にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

台湾の製造業が中国を撤退して米国へ

中国が台湾への様々な圧力を強化する中、台湾の製造業が「米中貿易戦争や人件費高騰で中国生産の優位が崩れると判断し、生産網の再編」先に米国を選び、米国の製造拠点を強化し、生産網を築く動きが広がってきたという。

 中国生産のコスト優位が薄れ、中国における製造業に未来はないと見限った形だ。台湾の専門家も「貿易戦争が激化すれば米生産移転はさらに加速する」と見ているという。

 蔡英文政権の新南向政策で中国からベトナムやミャンマーへ生産拠点を移している台湾企業も少なくなく、この新南向政策に乗らずに米国へという点は気になるものの、脱中国は台湾の生き延びる道だ。日本経済新聞の記事を下記にご紹介したい。

————————————————————————————-台湾製造業が米に生産網 貿易戦争で中国集中を転換【日本経済新聞:2018年8月6日】

 台湾の製造業に米国で生産網を築く動きが広がってきた。ファクトリーオートメーション(FA)機器大手の研華(アドバンテック)が米工場の増強を決め、液晶パネルやサーバーなどの工場の建設計画も相次ぐ。台湾勢は中国で集中生産し、最大市場の米国に供給するサプライチェーン(供給網)を築いてきた。米中貿易戦争や人件費高騰で中国生産の優位が崩れると判断し、生産網の再編に踏み込む。

 研華ナンバー2の何春盛執行董事が日本経済新聞記者と会い、「米製造拠点を強化し、売上高に占める米国比率を直近の27%から最大40%に高める」と語った。何氏は研華の共同創業者で、事業全体を統括している。

 鴻海(ホンハイ)精密工業など台湾勢は生産代行や部品供給で世界IT(情報技術)の「黒子役」を担う。工場内でロボットなど生産設備を連携させるネットワーク機器を供給する研華は、黒子をさらに陰から支える。台湾の製造業全体の動向に精通している。

 研華は中西部イリノイ州オタワのネットワーク機器工場を増強し、現地の需要増に対応する。「製造業は徐々に中国から離れていく」(何氏)と判断し、生産の大半を中国・台湾に集中してきた従来の体制を改める。理由は大きくふたつある。

 ひとつはトランプ米大統領の保護主義的な政策だ。オタワは米製造業の衰退を象徴する「ラストベルト」(さびた工業地帯)に位置する。「選挙に向けトランプ氏が重視する地域。政府の支援が生産網の構築を後押しする」(何氏)とみる。

 さらに、何氏は中国産の部材を使う製品は「今後制裁関税の対象になるかもしれない」とし、「米国生産でリスクを分散する」と述べた。

 もうひとつは中国生産のコスト優位が薄れていること。何氏は「米中の製造コストは人件費以外はほとんど変わらない。中国の人件費高騰と米の自動化の進歩で差はさらに縮まる」と指摘した。

 世界の製造業の潮流を先読みして動くのは台湾企業の身上だ。始まりは1960年代。南部の高雄などに輸出加工の特区を設置し、安価な労働力を武器に米電機大手などの工場を誘致。ラジオ、白黒テレビからパソコンなどに品目を広げ、「台湾の奇跡」と呼ばれる経済発展につなげた。

 成長に伴う人件費高騰に直面した80年代には、いち早く中国生産にシフト。日米欧が進出を本格化したのは2001年の中国の世界貿易機関(WTO)加盟以降だが、鴻海などは先んじて、米アップルのスマートフォン(スマホ)などを太平洋をまたいで低コストで生産できる体制を築いた。

 今回は米国シフトの流れが強まると判断している。受託生産大手の広達電脳(クアンタ)は20年ごろまでの3年間で、米国でのサーバーの生産能力を3倍に引き上げる計画。工場の大半を中国に構えるが、主要顧客の米グーグル、米フェイスブックが中国産を調達しにくくなる事態に備える。

 鴻海は100億ドル(1兆1千億円)を投じ、中西部ウィスコンシン州に液晶パネル・テレビ工場を建設する計画。さらに7月上旬には、郭台銘(テリー・ゴウ)董事長が米シリコンバレーで講演し、製造効率化に生かす人工知能(AI)の研究開発子会社を設立すると表明した。

 素材では、台湾塑膠工業(台湾プラスチック)グループが20年にも、南部ルイジアナ州で約94億ドルを投じ、エチレンプラントを着工。現地産のシェールガスを原料に、低コスト生産を目指す。

 台湾の経済部(経済省)によると、17年の台湾企業の対米投資(認可ベース)は前年比2.6倍の8億ドル強だった。絶対額は中国向けの約10分の1だが、「貿易戦争が激化すれば米生産移転はさらに加速する」(台湾経済研究院の邱達生研究員)との見方が広がる。

(台北=伊原健作)


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み【2018年5月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,