にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

日台の都市間提携が急増する理由

今年2月に開かれたある講演会で、来賓として登壇した台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表が日台の姉妹都市などの都市間提携は99件にものぼると披露した。参加者も一瞬「おおッ」とどよめくような雰囲気だった。

 ただ、本会の調査によれば、昨年12月6日の山形市と台南市による「友好交流促進協定」の締結で73件。この26件の開きはどういう理由なのか気になっていたが、昨日の毎日新聞の記事で判明した。

 毎日新聞の記事は「交流活気 国交なくとも、自治体の友好協定急増」という見出しの下に、東日本大震災後から日台の自治体間交流が活気づいていることを報ずる内容で、その見方に異論はない。

 東日本大震災への台湾からの義捐金総額については、ニッポン・ドットコム(nippon.com)編集部の高橋郁文(たかはし・いくとも)氏が台湾外交部発表資料を基に詳細な分析結果を発表し、その総額は253億円(1台湾元=約3.7円)だったことが明らかになっている。この破格の義捐金が日本人の心に深く台湾を刻み込んだ。それが、自治体交流や修学旅行の急増の大きな要因となっていることは、毎日新聞の伝える通りだ。

 ただ、もう一つの要因として考えられるのが、2012年12月からはじまった第2次安倍政権の長期かつ安定した政権運営ではないだろうか。台湾は「基本的な価値観を共有する重要なパートナーであり、大切な友人」と明言する安倍総理が率いる第2次安倍政権が発足してから昨年12月までの5年間で、日台の都市間提携は50件(本会調査)にも及んでいる。

 事実、第2次安倍政権前、2009年9月からはじまった民主党政権時代の3年間において、日台の都市間提携は6件(本会調査)にとどまっている。民主党政権時代は中国におもねるような姿勢が散見され、中国を刺激するなとばかりに台湾を冷遇したことがその要因だったと思われる。

 さて、本題に戻って、謝長廷代表が表明した日台の都市間提携数の99件と本会調査による73件の差であるが、その原因は都市間提携の内容、つまり基準にあるようだ。

 毎日新聞は「南部・高雄市も札幌市と観光交流の覚書を結んだ」と伝えている。調べてみると、これは昨年12月18日、札幌市経済観光局と高雄市観光局による「観光交流に関する覚書」のことだった。

 本会の調査は自治体同士の「覚書」締結もカウントしているが、観光局同士や、自治体同士であっても単一交流を目的にした提携、また姉妹都市等を結ぶ前段階の確認書締結の事例はカウントしていない。

 例えば、横浜市と台北市は2016年1月28日に「防災分野での協力覚書」を締結していたり、静岡県危機管理部と高雄市消防局が2017年10月19日に「防災に関する相互応援協定」を締結しているが、本会調査では日台の都市間提携としてカウントしていない。

 その象徴的な事例が、2011年9月20日の金沢市観光協会と台南市の台南市旅行商業同業公会による「友好交流協定」の締結だろう。

 金沢市は烏山頭ダムを造った八田與一技師の生まれ育った故郷であり、金沢市の山野之義市長は市議時代から何度も八田與一技師の墓前祭に出席している、いわば親台湾派ともいうべき市長だ。しかし、金沢市は中国の蘇州市とは姉妹都市協定、大連市とも友好交流都市協定を結んでいることから、市レベルではなく観光協会同士の協定としたことが明らかになっている。

 本会としては、これをしも日台の都市間提携としてカウントしていいのだろうかという疑問符がつく。だから、このようなケースをカウントしていない。ご理解のほどをお願いしたい。

————————————————————————————-交流活気 国交なくとも、自治体の友好協定急増 三村知事、来月訪問 経済・観光に期待/青森【毎日新聞:2018年4月25日】

 台北駐日経済文化代表処によると、日台の自治体同士の友好交流協定や姉妹都市締結などは11年までで20件だった。しかし震災を経た12年から急増し、今年1月には99件に達した。直近では17年12月に台湾南部・台南市が青森県や弘前市と友好交流の覚書を交わし、南部・高雄市も札幌市と観光交流の覚書を結んだ。

 代表処幹部は「東日本大震災で台湾から200億円超の支援が寄せられたことで、『台湾は親日だ』とのイメージが日本の自治体の間で強まったのが弾みになった」と分析する。

 震災が起きた11年に日台が結んだ航空路線の規制を原則撤廃する「オープンスカイ協定」も後押しした。国土交通省によると、11年から18年3月までに直行便の日本側の就航都市は10市から21市へ、旅客便数も週225便から同619便へとそれぞれ拡大した。富山、鹿児島など地方路線が増えたため、地方自治体は台湾からの観光誘致を競い、自治体間交流が加速した。

 青森県内では、県や弘前市、青森市など5自治体が台湾側と協定や覚書を結んでいる。17年に県内を訪れた外国人観光客のうち、国・地域別で延べ宿泊者数(従業員数10人以上の施設が対象)が最も多いのは台湾で、約7万8400人。こうした民間交流をさらに後押ししようと、三村申吾知事は5月に台湾を訪問する予定だ。

 また、16年に台湾の2自治体と協定を締結し、今年1月には吉村美栄子知事が訪台した山形県の担当者も「県内に宿泊する外国人客の半数近くが台湾から。親日的でこちらもPRしやすく、最大のお得意様になっている」と話す。

 日本からの特産品輸出も好調だ。農林水産省の統計(17年分)によると、日本から海外への農林水産品・食品輸出で台湾は中国(香港を含む)、米国に次いで3位の838億円。11年に比べ4割増えた。

 一方で、中国とのあつれきを避けるため、協定の多くは、経済や観光、文化などに対象を絞っている。03年には岡山市が台湾・新竹市と友好交流協定を結んだ際、友好都市の中国・洛陽市から交流凍結を通告されたという事例もあったからだ。

 昨年、台湾の2自治体と経済や観光に関する覚書を結んだ札幌市の担当者は「札幌市は中国の自治体とも交流がある。だから、中国と台湾のどちらの都市とも協定を結ぶ他の自治体に事情を聴いて、問題はないと確認してから台湾側との話を進めた」。政治的な要素は薄めながら、さらなる交流の深化を目指すことになりそうだ。

 国交のない日本と台湾で、近年、地方自治体同士の交流が活気づいている。経済や観光に関する友好交流協定などが急増し、日本の自治体トップが台湾を訪れるケースも目立っている。流れが変わったのは、東日本大震災で台湾から多くの支援が寄せられた2011年。親日的で地理的に近い台湾との交流は、観光客呼び込みや特産品輸出といった地域活性化につながるかもしれない−−。日本側には、そんな期待もあるようだ。【台北・福岡静哉】


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』*new
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,