にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

台湾・国立花蓮高級中学が和歌山県の熊野高校を訪問

日本から台湾への修学旅行が増えているのは上述したとおりだが、実は台湾から「教育旅行」で
日本を訪問するケースも多い。なんと台湾の高校の90%にも上るという。

 4月22日、国立花蓮高級中学が和歌山県の熊野高校を訪問して交流したことを地元紙が伝えてい
る。下記に紹介したい。


台湾の高校生が熊野高校を訪問
【紀伊民報:2014年4月23日】

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=272214
写真:ゲームで交流する熊野高校の生徒(右)と台湾の生徒=22日、和歌山県上富田町朝来で

 日本の高校に当たる台湾の学校の生徒が22日、熊野高校(和歌山県上富田町朝来)を訪れ、同校
の生徒と交流した。教育旅行で県内を訪れる海外の学校は増加傾向にあり、県はさらなる誘致に力
を入れていく。

 熊野高校を訪問したのは「国立花蓮高級中学」の生徒59人や教員ら。体育館であった歓迎式で
は、熊野の生徒が吹奏楽や空手道の演武を披露。台湾の生徒は歌とダンスで盛り上げた。

 「異文化探求」という熊野の選択授業では、両校の生徒でグループをつくり、ゲームを楽しん
だ。最初は緊張気味だった生徒もいたが、次第に打ち解け、笑顔で記念写真に納まる姿も見られた。

 熊野3年の安達康介君(18)は「会話は難しかったが、漢字と英単語でコミュニケーションは取
れたので仲良くなれた」、花蓮1年の李慈君(15)は「熊野の生徒は積極的に声を掛けてくれたの
で、温かさを感じたし、楽しかった」と感想を話した。

 台湾の一行は21日に来日した。白浜町日置で民泊を体験し、橋杭岩(串本町)や熊野那智大社
(那智勝浦町)を回るほか、大阪市や京都市も観光する。26日に帰国する。

 海外から県内への教育旅行が増えているのは、都市部にはない自然や地元住民らと触れ合う時間
が好まれていることなどが理由。県はセールス先でこうした点をPRしている。台湾の学校が特に
多いが、マレーシアやオーストラリアの学校が来県したこともある。花蓮のように、民泊を行程に
盛り込む学校も多い。

 ただ、県と同様に海外からの誘致に注力している他県の自治体もあり「競争は激しい」(担当
者)。県は今後、アジアだけでなく欧米諸国にも売り込みを掛けるとともに、要望を聞いたり細か
い情報を提供したりしていく。


【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。ただし、台湾産食品は5月から消費税対応価格となります。

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』 *new
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 *new
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産うなぎセット 5,250円(税・送料込)
・台湾飲茶6袋セット 4,200円(税・送料込)
・台湾産天然カラスミセット 4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・パイナップルケーキ 2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,