にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

後出しの理由づけでゴネるのが中華の本質  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」第256号:2018年10月10日】http://www.mag2.com/m/0001617134.html

*読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付したことをお断りします。

◆これまで韓国の海軍観艦式で問題視されなかった旭日旗

 10月10日から済州島で「2018大韓民国海軍観艦式」が行われますが、招待された日本の自衛隊が韓国から旭日旗を掲げないように要請されたため、日本側は式典への出席を取りやめました。

 しかも韓国ではこの旭日旗問題が大きな騒ぎとなり、与党である「共に民主党」の李錫玄議員は、旭日旗をつけた船舶が韓国の領海を通過できなくする法案を国会に提出するに至りました。

 韓国において旭日旗は「戦犯旗」と呼ばれており、似たデザインの製品について、韓国人が世界中でクレームをつけていることはご存知のとおりです。ただ、朝日新聞については、韓国人からクレームを受けたということは聞いたことがありません。

 それはともかく、自衛隊は1998年、2008年にも韓国の海軍観艦式に参加していますが、そのときは韓国から旭日旗を問題視されたことはありませんでした。朝鮮日報は、日本の右傾化にともなって、2012年ごろから旭日旗が韓国国内で問題視されるようになったと解説しています。

 しかしその前に、2009〜2012年というのは民主党政権時代であり、2012年夏には韓国の李明博大統領が人気取りのために竹島に上陸したことで、日韓関係が極めて悪化しました。韓国政府は当時の野田首相からの親書も突き返すという非礼ぶりでした。

 これによって民主党政権の無能ぶりに対する国民の怒りは頂点に達し、2012年末の自民党政権返り咲きを招いたという一面もあります。中国も韓国もあまりに日本をなめてかかり、いざとなれば反日で人気取りすることを繰り返してきたため、日本人の怒りを買ってしまったわけです。

◆韓国が旭日旗を問題視するようになった発端は韓国サッカー選手のウソ

 それはともかく、韓国が旭日旗を問題視するようになったのは、よく指摘されるように、2011年1月のサッカーアジアカップの日韓戦において、奇誠庸という選手が日本人を侮辱するような猿のものまねをしたことがきっかけでした。

 他国民に対する明らかな侮辱ですから、この行為は国際問題にまで発展したわけですが、そのとき奇誠庸は、「観客席で旭日旗が振られているのを見て、私の胸に涙が出た」ために、猿真似をしたと言い訳したのです。

 ところが、実際には観客席で旭日旗が振られた事実はなく、奇誠庸はその後、「日本人に対して行ったものではなく、自分が在籍するスコットランドの所属チームで、相手サポーターから猿呼ばわりされており、そうした差別的なサポーターに向けて行った」など、発言を二転三転させました。

 要するに、「旭日旗が観客席で振られた」というのは、奇誠庸が言い訳のために利用した嘘だったわけですが、以後、韓国ではなぜか旭日旗を「戦犯旗」と呼んで問題視し始めたわけです。

 このように、後づけで理由をつくって、相手を批判したり自分の要求を通そうとするのは、大中華の中国、小中華の韓国の常套手段といっていいでしょう。

◆後づけの理由で権利を主張する中国と韓国

 中国は南シナ海や東シナ海を「漢の時代から自分たちが管理・支配していた」などといって、「絶対に譲れない核心利益」だとしています。台湾についても同様です。

 しかし、長らく海禁(海の鎖国)を敷いてきた中華王朝が、南シナ海、東シナ海を管理・支配していた歴史はありません。台湾にしても、歴代の中華王朝は「化外の地(文明の及ばない地)」として、忌避してきたのです。すべて後づけの理由で、権利を主張しているわけです。

 韓国も同様です。韓国といえば「ウリナラ起源説」を主張することで有名です。寿司も茶道も剣道も、なんでもかんでも韓国が起源、キリストや孔子も韓国人だと主張しています。

 ハングルを「世界一美しい文字」だと自慢していますが、これはモンゴル人のパスパ文字をパクったものです。

 その一方で、日韓慰安婦合意という国と国との約束ですら、「国民が納得していない」などという後づけの理由で拒否します。

 1965年の日韓基本条約では、日韓両国が互いに請求権を放棄しましたが、後づけで徴用工の強制連行をでっちあげて、日本企業に賠償を押し付けようとしています。

 大中華、小中華がこのように後づけで理由をでっち上げて自らの欲望を満たそうとするのは、中華思想が大いに関係しています。自分たちが世界の中心だと考えるのが中華思想です。だからルールはすべて自分たちがつくるのであって、他人がつくったルールは、たとえそれが国際条約だろうが破ってもかまわないと思っているのです。

 だから中国では諸外国と決めた約束を反故にする「革命外交」が繰り返されてきました。革命で前政権は打倒されたという理由で、これをなかったことにするわけです。

 韓国でも、前大統領のほとんどが逮捕されており、前政権を否定する一種の易姓革命が繰り返されているため、海外との約束が守られないのです。

◆中華思想に染まっているかぎり治らない自分勝手

 かつて明が滅び清が中華の地を支配するようになると、当時の李氏朝鮮の知識人は夷狄が中華の上に立つという「華夷変態」が起こったとして、明の属国であった自分たちこそ真の中華を受け継ぐ者であると自認するようになりました。

 そうした自惚れは近代においてもたびたび起こり、1997年のアジア通貨危機でIMFの管理下に入った後、サムスンのような世界企業が生まれると、韓国人は自らを「世界一頭がいい民族」だと自称するようになりました。

 その一方で中国も経済成長によって大国化すると、たちまち中華思想が増大し、国家レベルから民間レベルまで、世界各地でトラブルを起こすようになりました。

 とくに中国ではこれから、1979年からの一人っ子政策以後に生まれた世代が社会の中核となっていきます。この世代は「小皇帝」と呼ばれ、とにかく甘やかされて育ったため、中国国内でも「80後」世代として社会問題になっています。

 そんなわがまま放題で育った、しかも中華思想を持った中国人ですから、ますます世界中で問題を起こすことは目に見えています。

 一方、韓国人も中華思想に染まり、傲岸不遜な態度をとるため、海外では非常に評判がよくありません。フィリピンでは韓国人の殺人事件が頻発しています。

 とはいえ、韓国は実力的にどうにもならないことも多々あります。最近ではTHAAD(Terminal High Altitude Area Defense missile)配備で中国から嫌がらせを受け、日本との通貨スワップ交渉もうまくいっていません。いくら自分たちで「世界一頭がいい」と自惚れても、現実がついてこないため、火病になってしまうことも多いようです。

 いずれにせよ、大中華・小中華の自分勝手は、中華思想に染まっているかぎり、決して治ることがありません。「話し合えばわかる」などということはないのです。独善的な「正しい歴史認識」を押し付け、さらに大中華は諸民族を強制的に「中華民族」にしようとしています。

 日本人はそのことを肝に命じておく必要があります。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*現在、お申し込みの増加でパイナップルケーキの在庫がなくなっています。入荷は11月末を予定
 しています。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願いします。【2018年9月1日】

*マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , ,