台湾美術の「恩人」石川欽一郎の絵が90年ぶりに「奇跡の発見」 野嶋 剛(ジャーナリスト)

【nippon.comコラム:2017年12月24日】https://www.nippon.com/ja/simpleview/?post_id=51465

◆台湾で開催中の「近代日本洋画展」で石川欽一郎の『河畔』が90年ぶりに登場

 優れた芸術品には生命が宿る、と言われる。このほど台湾で起きた日本人画家・石川欽一郎の『河畔』の「90年ぶり」という奇跡的な発見は、改めて「芸術品に宿る生命」の存在を信じさせるような出来事だった。台湾を深く愛し、台湾で多くの画家を育てた石川の遺作が、いま台北で開催中の「近代日本洋画大展」で、長い時空を超えて、われわれの眼前によみがえった。

 石川は1871年静岡県出身の西洋画家で、英国の水彩画を独学で学んだ。2度にわたって台湾で絵画を教え、台湾に西洋画を初めて紹介し、多くの弟子を育成したことで台湾美術への恩人とされている。

 蔡家丘「日本水彩畫與台灣日治時期水彩畫的興盛」や、nippon.comのコラムニスト、黒羽夏彦「李澤藩と石川欽一郎」によると、石川は旧幕臣の家に生まれ、もともと美術に関心はあったが、家計が苦しく、逓信省電信学校を経て大蔵省印刷局に入った。独学で水彩画を学び、英語が得意だったので、陸軍参謀本部の通訳官となって1907年に台湾へ赴任した。

 石川は1907〜16年の間に兼務の形で台北中学校や国語学校で美術を教えた。さらに1924〜32年には、台北師範学校(国語学校が前身、後の台北教育大学)で美術教師を務め、計17年間も台湾で過ごすことになる。

 この間に育てた弟子からは、倪蒋懐、黄土水、陳澄波、陳英聲、郭柏川、李梅樹、李澤藩、李石樵、藍蔭鼎など、後に台湾美術界で地位を築いた人材となった者は枚挙にいとまがない。石川は日本人と分け隔てなく台湾人と接したので、台湾人の生徒からは特に慕われた。教官に義務付けられていた官服は着用せず、背広にちょうネクタイというイギリス紳士風の姿も人気のあった理由らしい。

 石川の教えを受けた若者たちの中からは、日本に渡り、東京美術学校(現代の東京芸術大学)などでさらに高いレベルの教育を受け、日本の帝展などに入選して、一流の画家への道を登った者も少なくない。一方で、台湾人の教員養成を目的にした師範学校であったため、多くの台湾人の教え子が教師となり、石川から教わった西洋画をさらに台湾社会の末端にまで伝えていった。

◆戦後、絵画好きの医師が『河畔』を所蔵

 石川は台湾で最初の大規模な美術展で、1927年に最初に開かれた「台湾美術展覧会(台展)」の主要な担い手の一人として準備に奔走した。その際、自らも油絵で作品を出した。それが『河畔』である。水彩画を得意とした石川には珍しい油絵で、石川の作品で現存する油絵は極めて少ない。

 淡水河の夕暮れを描いた石川の『河畔』が美術史家の間でよく知られているのは、台展のカタログに載っていることに加えて、当時の台湾の日本語新聞「台湾日日新報」が展覧会前に石川を取材し、キャンパスに立てかけられている完成した『河畔』と一緒に映った石川の姿を報じたからである。

 『河畔』はその後、石川の帰国の際に日本に持ち帰っておらず、友人などに贈られたとみられるが、そのまま行方不明となってしまった。

 誰もが諦めかけていた中で、台北教育大学の美術館で現在行われている「近代日本近代洋画大展」の準備に奔走していた元台北故宮院長で美術館館長の林曼麗の元に1本の連絡が入った。旧知の画廊の経営者からだった。

「石川の『河畔』が見つかりましたよ」

 信じられないような知らせに、早速、林曼麗は、台北教育大学教授で『水彩.紫瀾.石川欽一郎』の著書でもある顏娟英を伴って、この画廊経営者に会いに行った。鑑定の結果は、間違いなく消えた『河畔』そのものだった。

