にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

台湾関係法の呪縛  アンディ・チャン

【AC通信(No.519 ):2014年11月22日】

 今年は台湾関係法の成立から35周年目である。1978年にジミー・カーターが国会を通さず一方的
に(Unilaterally)中国と国交を開始すると発表し、台湾は存在しなくなった(There is no more
Taiwan)と言ったため、国会は慌てて台湾関係法(Taiwan Relations Act: TRA)を制定(1979
年4月)し、1979年1月1日発効とした。この法律により米台関係が持続し、台湾の安全保障をする
に至ったのである。

 台湾関係法(TRA)の要点は三つある。(1)米国は中華民国と断交したが、台湾統治当局を
タイワンと呼び、経済、外交関係を続ける。(2)タイワンの主権、領土などの関係について現状
維持を保障し、台湾に危害が及ぶ時は米国が阻止する。安全保障のため台湾に武器を提供する。
(3)台湾問題は平和解決すべきである。

 この三つの条件で現状維持を35年続けてきたのは、A:中国の台湾併呑阻止、B:台湾独立に反
対、C:台湾防衛に武器提供、ということであった。しかし35年が経過して中国が強大になり、台
湾人民の独立意識が高まって国民党政権が「統治当局」を維持していくことにも疑問が出てきた。

 TRAを変更することは難しい。クリントンは中国訪問のあと中台関係を変える言動があったが
国会が阻止した。また、中国は馬英九と共に経済侵略で平和統一をする意図がある。台湾人は反統
一、反中国で、台湾意識が高まっている。

 TRAの修正は不可避である。中国の尖閣や南シナ海における覇権進出を防止するには第一防衛
線の中央にある台湾が最重要である。中国の進出を止める拠点は台湾である。台湾が中国に統一さ
れればアジアの平和は総崩れとなる。

 米国は「TRAの呪縛」にあって現状を変えることが出来ない。台湾人は独立願望が強いが米国
はTRAで反対している。中国の覇権進出を抑えるには台湾が必要だが米国は台湾に軍事基地を設
置できない。

●曖昧な台湾統治当局と正名制憲

 アメリカが中華民国と断交したあと、台湾と経済外交などの関係を維持するため、中華民国を
「台湾統治当局(The Governing Authority in Taiwan )」と呼んで外交関係を続けた。2000年の総
統選挙で陳水扁が当選して台湾人の総統が選出されると、アメリカは「四不一没有」の条件を陳総
統に押し付けた。つまり、台湾統治当局は中華民国で、国名変更をさせない、公民投票もやらな
い、などである。

 陳総統は第二回目の当選のあと、公民投票をやると言い出してアメリカは陳総統をトラブルメー
カーと呼ぶまでになった。アメリカは台湾独立や国名変更をすれば中国が武力行使をするかも知れ
ないと心配したのである。

 だが最近のヒマワリ革命や今回の市町村選挙で台湾意識が高揚し、台湾と中国は二つの違う国と
いう観念がアジア人の共通意識であることを無視するわけにいかない。

 今回の九合一選挙では国民党の敗退が顕著となり、台湾人民は中国と違うと主張しているので、
2016年には台湾人が総統になる可能性もある。2012年の選挙ではアメリカのダグラス・パールが非
公式に台湾を訪問して馬英九を支持した。台湾人はアメリカの選挙介入に強い怒りを発した。2016
年の選挙でアメリカが再び介入するのは難しいが、可能性はある。

 台湾人は選挙で政権を取り、国名変更と憲法改正、つまり正名制憲を行うつもりである。中国は
強硬に反対するだろうが、アメリカはこれまでのような介入は出来ないだろう。アメリカはアジア
回帰を唱えて中国を抑えているが、台湾人の独立意識を抑えるのは矛盾で逆効果である。

●現状維持は継続できない

 アメリカはTRAで現状維持をしてきたが、35年のあいだに中国は強大になり、馬英九は統一路
線を推進し、台湾人民は独立意識が高まっている。台湾のほかにも中国の覇権進出は明らかで、尖
閣諸島を防空識別圏に設定し、南シナ海の島々に建設を行っている。このような変化を無視して現
状維持を続けるのはアメリカに不利である。

 アメリカが台湾に現状維持を要求するより台湾当局と協定を結び、台湾に海軍基地と空軍基地を
設置するほうが中国を牽制する良策である。もちろん中国はこれに大反対するが、台湾を戦略的防
衛圏に組み込むことが最良の選択である。このような変化を可能にするにはTRA改定で呪縛を解
くべきである。

●武器提供と安全確保

 台湾人はTRAとはアメリカの国内法で、台湾の安全を守り、武器の提供を明記していると思っ
ているが、リチャード・ブッシュ元AIT長官によるとそうでもない。武器の選択はアメリカが決
める。安全保障にしてもどこまでやるかはアメリカが決める。

 アメリカは提供した武器がすぐに中国側に渡ることに大きな懸念を抱いている。例えばアメリカ
の提供したF15戦闘機が3機も中国側に逃亡したこともあった。ラファイエット事件ではフランス
から買った軍艦の武器一切を中国側に渡したため、フランスのTAVITACと呼ぶ監視システムが中国
のものとなった。台湾側がTAVITACを使えば情報はすべて中国側に知れるのでシステムが使えなく
なった。中国人は信用できない。

 これらの事件のあと、米国はイージス・システムを台湾に売却することを拒み、台湾の4隻の
イージス艦は租借と言う形で米国が操作し、イージス艦のマストには米国の旗を掲げている。

 台湾側は潜水艦の売却を要求しているがアメリカは潜水艦の機密が中国側に漏洩することを恐れ
て許可しない。

●TRAの改定と中華民国

 TRAは中華民国を温存して現状を維持し、台湾独立に反対する法律であった。このため中華民
国が経済合作で中国に接近してもアメリカは反対できない。腐敗した中華民国を温存して台湾独立
を抑えれば台湾という戦略的基地を使用できない。

 35年前の中国は脅威ではなかった。35年前の台湾は戦力があった。しかし35年後の現在では中国
が強大となり、台湾の戦力は形骸化して防衛力は殆どなく、米国がTRAに従って台湾を防衛するの
は難しくなった。

 これを改善するには米国が台湾人の政権を支持し、台湾を東亜防衛権の一環とし、台湾の防衛力
を増強すべきである。在台中国人が中国側に寝返ることを防ぐべきである。アメリカは台湾に台湾
人政権が出来てこそ東亜の平和が達成できると知るべきである。


【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●2014年・台湾ポンカンお申し込みフォーム【締切:12月5(金)】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

●台湾向け「りんご」お申し込みフォーム【締切:12月10日(水)】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)*new
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」*new
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

● 李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , ,