放送法改正を求める全国街頭署名運動の呼びかけ [放送法改正推進本部]

国民の受信料で「JAPANデビュー」の如き歴史改竄に満ちた反日番組を制作、放送
し、国民の精神を蝕み、国家弱体化を進めるNHK。日本の公共放送局でありながらの日
本への背信行為は中国の影響を受けてのものだろうか。

 少なくとも「JAPANデビュー」は中国の意に沿うかのように、親日国家台湾を「反
日的な中国の一部地域」のような印象操作を行った。

 こうした放送局の反日暴走を阻止するには、国民による受信料の不払いが必要だ。送金
を禁じて北朝鮮へ制裁を加えるごとく。

 「協会(※NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とそ
の放送の受信についての契約をしなければならない」とするのが放送法第32条である。そ
こでそれを改正し、NHKとの受信契約を強制から任意の「自由契約」に改めることが鍵
となる。

 もしそれが達成されればNHKは、国民の意思に応えて反日体質を改善するか、あるい
は解体へと向かうことになるだろう。

 「JAPANデビュー」一つを見ても、「報道は事実をまげないですること」「できる
だけ多くの角度から論点を明らかにすること」と義務付けた放送法第3条にNHKは違反
しており、解体されてしかるべきだ。「毒餃子」は許されなくても、NHKの反日番組が
散布する「毒情報」は許されるということはないのである。

 そこでこのたび我々は放送法改正を通じ、NHKへの受信料不払いを合法化することを
訴える全国署名運動を開始した。

 今後は全国のあらゆる地域で街頭署名を行う所存につき、広く協力を呼びかけたい。

 平成21年6月3日

                日本李登輝友の会・放送法改正推進本部長 永山 英樹

■ご協力いただける方々へ

 ご希望の方には、街頭署名活動で用いる横断幕や幟(のぼり)などをお貸しします。ま
た活動の方法などをお伝えします。横断幕(60cm×3m)は横書きで、緑と赤と紺色を使
い≪放送法32条を改正しよう NHK受信料は「強制」から「自由契約」へ!!≫と染め抜
き、幟(60cm×1.5m)は縦書きで、緑と赤で「NHK受信料 放送法改正署名運動!」
と染め抜いているものです。

■放送法改正のオンライン署名にもご協力を【第1期:5月25日〜7月31日】
 http://www.shomei.tv/project-1096.html
 *6月4日9時現在署名数:1,237名


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , ,