李登輝元総統が「また機会を見つけて日本を訪れたい」とご来日スタッフ訪台団に表明

2014年と2015年の李登輝元総統ご来日時にスタッフとしてお手伝いいただいた方々は150人ほどに及びますが、スタッフの方々に感謝の念をあらわしたいと、本会は李登輝元総統と夕食を共にする「李登輝元総統ご来日スタッフ訪台団」(団長:柚原正敬・本会事務局長、副団長:和田有一朗・理事)を企画、9月1日〜3日の日程で訪台してまいりました。

 9月2日の華泰王子飯店における李登輝元総統との夕食会には19名が参加し、李登輝基金会からも王燕軍・秘書長と早川友久秘書も同席。このときの李元総統は大変お元気で、食事もよく召し上がり、ウィスキーも普段よりも飲まれるものですから、慌てて秘書がウィスキーを遠ざけたほどでした。

 15分ほどご挨拶いただいたすぐ後、食事もそこそこに「なにか質問はありませんか? なんでも答えますよ」と述べられましたので、秘書が「まず召し上がってください」と制するほどで、この日は絶好調のように見受けられました。

 約2時間、夕食をともにしながら、北朝鮮のミサイル問題や蔡英文政権の現状、日台交流のさらなる深化などに関する参加者の質問に丁寧に答えられ、つつがなく終えることができました。参加者も大満足の一夜でした。

 最近はなかなかお元気なお姿をお見かけしないことが少なくなく、お会いした人々が心配することもあったのですが、この日に限ってはすこぶるお元気でした。

 確かに御年94歳ですので体力の衰えは致し方ありません。足腰もだいぶ弱りましたし、お話の途中に固有名詞などがなかなか出てこないときも見受けられます。しかし、歩けないほどではありませんし、受け答えは実にしっかりされています。

 このときも冒頭で、お手伝いいただいたスタッフに感謝の意を表するとともに「また機会を見つけ、日本を訪れることが出来ることを楽しみに」していると、とても意欲的なご挨拶をいただきました。下記にその全文をご紹介します。

—————————————————————————————–ご挨拶

 日本李登輝友の会の柚原正敬先生をはじめ、訪台団の皆さま、こんばんは!

 2014年および2015年に訪日した際には、大変お世話になりました。ここに改めて、心より感謝申し上げます。

 2014年の訪日では、「これほどまでに日本と縁の深い父親なのに、これまで一度も一緒に日本へ行ったことがない」という娘たちの希望もあって、家内に加えて娘たちとともにお世話になりました。

 また、初めて北海道を訪問し、その雄大さと、本州などとはまた違う趣を感じたことを、昨日のように覚えております。

 大阪でお話しした「これからの世界と日本」、そして東京での「人類と平和」の内容は、北朝鮮をはじめとする東アジア情勢がますます緊迫する昨今、3年が経った現在でも、ぜひとも皆さんに今一度目を通していただきたいものだと自負しております。

 また、2015年には、台湾の総統経験者として初めて、国会議員会館で講演をするという身に余る光栄にも恵まれました。

 当日は、「台湾のパラダイムの変遷」というタイトルで、台湾のあるべき姿、これからの進む道を、たくさんの国会議員の方々に講演を聞いていただくことが出来ました。

 また、宮城県では、2007年に家族で訪問した松島の瑞巌寺を訪れました。

 前回訪れた際に、家内とともに作った俳句の句碑が、瑞巌寺に建てられたことを、たくさんの方から聞いており、ぜひ再訪したいと願ったのです。

 手前味噌ですが、松尾芭蕉は、松島の風景が余りにも美しすぎて俳句を作れなかったと聞いておりましたので、恥ずかしながら「それでは、私と家内でちょっと作ってみましょうか」と言って作ったのが、2つの俳句です。

 私は「松島や 光と影のまぶしかり」と詠み、家内は「松島や ロマンささやく夏の海」と作りました。

 あの時、家内から「光と影」と読んだら、雨が降った時どうするのか、と笑われたことを思い出します。

 その後、日本李登輝友の会・宮城県支部の皆さまが大変努力されて、瑞巌寺に句碑が建てられたと聞いたとき、これは「ノーベル賞以上の栄誉だ」と感激したものです。

 日本は何度訪れても素晴らしい国です。

 以前から何度も主張しているように、伝統と進歩という、一見相反するものがうまく組み合わさり、美しい日本の文化や社会の秩序を生み出しています。

 ぜひともまた機会を見つけ、日本を訪れることが出来ることを楽しみにしながら、今夜は皆さんとゆっくりお話ししたいと思います。

 最後になりますが、日本李登輝友の会の皆さんを心より歓迎するとともに、私の訪日の際にお手伝いいただきましたことに改めて感謝いたします。

 どうもありがとうございました。

 2017年9月2日

                                        李 登輝


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券お申し込み
https://goo.gl/pfgzB4

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,