にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

李登輝前総統が天皇誕生日レセプションに出席!

昨日、予定通り台北市内で「天皇誕生日レセプション」が開かれた。なんとこの席に初
めて李登輝前総統が参席されたと読売新聞が報じている。
 先にお伝えしたように、日本と台湾が断交して31年後の平成15年(2003年)12月12日、
当時の内田勝久・交流協会台北事務所長(駐台湾大使に相当)が天皇誕生日レセプション
を開いた。
 台湾で日本のナショナル・デーである天皇誕生日レセプションが催されることは画期的
な意味を持つ。同時期に中国でも天皇誕生日レセプションは行われている。つまり、天皇
誕生日レセプションが中国とは別に台湾で行われることは、日本政府が台湾を「統治の実
態」と認めたことに他ならないからである。
 その後も、平成16年(2004年)12月16日に、大使が池田維(いけだ ただし)氏に替わ
った平成17年(2005年)にも12月16日に粛々と開いている。
 台湾で天皇誕生日レセプションが開かれる意義は、大きい。       (編集部)


台北の天皇誕生日祝賀会、李登輝・前総統が初出席
【12月20日 読売新聞】

 【台北=石井利尚】台湾の李登輝・前総統(83)は19日、日本の対台湾窓口機関、交流
協会台北事務所が台北市内のホテルで開いた天皇誕生日の祝賀レセプションに出席した。
 日本と台湾は外交関係がないが、同事務所は、中国の反対を押し切って2003年から祝賀
会を開催し、台湾政財界関係者を招いてきたが、中国が「独立派の総代表」と非難する李
氏の出席は初めて。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , ,