昌・南投県の林明湊・花蓮県の徐榛蔚・台東県の饒慶鈴・澎湖県の頼峰偉・<福建省>金門県の楊鎮浯・連江県の劉増応)、その他が1勝(民国党の徐欣瑩)だと予想される。

 彰化県では魏明谷(民進党)と王恵美(国民党)が、嘉義市では黄敏恵(国民党)と●醒哲(民進党)が激しく争い、予断を許さない状況にある。(●=サンズイに余)


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*現在、お申し込みの増加でパイナップルケーキの在庫がなくなっています。入荷は11月末を予定
 しています。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願いします。【2018年9月1日】

*マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,