にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

台湾少年工「2つの祖国」の物語  渡辺 利夫(拓殖大学学事顧問)

【産経新聞「正論」:2018年11月16日】

 この10月20日、神奈川県座間市の丹沢山系をはるかに仰ぐ芹沢公園の一隅に「台湾少年工顕彰碑」が建立、除幕された。碑には3首の和歌が刻まれ、その第2首は元台湾少年工の故人、洪坤山氏の歌、

 北に対(む)き年の初めの祈りなり   心の祖国に栄えあれかし

である。

 台湾少年工といっても、ほとんどの日本人には意味不明であろうが、戦前期の半世紀にわたり日本の統治下におかれてきた台湾について、現在の日本人に語り継がれてしかるべき一つの哀史が少年工の物語の中にはある。

◆8400人が日本に渡った

 昭和17年6月のミッドウェー海戦において日本は主力空母と搭載機の全てを喪失、戦況は米軍優位に転じた。19年7月にはサイパン島が占領され、以降、ここを基地とする米軍の本格的な日本本土攻撃が始まった。これに応じて日本は米軍機を迎撃する航空機製造を加速せざるを得なくなった。しかし、アジア全域に戦線を拡大していた日本は兵員の不足に悩まされ、航空機増産のために労働力を追加動員することは困難だった。

 ここで着目されたのが、日本の統治下で日本語による教育を受けて育った台湾の少年たちである。台湾総督府を経由し多くの少年工が海軍工廠技手養成所要員として募集された。15歳前後の少年たちが厳しい選抜試験に挑んで合格、神奈川県高座郡(現在の大和市、座間市など)に設置された高座海軍工廠にやってきた。

 徴用では全くない。募集であった。その条件は、旧制の国民学校尋常科を経て高等科に進みこれを卒業した者であれば工業学校卒業の資格を、中学校卒業者であれば高等工業学校卒業の資格を与え、将来は航空機技師になる道が開かれるというものだった。選抜された向学心の強い壮健な少年たちがここに集(つど)った。その数は、第1陣として18年5月に1800人、19年5月に第7陣2千人が到着するまで、総計8400人に及んだ。

◆過酷な労働環境で名機を生産

 高座での実地研修の後、高座を含め全国で7カ所、当時の日本で最大規模の航空機製造を担った群馬県太田の中島飛行機、名古屋の三菱重工業などで「零戦」「雷電」「紫電改」の生産に携わった。台湾少年工の存在なくして、記憶を今に留めるこれら名機の活躍はなかったのであろう。

 少年たちの労働環境は過酷であった。温かい台湾で生まれ育った彼らには冬の寒さが耐え難い。ヒビやアカギレの手は痛々しく、ノミやシラミに就寝を妨げられ、敗戦近い食糧難の時期、食べ盛りの少年たちは空腹を抱えての勤労であった。航空機の製造現場は米軍の本土攻撃の照準となり、19年12月には、三菱重工業名古屋製作所が徹底的な焼夷(しょうい)弾投下により壊滅して25人の少年工が死亡した。敗戦の直前、高座工廠が爆撃を受け空中爆雷により6人が死亡、犠牲となった少年工の総数は全国で52人と記録される。

 各地に派遣された少年工が高座海軍工廠に帰ってきた。だが敗戦により日本海軍は解体され、高座工廠も閉鎖されて少年たちは居場所を失ってしまった。そのうえ、彼らは日本国籍から中華民国籍への変更を余儀なくされ、いわゆる「第三国人」として滞在せざるを得なくなった。憤懣(ふんまん)は募る。しかし、少年工のリーダーは「台湾省民自治会」を結成して外務省や神奈川県庁の担当部局と折衝、わずかながらも退職金を手にして21年初以降、順次、台湾に帰還することができた。

◆顕彰碑に刻まれた永遠の友誼

 台湾で彼らを待っていたのは、今ひとたびの苦境であった。国民党による圧政である。日本時代の文物はことごとくが毀損(きそん)され、帰国した少年工が日本に赴いて航空機製造に関わっていたことなど口にすることさえはばかられた。国民党支配に抗する台湾人の反乱、2万8千人の無告の台湾の民が殺戮(さつりく)された1947年の二・二八事件を経て、その後、戒厳令が38年にわたり敷かれた。この間、少年工は自らの青少年時代の記憶を胸の底に秘め、居住まいの悪い思いに悩まされつづけた。

 台湾人の民主化要求に抗(あらが)えず、ついに戒厳令が解かれたのが1987年。ようやくにして少年工は「第二の祖国」のことを語り始め、この熱い思いに志ある日本人が応えて台湾高座会が結成され、平成5年の「留日(日本留学)50周年」を機に大和市への「里帰り」が実現した。

 台湾少年工顕彰碑は留日75周年を期して建てられ、90歳を前後するかつての少年工22人とその家族、日本人関係者が参列して執り行われた。碑はかつての高座海軍工廠の跡地、米軍による爆撃から身を守るために少年工が造成した地下壕の辺りを眼下にする場所に位置する。

 台湾少年工の秘史を記録に留め、台湾高座会と大和市との友誼のために尽力してきた石川公弘氏の歌も碑に刻まれている。

 八千の台湾少年雷電を   造りし歴史永遠に留めん

                                  (わたなべ としお)

              ◇     ◇     ◇

渡辺利夫 [わたなべ・としお] 昭和14年(1939年)、山梨県甲府市生まれ。同45年、慶應義塾大学経済学部を経て同大学院博士課程満期取得。経済学博士(同55年)。その後、筑波大学教授、東京工業大学教授、拓殖大学教授を歴任して同大学長、総長に就任。同27年12月、同大総長を退任し学事顧問に就任。同28年3月、日本李登輝友の会会長に就任。公益財団法人山梨総合研究所理事長、国家基本問題研究所理事、公益財団法人オイスカ会長。第27回正論大賞受賞。主な著書に『成長のアジア停滞のアジア』(吉野作造賞)『開発経済学』(大平正芳記念賞)『西太平洋の時代』(アジア・太平洋賞大賞)『神経症の時代─わが内なる森田正馬』(開高健賞正賞)『新脱亜論』『アジアを救った近代日本史講義』『国家覚醒―身捨つるほどの祖国はありや』『放哉と山頭火─死を生きる』『士魂 福澤諭吉の真実』『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』『死生観の時代─超高齢化社会をどう生きるか』など多数。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*新たに「台湾の高級調味料XO醤」をご案内しています。【2018年11月14日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,