 その後、判明した『河畔』の来歴は、こういうものだ。

 「河畔」は、日本敗戦と国民政府の台湾接収という激動期の台湾で、ガラクタ市に流れて、二束三文で売られていた。そのとき、台北在住の周という若い医師が、たまたま「河畔」を見つけて買い取った。絵が好きだった周医師は、石川というサインがあったので、石川の作品であることを分かって買ったようだ。購入後は、自らが経営する医院の壁に掛けて、仕事の合間に眺めては楽しんでいたという。周医師は、家族に対して「これは有名な日本人の画家の作品だ」と話していたという。

 周医師が亡くなったのが2005年。その後、医院は閉められていたが、周の娘がたまたま書店で顔教授の『水彩.紫瀾.石川欽一郎』を手に取ったところ、例の台湾日日新報の記事のコピーが載ったページが目に留まった。

 周の娘は、自分の家にある絵とよく似ていることから、知り合いの画廊に連絡を取り、林曼麗の所に知らせが届いたというわけだ。

 林曼麗にとっては、全てがあまりに「出来過ぎた偶然」であるように思えた。なぜなら、自分が先頭に立って3年前から進めてきた展覧会は「日本の近代絵画」をテーマにして、「官展」「在野」「水彩画」を3つの大きなセッションとしており、その「水彩画」パートの目玉として石川を含めた多くの明治時代の日本人画家の作品を集めようとしていたときだったからだ。

 水彩画は、世界の芸術の流れからすれば、決して洋画のように華やかなものとはいえない。しかし、日本や台湾のような島国の移ろいやすい微妙な四季の変化が豊かな風土の景色を描くには非常にフィットする画法である。

 林曼麗は感動を込めて、こう語る。

「水彩画は英国で発展したのですが、英国も島国であり、日本も台湾も島国で、島国の風景を描くことに向いています。石川とその教え子たちが残した台湾の景色を描いた水彩画は、今日に当時の台湾の様子を伝える良質な資料となっています。石川の展示を企画しているこのタイミングで、90年ぶりに作品が見つかるというのは、本当に奇跡的なことで、石川が魂を込めて描いた作品が、自ら望んでこの発見に導いてくれたとしか思えません」

 台湾の南国的にみずみずしい風景を描いた石川の水彩画は、枯淡な味わいに特徴を持つ伝統的な水墨画に馴染(なじ)んだ台湾の人々にとって新鮮だった。

◆「台湾愛」にあふれた数々の作品

 石川は、いつも教え子たちを、台湾の地方各地にスケッチに連れて行っていた。石川が感動を覚えて描こうとするのは、台湾の若者たちにとっては日常的にいつも見ているありふれた景色や建物だった。それを石川が「美しい」といって作品にしたことは、若者たちは大きな衝撃だったらしい。

 そのため、石川は、台湾において西洋美術の最初の普及者というだけでなく、台湾人に自分たちの暮らす土地の美しさへの自覚を促したとも評価されている。台湾アイデンティティーの萌芽(ほうが)がこの時期に石川によって美術界や教育界にもたらされたと見るのは、いささか飛躍し過ぎかもしれない。それでも、石川の描き出す美しい各地の水彩画は「台湾の価値」に対する外の目からの承認であり、励ましであったことは、容易に想像がつく。

 展示されている石川の水彩画をじっくり見た。よく知られた『台湾総督府』『次高山』『劍潭寺』『台灣基隆海岸』『台北松山米粉工廠』『景美』『台南後巷』など、台湾の名所や風景を、くまなく歩き、その繊細な水彩画として残している。石川の台湾への深い愛情と友情を感じないわけにはいかない。

 『河畔』は展示会場の中で、最も目立つ真ん中に飾られている。今、この作品は、周家からコレクターの手に渡っているため、この機会を逃せば、いつお目にかかれるか分からない。

 石川は、日本が台湾を失うのとほぼ同時に、この世を去った。まるで台湾に別れを告げるような死に方だった。しかし、石川が残した「台湾愛」に支えられた作品は、なお生命力を持って輝いている。そんな深い感動を与えてくれる展覧会は来年1月7日まで、国立台北教育大学北師美術館で開催されている。

 展示には、黒田清輝、藤島武二、清水登之、児島善三郎、梅原龍三郎など、日本の近代絵画の巨匠たちの作品もずらりとそろっている。日本と台湾の芸術の交流に関心がある方々には、ぜひとも足を運んでほしい。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券(1,200円)お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4
 *映画「台湾萬歳」公式サイト:http://taiwan-banzai.com/

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)*new
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,