にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

蔡焜燦先生の顕彰碑を建立  坂口 隆裕(蔡 焜燦先生を慕ふ 和歌の会代表)

【本会機関誌『日台共栄』9月号:2018年9月1日】

*原文は本会HPに掲載しています。 http://www.ritouki.jp/index.php/magazine/magazine042/

*本誌掲載に当たっては、漢数字を算用数字に直していることをお断りします。

山口県下松市「文学碑プロムナード」で12月1日に除幕式

◆米泉湖を巡る台湾との交流

 台湾総督を兼帯し、日露戦争において満洲軍総参謀長として勝利に貢献した児玉源太郎の出身地、山口県徳山市の旧宅跡には、その徳を偲ぶ地元有志の発起によって江ノ島児玉神社の社殿を移築して創祀された児玉神社がある。

 徳山駅から青々とした楠並木に覆われた六車線の大通りを児玉神社方面へ歩いていると、ふとここは台北市のかつての台湾神宮(現圓山飯店)に向かう勅使街道(現中山北路)かはたまた敦化北路かと錯覚を覚え、台北に赴任後、蔡焜燦(さい・こんさん)先生に会えることを楽しみに台湾歌壇月例会に通い続けた約3年の日々を懐かしく思い起こしていた。

 徳山駅のある周南市(しゅうなんし)の東に隣接するのが下松市(くだまつし)で、平成3年竣工の末武川(すえたけがわ)ダムのダム湖である米泉湖(べいせんこ)に文学碑プロムナードがある。ここに、徳山の歌人河内信子(こうち・のぶこ)さんが亡くなる4年前の平成7年、80歳のときに、台北歌壇創立者の孤蓬万里(こほう・ばんり)こと呉建堂(ご・けんどう)氏の歌碑を建立する。これが米泉湖を巡る台湾との交流の始まりである。

  台湾と日本の睦みここにきて祈りしがあり平成の代に   孤蓬万里

 台北歌壇の作品をまとめた、孤蓬万里編著『台湾万葉集』の上巻(原題『花をこぼして』1981年刊)、中巻(1988年刊)、下巻(1993年刊)のうち、大岡信(おおおか・まこと)氏が初めて下巻を手にしてその存在を知り、新聞の連載コラム「折々のうた」で絶賛して話題となったのは平成5年(1993年)、折しも米泉湖の文学碑プロムナード設置が始まった年であった。

 その後、元台湾少年工で、台湾歌壇会員だった洪坤山(こう・こんざん)氏の短歌に感動した作家の阿川弘之氏が「文藝春秋」の随筆「葭(よし)の髄(ずい)から」で「心の祖国」と題して洪氏のその短歌を紹介している。

  北に対(む)き年の始めの祈りなり心の祖国に栄えあれかし   洪 坤山

◆蔡先生と加藤さとる氏の交流

 すると、山口県下関市在住のジャズミュージシャンで作曲家の加藤さとる氏がこの一文に感銘を受けて作曲、病床の洪氏を台湾まで見舞って演奏した。加藤氏はさらに、洪氏が2004年に亡くなると、蔡焜燦先生に請われて台北の国賓大飯店で音楽葬を行い、2年後と6年後には洪氏の顕彰碑を米泉湖の文学プロムナードに建立している。

 台湾歌壇50周年祝賀会を見届けたかのように、その3ヵ月後の昨年7月17日に旅立たれた蔡先生は、加藤氏に「『島原の子守歌』であの世へ送ってほしい」とお願いしていたという。加藤氏は、昨年9月23日に催された台湾歌壇主催の「蔡焜燦先生を偲ぶ会」にこの歌のCDを届け、会場には葬送曲のように静かに流れていた。

 今回、加藤氏が発起人となり、蔡焜燦先生顕彰碑を建立することになったのは、こうした経緯による。

 蔡先生の顕彰碑には、「祖国」という言葉で私たちを啓発してくれている次の歌を選んだ。

  同胞よ祖国を護るこの心起ちて示せよ世界の国に     蔡 焜燦

◆顕彰碑には三宅教子さんの歌も

 台湾歌壇の事務局長を務められた三宅教子(みやけ・のりこ)さんは、月刊「Hanada」9月号特集「『老台北』一周忌に寄せて」に「蔡焜燦先生の『日本精神(リップンチェンシン)』」と題して寄稿し、その結びに次の歌を添えている。

  台湾の日本精神教へたまふ君がみ心継ぎて歩まむ     三宅教子

 追悼集にも載るこの歌は、加藤氏の「リップンチェンシン(日本精神)の歌」という曲の歌詞にもなっている。

 長年、事務局長として台湾歌壇代表の蔡先生を献身的に支え続けて来た三宅さんの労に報い、蔡先生の歌の傍にこの歌を加えることにした。

 顕彰碑除幕式は、12月1日午後1時から米泉湖で開催する。京都美山(みやま)の紅葉を愛し続けた蔡焜燦先生を思い、紅葉の時期に設定している。

 この日は、加藤さとる&浜崎むつみバンドによる「リップンチェンシン(日本精神)の歌」が米泉湖に響き渡ることだろう。台湾歌壇例会で篠笛を披露したことのある横笛演奏家の大野利可(おおの・りか)氏との共演も楽しみである。

 7月の西日本豪雨では周南市や下松市も被災地となり、米泉湖の周回路も崩落しているというが、紅葉の季節までには復旧し、この除幕式が地元の方々の励みになることを期したい。

 また、周南市にある徳山大学は台北の中国文化大学と1997年に姉妹校を結んでいる。蔡焜燦先生の顕彰碑建立がこのような台湾との交流関係を継続し、次世代に向けて発展させてゆく一助になるならと思い、徳山大学にも参加を呼び掛けてみるつもりである。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*現在、お申し込みの増加でパイナップルケーキの在庫がなくなっています。入荷は11月末を予定 しています。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願いします。【2018年9月1日】

*マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,