早田文蔵と台湾の人々の感謝の念が顕現した記念碑と植物標本館復元という奇跡

本誌前号で、台北植物園に、「台湾植物の父」と慕われる早田文蔵(はやた・ぶんぞう)博士の記念碑と、早田とともに台湾で植物の採集につとめたフランス人宣教師、ユルバン・ジャン・フォーリー神父の記念碑が復元されたことをお伝えした。

 その後、中央通信社やTaiwan Todayなどがさらに詳しく報じている。復元されたのは早田のレリーフとフォーリー神父の銅像で、この両記念碑とともに、台湾で初めての植物標本館として1924年に建てられた[月昔]葉館(さくようかん)も復元されたそうだ。

 [月昔]葉館とは、一般的に植物標本を収納する建物のことで、ここにあった1600種余りの標本が2000年に新館に移され、2008年には建物が台北市の古跡に指定、林業試験所は植物の歴史を伝える展示館として再利用するため、2016年から修復工事を行っていたという。

 また、早田はタイワンスギ(台湾杉、Taiwania)などの台湾植物の命名者であり、台湾総督府はその功績をたたえるため、1936年に[月昔]葉館前に記念碑を建立したそうだ。

 一方、フォーリー神父は1901年に訪台して植物採集を始め、1913年、植物採集中にヒルが体内に入り込んだことで1カ月後に68歳で亡くなったが、台湾滞在中の12年間に約1万種の標本を収集したという。

 前号でお伝えしたように、早田文蔵は東京帝大理科大学動植物学科時代の1900年に初めて台湾を訪れて台湾植物の研究に着手し、1905年、東京帝大助手をしながら台湾総督府の嘱託となって本格的に台湾産植物の分類を研究はじめたという。その後、19年間、台湾植物の研究と分類に従事して1,636種に及ぶ植物に命名、『台湾植物図譜』(10巻)を完成している。

 早田が研究を続けられたのはフォーリー神父の残した多くの文献資料があったからだという。そこで「早田氏は感謝の念を込めて当時の日本人たちから資金を募り、日本の彫刻家、渡辺長男(おさお)氏にFaurie神父の銅像制作を依頼してこれを建立した」(Taiwan Today)のだという。

 この銅像が建立されたのは1917年のことだったそうだ。しかも、フォーリー神父の銅像が復元されたのは、日本でフォーリー神父の銅像の型が発見されたことがきっかけだったという。発見された陰には、ある台湾の企業経営者の協力があったと伝えられている。

 今回のレリーフと銅像、そして[月昔]葉館の復元は、フォーリー神父という先駆者への早田の感謝の念と、台湾の人々の早田とフォーリー神父という恩人への感謝の念が顕現した奇跡だったのかもしれない。

 復元された銅像の除幕式に参列したフォーリー神父の曾孫は、神父の実家で当時書かれた多くの手紙を見つけたそうで「そこには日本と台湾の関係がつづられており、とても感動したという」と伝えている「Taiwan Today」の記事全文を下記にご紹介したい。

 また、9月30日の記念碑除幕式のYouTube動画もあったので、併せてご紹介したい。

◆20171002 台灣[月昔]葉館開幕 重視植物研究先驅紀念[2分6秒] https://www.youtube.com/watch?v=gv88JrbyQt4

◆台北植物園 台北市南海路53號(MRT:小南門駅の3番出口より博愛路を南へ3分) http://www.taipeinavi.com/miru/226/

—————————————————————————————–台湾の植物研究の先駆者2人に記念碑復元で敬意【Taiwan Today:2017年10月2日】http://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=151&post=122531

 行政院農業委員会(日本の農水省に相当)林業試験所が9月30日、台北植物園(台湾北部・台北市)内の腊葉館オープン、並びに台湾における植物研究に卓越した貢献を果たしたフランス人神父、Urbain Jean Faurie氏と日本の早田文蔵氏の記念碑復元のセレモニーである、「植物探検 百年の栄光−台北植物園[月昔]葉館及びFaurie、早田記念碑復元開幕式典」を行った。[月昔]葉館は日本占領時代に植物の標本の保存施設として建設された。このほど古跡の再生計画によって修復され、教育や科学研究のワークショップを行う場として生まれ変わった。「[月昔]葉」は押し葉のこと。

 Urbain Jean Faurie神父は台湾で数多くの植物採集と研究を行い、台湾における植物研究のため大きく貢献したが、不幸なことにハナビルヒルが体に入り込んだことで死去した。

 同じく植物学者の早田文蔵氏も台湾で植物研究に打ち込み、命名した台湾の植物は1,600種を超える。早田氏の研究が続けられたのはFaurie神父の残した多くの文献資料があったからだといい、早田氏は感謝の念を込めて当時の日本人たちから資金を募り、日本の彫刻家、渡辺長男(おさお)氏にFaurie神父の銅像制作を依頼してこれを建立した。また、早田氏を記念したレリーフは早田氏の死後、当時の総督府が設置したもので、[月昔]葉館の向かい側にあった。

 銅像とレリーフは第二次世界大戦末期に消失したが、このほどある台湾の企業経営者の協力により日本でFaurie神父の銅像の型が発見された。これをもとにこのほど新たな銅像が完成。また、早田文蔵氏については、米ハーバード大学で解像度の高い写真が見つかったことで、早田氏の顔が浮き彫りになった記念碑が出来上がった。

 セレモニーに参加したFaurie神父の曾孫は、「フランスの故郷の人々でも忘れているだろうこの神父を台湾の人々がまだ覚えているとは」と驚くと共に、「銅像が復元されたことで台湾の人々がこれまで以上に自らの曽祖父を忘れないだろうことに感動した。」と語った。銅像の復元にあたり、この曾孫はFaurie神父の実家で当時書かれた多くの手紙を見つけた。そこには日本と台湾の関係がつづられており、とても感動したという。

 面積8.2ヘクタールに及ぶ台北植物園には現在、1,200種を超える植物が保存されている。1924年に完成した[月昔]葉館は台湾初の植物標本館で、館内には早田文蔵氏が命名したタイワンスギ(台湾杉、Taiwania)など重要な標本も展示されている。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券お申し込み
https://goo.gl/pfgzB4

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , ,