にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

日本の高校生にも人気の台湾の魅力  黄 文雄(文明史家)

日本の高校生にも人気の台湾の魅力〜台湾の人気B級グルメを通して見る日台の絆 
【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」:2017年6月21日】

 今年、日本の高校生の修学旅行先ランキングで上位に入ったのは台湾でした。不動の人気を誇る
アメリカと肩を並べての人気ぶりに、私を含めた台湾関係者たちは喜びを隠せませんでした。

 では台湾のどこが高校生に人気なのか。人気要因は様々ありますが、若い子にとってはやはり台
湾のB級グルメが魅力的なのではないでしょうか。夕方から開かれる夜市にひしめく屋台料理です。

 日本には夜市という文化がありませんが、アジア諸国では日常的な風景です。フライドチキンや
海鮮料理などのがっつり系から、タピオカ飲料やかき氷などのデザート系まで様々な屋台が、狭い
路地にひしめきあっています。

 もちろん衣類やシューズなどのファッション系も揃っています。週末ともなれば大勢の人が集ま
るため、狭い路地は常に大渋滞しており、思うように歩けませんが、食べ物片手に左右に並ぶ屋台
を眺めながら人波に身をまかせて歩くのも、また夜市の楽しさなのです。

 そんな屋台料理の中には、日本統治時代の名残を感じさせるものがいくつかあります。まずは
「甜不辣」、つまり「てんぷら」です。台湾で言う「てんぷら」は、「さつまあげなどを煮たも
の」で、特性のミソダレをつけたりもしますが、味が染み込んでいてとてもおいしいさつま揚げで
す。今でも九州地方では、さつまあげのことを「てんぷら」と言いますが、日本統治時代になんら
かの理由で九州の方言が台湾に残ったのでしょう。

 台湾では「おにぎり」や「寿司」も普通に売っていますが、これらに使われている米も日本統治
時代と深い関係があります。日本統治時代、台湾総督府の技師及び大学教授として招聘された磯永
吉という人物は、当時、インディカ米が主流だった台湾で、日本米と同様の米を作ろうと研究を重
ねました。

 そして、ついに品種改良に成功しました。「蓬莱米」と命名されたこの米は、台湾の気候と風土
に合った育成方法で栽培され、その後の米の安定供給に大きく貢献したのです。磯永吉は、戦後も
台湾に残り、台湾の農作物の改良と安定供給に尽力し続けました。今では台湾の米の産地といえば
台東にある池上が有名です。

 台湾で刺し身を常食するようになったのも日本統治時代以後ですが、その際に必要なのがワサビ
です。台湾でワサビの栽培が始まったのは日本統治時代からです。阿里山の気候を利用して、宮城
県から持ち込まれたワサビから栽培が始まりました。

 栽培の担い手となったのは原住民です。戦中、戦後を通してずっと続けられてきた阿里山ワサビ
の栽培ですが、もともと国有林である場所での栽培であるということと、山林の荒廃を招くという
理由で、近年は栽培を禁止され、原住民は退去を迫られている状況です。

 紹興酒といえば中国ですが、台湾産の紹興酒も人気です。台湾屈指の紹興酒の名産地は南投県に
ある埔里という町です。日本統治時代、埔里の水がおいしいことに目をつけた民間酒造業者が1917
年、ここに酒造工場を建設したのです。そして日本時代は、天皇陛下御用達の日本酒を製造した
り、国宴で使用された「介寿紹興酒」などを製造していました。

 戦後も、紹興酒工場として生き残り、今では観光客向けの見学コースや紹興酒アイスなどを販売
する売店が揃う観光地として有名です。

 台湾を修学旅行で訪れる高校生も、グルメという分かりやすい視点で日台関係を知っていけば、
その興味は戦前、戦中、戦後の日台間に起こった数々のドラマにも必然的に広がっていき、日台の
絆はもとより、戦争という言葉が抱える重さやそれにまつわる様々な事象にまで目を向けることが
できるでしょう。

 若者たちにそうしたことを知ってもらうことは、戦後を生き抜いてきた我々の使命でもあります。

 訪台する観光客のトップも日本人です。一時、中国人がトップになったことがありましたが、
「一つの中国」を認めない蔡政権への見せしめとして、中国政府は台湾への観光を規制したため、
再び日本人が訪台観光客のトップとなりました。

 日本が台湾に及ぼす影響は、政治、文化、経済とあらゆる面で大きく、訪台した日本の高校生は
きっと楽しいことでしょう。特に夜市観光で見る屋台グルメや、デタラメな日本風の日本語が書か
れた看板、メニュー、衣類などは楽しいはずです。相互に影響を与えているのか、台湾の大学生が
選ぶ第二外国語は日本語が今でも根強い人気を得ています。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , ,