台湾・台北近郊に日本の神社の大鳥居があるって本当? 【レレレの台湾】

【台湾大好き!メルマガ「レレレの台湾」創刊2号:2017年9月18日】http://archives.mag2.com/0001680807/

 こんにちは、メルマガ発行人の小籠包(しょう・ろんぽう)です。

 台湾メルマガ創刊2号をお届けいたします。約2年半の間、台湾・台北市に住み、体験したアレコレや実際に口にしたグルメの数々、台湾で子育てしたこと、親切な台湾の人々との心温まるエピソードなど、これを読めば台湾に行きたくなる、最終的に住みたくなるメルマガを目指しています。どうぞ宜しくお願いします!

 読者も70人を突破し、ますます充実した内容でお届けいたします。

 今回も観光ガイドには決して載らないおもしろスポット、台湾で妊娠した妻と台湾人による心温まるエピソード、お役立ち情報など、内容満載でお届けいたします。お楽しみに!(小)

—————————————————————————————–■観光客には教えたくない、台湾の隠れスポット 第二回 旧汐止神社(忠順廟)—————————————————————————————–

 前回は、MRT板南線の永春駅近くにあるローカル市場「永春市場」をご紹介しましたが、今回は台北近郊の見てビックリなインスタ映えする隠れスポットをご紹介いたします!

 台北市内に住んでいたある日のこと。基隆行きの電車の車窓からボーッと外を眺めていたら、線路沿いに建つ、真っ赤な日本の大鳥居が見えたような気がしました。

 まさか、台湾に日本の神社があるわけないじゃないか!などと思いつつ、夢か現実か幻か確かめたくて、近くの駅で下車して見に行ってみることにしました。

 台湾鐵道(台鉄)の汐止駅から歩いて数分、大同路という広い通りを台北市内方面へ(南港駅方面へ)向かう途中、消防署の建物の隣にその真っ赤な大鳥居はありました。

 そう、ここは日本の統治時代に建てられた「汐止神社」という元神社の鳥居だったのです。

 台湾の街中に、こーんな大きな鳥居がそのまま残されているなんて……。

 私はあまりのことにビックリして、道路の反対側からしばらくその鳥居を眺めて、ボー然と立ち尽くしてしまいました。どれだけ驚いたかは、実物を見ればわかります。

↓(参考)Google Mapsストリートビューhttps://www.google.co.jp/maps/@25.0674113,121.6594404,3a,75y,341.09h,98.81t/data=!3m6!1e1!3m4!1sE4dxsGryENvnRNKk_WdVpQ!2e0!7i13312!8i6656

 ネットで調べて見ると、どうやらここは昭和10年(1935)に建てられた汐止神社という神社で、当時の灯籠(皇紀二千六百年記念の刻印あり)や狛犬も残されているのです。

 昭和12年に祭神として天照大神、大己貴命、倉稲魂命、明治天皇、北白川宮能久親王が祀られました。

 当時の拝殿・本殿の跡には、現在「汐止忠順廟」という道教の「廟(びょう)」が建っています。

 しかし、日本統治時代の神社跡がここまで残っていることに感動すら覚えました。

 これを見た当時、ちょっとホームシックになりました。なんせ日本人ですからね。

↓こちらの方が書かれたブログがとても詳しいですhttp://kichiboshi.seesaa.net/s/article/443478865.html

 しかし、南国の植物の間から顔を出す真っ赤な大鳥居。これだけで画になりますよねー。台湾旅行を予定している方は、ぜひ「旧汐止神社」の鳥居の写真を見せてみて、お友達やご家族を驚かせてみてくださいね。インスタ映えすること間違いなしです。

インスタグラム「汐止忠順廟」の検索結果はこちら!https://www.instagram.com/explore/locations/281945529/

忠順廟(旧汐止神社)台湾 新北市汐止區公園路10號台鉄「汐止駅」から徒歩5〜6分、大鳥居は大同路沿いにあるhttp://zhongshun.tw/01_01.html

—————————————————————————————–■台湾de子育て体験記 第三回 台湾で妊婦と電車に。優しさがスゴイよ—————————————————————————————–

 (前号からの続きです)妻が妊娠して食べられる物が限られてしまい、油の多い台湾では一苦労。

 そんな台湾生活でも唯一の救いだったのは、台湾の人々が妊婦に対して超優しいことでした。

 電車に乗ろうものなら、すぐに妊婦だと気付いて「ここ座んなよ」「いや、こっち座んなさい」と、乗客たちの席譲り合戦がはじまるのです。それだけではありません、すでに座っている人に向かって、「ほら、ここに妊婦がいるんだから、あんた立ちなさい!」と席を空けさせることはもう日常茶飯事。

 中には、わざわざ隣の車両からやってきて「こっちにの車両に座れる席があるわよ!」と、強引に腕を引っ張って座らせる人までいたのです。台湾人の方々は、妊婦と子供と老人に対して、もう「超」がつくほど優しいのでありました。

 そんな人々の支えもあって、夫婦崩壊の危機を乗り越え、無事に出産予定日2カ月前に日本へ帰国。

 生まれ故郷で里帰り出産する妻をなんとか送り届けることができました。ふぅ。

 その2ヶ月後、元気な男のを出産した妻は、予定よりも3ヶ月も早く台湾へ帰ってくることに。

 ここから超大変な台湾育児ライフが始まるとは、まだ誰も想像していなかったのです(石坂浩二の声で)。

(怒涛の台湾育児ライフは次号へつづく)

—————————————————————————————–■お役立ち台湾情報ピックアップ!—————————————————————————————–

 台湾旅行が好きという方なら一度は食べたことがある、鉄路便當こと「駅弁」。大きな鶏のモモ焼きや、排骨(骨つき豚バラ)などがデデーンと載った弁当は、なんだか懐かしさと温かみに溢れていますよね。ああ、たまに食べたくなるこの味。

 なんと、このお弁当を東京で食べることができるスポットがあるというのです。それがこちら。

● 台湾で超人気の御弁当です。台湾の駅弁が食べられる錦糸町「劉の店」 http://www.mag2.com/p/news/260924

 なんと、東京・錦糸町駅のすぐそばに、台湾の駅弁が食べられるお店があるんですね! まだ台湾で食べたことがない方、あの懐かしい味が恋しくなった方はぜひどうぞ。台湾で食べる前にその良さを知っておいてから本場の味をいただくのも一興ですよ!!

劉の店 東京都墨田区江東橋3-12-5 マスカットビル 1FTel: 03-5600-2118https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13022682/

—————————————————————————————–■編集後記—————————————————————————————–

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 このメルマガでは、台湾子育て生活のエピソードや、観光お役立ち情報、現地の台湾人、日本人による最新情報もお届けしたいと思っています。

 もちろんグルメに関しても、マニアックな店から有名店まで、有益な情報をお知らせします!

 そして、このメルマガは今号から毎月8の付く日に発行することになりました。つまり、8日、18日、28日に発行ってことです。月に3回はお送りしたいと思います。

 え、なぜ8が付く日かって? それは台湾では8の数字がラッキナンバーだからです。

 その理由などのご紹介は、またの機会に。読者の皆様のご多幸を心からお祈りいたします。

 それでは、次号もお楽しみに!! 再見!!(小)


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券お申し込み
https://goo.gl/pfgzB4

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,