台湾の「中国政策」 アンディ・チャン

【AC通信(No.646):2017年6月14日】

 昨6月12日、パナマが突然中国と国交を樹立し同時に台湾と断交すると発表した。台湾では大騒
ぎになった。これで台湾と国交のある国は20カ国となった。

 蔡英文総統は国民に談話を発表したが、要点は以下の通り:

(1)台湾は常に中国に対し善意を表現してきたが中国は92共識を強要して両岸の関係が悪化した。
(2)台湾の国家の利益と経済に影響はない。
(3)台湾は長期的に国際関係で困難だった。今後も民主と自由を追求し国家の運命を把握してい
   くことに変わりはない。

 蔡英文政権が発足して以来、中国の「一つの中国」に対し蔡英文は現状維持を続けてきた。現状
維持はアメリカの要求である。台湾独立を推進せず、中国と経済関係を維持することが中国と台湾
はウインウインの関係だと言う。米中の武力衝突を避けて台湾の戦略的地位の重要性を維持するの
が目的である。

 一方、中国もアメリカとの武力衝突を避けたいが、台湾を併呑すれば太平洋に進出できる。だか
ら台湾と諸国の外交関係を断ち切って台湾を窮地に立たせる政策を取る。つまり、中国とパナマの
国交樹立は台湾への圧力だけでなく、アメリカに圧力を加えたのである。

 台湾は米中暗闘の中間で宙ぶらりん状態を維持する外はないのか。台湾が国として国際関係を増
進させるにはどうすればよいのか。

 台湾民進党はパナマ断交について中国に対し強い抗議の声明を準備したが、国民党は声明書に署
名することを拒否した。実は国民党の洪主席が数日後に中国を訪問し、海峡論壇にも参加するから
と言う。

 台湾国内では中国に対する意見が纏まっていない。

●米国と中国の「中国政策」

 中国とアメリカにはそれぞれ台湾問題に対する「チャイナポリシー」がある。中国側の主張はい
わゆる台湾三つのノー(台湾独立の不支持、二つの中国もしくは一中一台の不支持、台湾の国際組
織への加入の不支持)である。そして台湾が独立すれば武力攻撃をすると恫喝している。

 これに対し米国の台湾政策は2つ、「台湾関係法に拠る台湾の安全保障」と「台湾への6か条確
約」(Six Assurances)である。

1.台湾への武器提供に停止日限を付けない。
2.台湾と中華人民共和国間の仲裁をしない。
3.台湾に対し中台交渉に圧力を加えない。
4.米国の長期にわたる台湾の主権問題に変わりはない。
5.米国は「台湾関係法」の改訂をしない。
6.台湾への武器提供について北京と事前協商しない。

 つまり、中国と米国は違ったチャイナポリシーがあり、トランプは習近平との電話会談で「米国
はチャイナポリシーを守る」と答えたが、両国のポリシーは違ったものである。

●台湾の「中国政策」はない

 アメリカは台湾の安全を守ると言うが、台湾は自己防衛が出来るかどうかもわからない。台湾は
米中双方の間にいても、自国の立場を明らかにしない。国内でも台湾の中国政策が曖昧で、いろい
ろ違った主張があり意見が統一していない。台湾人は独立願望が強いがアメリカは支持しない、そ
して中国は武力で阻止すると言う。台湾は中華民国の国名を変更しない。公民投票に拠る正名制憲
は公民投票法案を通さなくてはならないが、法案はまだ提出さえしていない。

 台湾と中国の関係も曖昧で、「親中」、「和中」、「友中」のどれかもわからない。台湾は中国
に善意を示し中国は台湾に敵意しか示さない。中国は敵国であり友好国でもあるとは明らかな矛盾
である。

 このような矛盾は(1)国民党の勢力が今でもかなり強いことと、(2)蔡英文・民進党が台湾
独立を捨てて中華民国の体制を維持し二大政党政治を進めるからだ。だから国民党を潰して台湾人
の台湾国を建立することは出来なくなる。これも現状維持の一つであり、現状維持は阿片のように
台湾を廃人同様にしてしまう。

●アメリカは最新武器を提供できない

 アメリカは台湾への6か条確約があるから武器を提供すべきと言う。トランプ政権が発足したあ
と台湾はアメリカに対し最新武器の購買を何度も申し入れたと言う。台湾が欲しいのは潜水艦とF-
35戦闘機だが、アメリカは潜水艦を売らないので自己開発をすると決定した。F-35の購買について
は許可を出していない。

 アメリカが最新武器の提供を躊躇う理由は、台湾の立場が明確でないからである。中国は敵か友
かわからないのに武器を売って、それが中国の手に渡れば大変である。米中戦争になったら、台湾
は米国と共に戦うか、洞ヶ峠を決め込むか、中国側につくか、中国に寝返るか、内通するか。態度
がハッキリしなければ武器提供は出来ない。

 台湾は中国の一部ではない、「92共識」は認めない。台湾は台湾と呼ぶ国で、中華民国ではな
い。たとえ諸国と外交関係がなくなっても台湾の立場をハッキリと世界に発表すべきだ。

 台湾が中国を敵国と見なすなら、米国は友国と見なして最新武器を売る。台湾は早急に「台湾の
中国政策」を発表すべきである。台湾が自立するには「修身」「斉家」「治国」の前に「誠意」
「正心」を明らかにすべきである。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , ,