にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

国際貿易港を造った川上浩二郎と松本虎太  古川 勝三(台湾研究家)

古川勝三(ふるかわ・かつみ)氏は、昨年11月から「nippon.comコラム」において「台湾を変えた日本人シリーズ」を連載している。第1回目に、「蓬莱米の父」として今でも台湾で尊敬されている磯永吉(いそ・えいきち)を取り上げて以来、下記の日本人を紹介してきている(古川氏の原文は、本誌バックナンバーからご確認を)。

 烏山頭ダムを造った八田與一をはじめ、台湾ではいまでも尊敬され慕われている日本人だが、日本ではほとんど知られていない人々が少なくない。

 今回、取り上げている基隆港を造った川上浩二郎と松本虎太も、土木界や港湾関係者ならいざ知らず、やはり日本ではほとんど知られていないといってよい。本来なら日本が誇ってもよい優秀な日本人を、台湾の人々が見出して顕彰しているのだ。

 日本人にまだまだ台湾の歴史が知られていない証左ともいえ、やはり台湾を通して見えてくる日本がある。

・第1回【2017年11月05日】蓬莱米をもたらし、「台湾農業の父」となった日本人・磯永吉 本誌11月7日号

・第2回【2017年11月26日】宜蘭を救った西郷隆盛の長男・西郷菊次郎 本誌11月27日号

・第3回【2018年01月14日】台湾原住民族研究の先駆者・鳥居龍蔵 本誌1月15日号

・第4回【2018年02月04日】台湾全島に電気をともした日本人・松木幹一郎 本誌2月5日号:

・第5回【2018年03月25日】台湾野球の礎を築いた日本人・近藤兵太郎 本誌3月25日号

・第6回【2018年05月13日】台湾の上下水道を整備した日本人・浜野弥四郎 本誌5月14日号

・第7回【2018年07月07日】国際貿易港を造った川上浩二郎と松本虎太 本誌7月10日号

————————————————————————————-国際貿易港を造った川上浩二郎と松本虎太  古川 勝三(台湾研究家)【nippon.com「台湾を変えた日本人シリーズ」:2018年7月7日】https://www.nippon.com/ja/column/g00546/

◆天然の良港に恵まれなかった台湾

 台湾の面積は九州とほぼ同じ大きさだと言われるが、入り江が少なく海岸線の長さは九州の3分の1程度である。したがって、天然の良港と呼べる場所は少ない。ただ、台南には台江と呼ばれる天然の入り江が存在した。大航海時代にやって来たオランダ人は、1625年に台南の湾の奥にプロビデンジャ城を、30年には湾の入り口にゼーランダ城をそれぞれ築き、台湾統治の拠点としている。その後、安平港が造られ、鄭成功の一族や清朝もこの港を利用しながら中心を台南に置いた。

 台湾島の中央には3000メートル級の高山が縦走しており、陸上交通はほとんど近代まで発達せず、代わりに人々の交流は、海上交通に頼っていた。ただ清朝末期に比較的発達していた基隆港や高雄港、淡水港などは、入港できる船はジャンクか小舟に過ぎなかった。

 冬期には、北東風や北からの季節風のため荒波が収まらず、多数の船が難破した。加えて、港内の水深は浅く、内港の半分は干潮時には露出してしまうほどで、岩礁も多いため船が少しでも大きいと利用できない状況だった。

 日本統治時代初期の基隆港は、沖縄、門司、長崎との間に2000トン級の定期航路が運航されていたが、港に着くとサンバン(木造の小型船)に乗り換えて上陸しなければならなかった。

 初代台湾総督の樺山資紀は、総督就任後、直ちに縦貫鉄道の建設と基隆築港を政府に願い出て認可されている。その点からも、いかに基隆築港が急務であったのかが分かる。第4代総督の児玉源太郎の時代にも基隆築港工事は4大事業の一つに組み込まれている。

 海に囲まれた台湾にとって港湾事業は極めて重要であり、台湾縦貫鉄道建設のための資材運搬にとっても、基隆と高雄の港湾を早急に近代化する必要性があった。その事業に多大の貢献を果たしたのが川上浩二郎とその後を継いだ松本虎太という二人の人物である。

◆基隆の難工事を完成させた川上浩二郎

 川上浩二郎は1873年6月8日、新潟県古志郡東谷村に生まれた。95年7月高学を卒業するとわが国における土木事業が急務であるとの考えから、東京帝大工科大学土木工学科に入学。98年7月に卒業後、直ちに農商務省の技手になり、翌年の7月には台湾総督府技師として台湾に渡った。その頃の台湾は、盗賊が横行し、風土病がはびこる「瘴癘(しょうれい)の地」と言われていた。そのような環境で99年には基隆築港第1期工事が4年計画で開始されていた。川上も1900年8月に基隆築港局技師兼台湾総督府技師として、基隆築港に取り組み、波浪から港を守る防波堤工事と港内の水深を整える浚渫(しゅんせつ)工事を主導した。01年12月26日には英国領インドやオランダ領ジャワ島、欧州港湾視察に2年間赴いて見識を深めている。

 基隆築港第2期工事は、06年から6カ年計画で開始された。この年、京都帝大を卒業したばかりの青年が基隆築港局工務課に技手として赴任してきた。川上の後継者となる松本虎太である。

 基隆の海底は軟弱な地質だったため、第2期工事は困難を極めた。09年10月に基隆築港局出張所所長専任になった川上は、海外諸港の岸壁工事の失敗例や困難工事を調べ上げ、参考にした。材料調達や岸壁の設計並びに工事の実施方法については厳密な試験を重ね、難工事を一つ一つ乗り越えた。その結果、770メートルの岸壁建設、港内の岩礁撤去、内港防波堤構築、倉庫の建設など大掛かりな工事を行い、6000トン級の船舶を同時に13隻係留できる港を12年に完成させ、第2期築港工事を竣工(しゅんこう)した。

 川上は、困難を極めた基隆築港とその時の心境を「基隆築港の地点は海がばかに深いのみか、潮の流れが急で自他ともに許す一流技術家の誰でもが処置なしの難工事でした。自分自身もいくどとなく失敗をくり返したが、この苦難にたえ、だれがどんな非難を浴びせようとも、これを完成させるのは自分以外には絶対にないという信念に燃えて、ついにこの工事を完成させた。だから人間はどんな苦境に立っても、断じて自信を失ってはならない」と郷里での講演で語っている。

 第2期工事が完了すると「基隆港の岸壁を論ず」という題の全5編の論文を書き上げ、東京帝大の工学博士号を取得している。基隆築港に大きな業績を残した川上は、16年10月2日、本人の希望により総督府を辞して帰国した。その後は、博多湾築港株式会社専務取締役に就任し、福岡筑豊線の敷設や博多港築港に従事し、33年3月29日に死去した。享年61歳であった。

 川上には、こんなエピソードが残っている。1920年頃、川上のおいが友人と台湾を旅行した際、おいであることを知った船長が、特別待遇で歓待し、食事は全てボーイが注文をとり、それを船室に運んでくるという待遇ぶりだったと言う。

◆巨大船舶が多数停泊できるように変えた松本虎太

 川上の後を引き継いだのが技師の松本である。松本は1879年10月17日に香川県綾歌郡陶村で生まれた。1903年に京都帝国大学土木科に入学し、06年に卒業すると直ちに台湾に渡り、基隆築港局工務課技手として川上の下で基隆築港に携わった。その後、台湾総督府工事部技師、土木部技師として活躍し基隆築港所所長に任命されると、第3期および第4期基隆築港工事の設計を行って、工事の監督・指導に携わった。

 所長になった松本は基隆港の当面の問題を解決するため大規模な拡張計画を立てた。まず取り組んだのが、岸壁裏にある石造倉庫の増築と、高雄から廻航して来た新竹号での浚渫工事だった。第4期工事は35年まで続けられるが、工事によって港湾区域内部にあった暗礁が取り除かれ、大型造船所と軍港区域、漁港区域が建設され、埠頭倉庫から港湾区域までの線路が整備された。 4期にわたる築港工事の結果として、その後の基隆港発展の基礎が固められたばかりか、70年代に基隆港を台湾トップの港湾にすることにつながった。基本計画では現在の岸壁を約700メートル伸ばし4000トン級の船舶4隻を同時に係留し、年間80万トンの石炭を積み込む設備を構築し、その奥には、3000トン級と1万トン級の修繕船渠(きょ)を置くことにした。

 さらに、560メートルの岸壁の水深を9〜10メートルとして6000トンから1万トンまでの船舶を係留し、最後の420メートルの岸壁の水深を11メートルにして1万5000トンまでの船舶が横着けできるようにした。この結果、3000トンから1万トン級の船舶を15隻、浮標にも同じ大きさの船舶を6隻係留し、合計21隻の船舶が安全に内港に停泊できる近代的な港湾設備が完成した。

◆米軍の爆撃で廃墟になるが、戦後に国際貿易港として復活

 その後、大阪港や門司港と基隆港を結ぶ航路が大阪商船や日本郵船によって運営され、8000トンから9000トン級の客船が往来するようにもなった。

 松本は基隆築港のめどが立つと、砂の堆積がひどく使用不能になっていた安平港と台南市内を結ぶ台南運河の設計と施工の指導監督を行うため台南に拠点を移し、1923年に着工し4年後に完成させた。また36年には台南の玄関口、安平港も整備し完成させている。翌年には基隆港を見下ろす旭が丘に顕彰館「松本虎太記念館」が建設されたが、戦後は放置され荒れた状態になっている。

 基隆には日本軍の基隆要塞があり、41年に第二次世界大戦が始まると、物資輸送や海軍基地として重要になった。このため、大戦末期には攻撃の矢面に立ち、米軍の爆撃の主要目標となった。港湾埠頭施設と停泊していた船舶は全て深刻な被害を受け、港湾区域は廃墟となった。

 日本人の多くはまず基隆港に上陸して台湾の大地に第一歩を記したが、戦後は上陸したその基隆港から引き揚げていった。松本は戦後も留用日本人として台湾に残り、台湾電力の維持のため顧問となって協力し、2年後の47年に基隆港から引き揚げ、59年80歳で生涯を終えた。川上、松本の両技師が造り上げた基隆港は、台湾における国際貿易港として今日も活況を呈している。

            ◇     ◇     ◇

古川 勝三(ふるかわ・かつみ)1944年、愛媛県宇和島市生まれ。中学校教諭として教職の道をあゆみ、1980年、文部省海外派遣教師として、台湾高雄日本人学校で3年間勤務。『台湾の歩んだ道−歴史と原住民族−』『台湾を愛した日本人─八田與一の生涯』『日本人に知ってほしい「台湾の歴史」』『台湾を愛した日本人2─KANO野球部名監督近藤兵太郎の生涯』などの著書がある。現在、日台友好のために全国で講演活動をするかたわら『台湾を愛した日本人3』で磯永吉について執筆している。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み【2018年5月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,