熊本電鉄が6月3日に高雄市内に初の海外事務所を開設していた!

熊本県で菊池線(上熊本駅─御代志駅)、藤崎線(北熊本駅─藤崎宮前駅)や路線バスを運営す
る熊本電気鉄道(熊本電鉄)が去る6月3日、高雄市に初の海外事務所として「台湾事務所」を開設
したという。

 本誌7月24日号で、7月1日に岩手県の旅行会社、岩手県北観光(いわてけんぽくかんこう)が台
湾事務所を開設したことをお伝えしたところ、交流協会高雄事務所から熊本の鉄道会社が高雄市内
に事務所を設けていることを教えていただいた。

 交流協会高雄事務所には先般も、今年1月に三重県が高雄市と産業や観光面などで交流を促進す
る覚書を締結し、5月に山形県が高雄市と友好協力覚書を締結していることを教えていただいた。
改めてご教示に感謝申し上げます。

 本誌で岩手県北観光の台湾事務所開設をお伝えしたとき、台湾に事務所を設置している日本の自
治体は、与那国町(2007年5月)、山口県美祢市(2012年7月)、静岡県(2013年4月)の3自治体で
あることを併せてお伝えしたが、熊本電鉄のケースは恐らく鉄道会社として初の台湾事務所の開設
になる。

 6月20日付の「台湾新聞ブログ」が中島敬高・熊本電気鉄道社長へのインタビューで伝えている
ので下記にご紹介したい。


地震に負けず台湾に事務所を開設(熊本電鉄・中島敬高社長)
【台湾新聞:2016年6月20日】
http://blog.taiwannews.jp/?p=32665

 熊本電気鉄道は6月3日、地震の被害を乗り越え台湾南部・高雄市に初の海外事務所を開設した。

 同社は明治42年の創業以来熊本市民の足として鉄道・バス・旅行業など堅実な経営を続けてきた
が、もう一段の飛躍を目指して、海外でのビジネス展開に踏み切ったものだ。

 中島敬高社長に台湾進出のいきさつや狙いについて聞いた。

              ◇    ◇    ◇

記者:ローカルな鉄道会社が海外に進出しようと考えた発端はどこにあるのでしょうか?

中島:他の地方鉄道会社と同様に、弊社も鉄道や路線バス事業の低迷、国内観光の需要減という厳
   しい環境にあり、海外に活路を見出せないかという考えが芽生えました。それ以来、かなり
   の期間模索を続けてきました。

記者:進出先に台湾を選んだ理由は何でしょうか?

中島:弊社の第三代社長を務めた故松野鶴平氏(元参議院議長)が蒋介石総統と親交が深かったこと
   もあり、歴代社長が何度も台湾を訪問するなど、親交を重ねてきました。
   このような背景の中で、台湾新聞社の紹介で台湾の対日窓口機関である亜東関係協会(East
   Asia Relations Commission)やチャイナエアライン(中華航空)などとご縁ができました。

記者:話が具体化したのはいつごろですか?

中島:社内で台湾とのビジネスが話題に上ったものの、なかなか実現には至りませんでした。具体
   的な調査に取り掛かり、実行方法を検討し始めたのは2012年ごろからです。

記者:熊本市が政令指定都市に移行した年ですね。また前年の2011年3月には、九州新幹線鹿児島
   ルートが全線営業運転を開始しましたね。

中島:はい。当時、阿蘇くまもと空港国際線振興協議会などが東アジアへの新規国際線の誘致活動
   を活発化させており、2013年には、熊本県及び熊本市が台湾第2の都市である高雄市との間
   で、貿易・投資の促進、観光、教育等の分野における相互交流促進、定期便就航へ向けた協
   力体制構築のための3者協定(MOU)を締結しました。
   これに沿って陳菊・高雄市長が来訪し、2013年にはチャイナエアラインが高雄〜熊本線のプ
   ログラムチャーター便を就航させました。同社はその後2015年10月から定期便を運航し始め
   ましたが、搭乗率70%超を維持するほどの人気となり、台湾南部と山鹿市や大津町など県内
   各地との交流も始まりました。

記者:台湾南部と県内各地との交流が盛んになったのですね。

中島:そうです。弊社も高雄市、台南市などの台湾南部の行政機関や航空会社、旅行会社との信頼
   関係を構築し、バス、宿、観光、土産物等の相互協力システムを作り上げることができまし
   た。ここに来て、もう電話やメールだけのやり取りでは追い付かなくなり、事務所を開設す
   ることになったわけです。

記者:貴社も地震で大きい被害を受けたと思いますが、事務所の開設は予定通り進めたのですか?

中島:駅舎が破損し、レールが曲がるなどの直接的な被害と貸切りバスのキャンセルなどを合わせ
   て、金額的には1億円超の被害を受けました。しかし、こんなことに負けてはいられないと
   社員が一丸となって計画を進めてくれました。当初は5月初旬の開設予定でしたが、社員の
   頑張りと周囲の方の支援のおかげで、1ヶ月遅れで実現できました。

記者:貴社の利益に占める台湾関係ビジネスのウエイトはどのくらいでしょうか?

中島:有り難いことに、利益の3割を占めるまでになりました。

記者:今後の台湾ビジネス、日台交流についての考えをお聞かせください。

中島:観光に来ていただくにしても、景勝地を見て回り美味しいものを食べて頂くだけのものでは
   なく、文化や歴史を感じ、人と人の心が触れ合うものを九州各地と連携して提供したいです
   ね。例えば、熊本・福岡には、台湾の国父・孫文との交流にまつわる歴史があります。ま
   た、日本統治時代には1万人以上の九州人が教師、医師、技師として台湾に渡り人生の黄金
   期を過ごしたのですから、大分、宮崎、鹿児島、佐賀、長崎にも台湾の人との深いつながり
   があるはずです。
   九州ではありませんが、台湾でダムや用水路を建設し、痩せた土地を最大の穀倉地帯にした
   恩人として中学校の教科書にも掲載されている八田與一技師の里(金沢)へ台湾の修学旅行
   生を案内したい。もちろん、日本人を烏山頭ダムや八田記念公園に案内し、我々の先輩が台
   湾でどう評価されているかも知ってもらいたい。これらを立体的に結び付けて日台の交流の
   役に立ちたいと思っています。
   観光だけでなく、お互いの物産をPRして輸出入を促進したり、自治体や学校の交流の橋渡し
   もしたいですね。

記者:高雄市から、更に大きいマーケットである台北市に進出する計画はありませんか? また、
   タイ、ベトナムなどアジアの元気な国へ進出するおつもりはありませんか?

中島:気持ちとしては「台湾を通じてアジアの活力を取り込み、熊本を元気にしたい」と思います
   が、先ずは一歩一歩足元を固めることからやっていきたいと思っています。中小企業である
   という身の丈も分かっていますし、当面観光を主体とするためには、熊本との直行定期便が
   あることが大前提です。

                ◇    ◇    ◇

 明治42年創業といえば、107年の歴史を持つ老舗企業である。革新的な事業に取り組むことの難
しさもあるかも知れない。しかし一方で公共交通機関離れが進む厳しい経営環境の中にある中堅鉄
道会社として、しなければならないことは山のようにあると思われる。

 難しいかじ取りの中で台湾進出を選び、新しい事業のあり方を語る中島社長からは、地震を乗り
越えて少しでも前に進もうとする芯の強さと何としても熊本復興を成し遂げようとするミッション
への意欲が伝わるインタビューであった。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,