にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

台湾と日本が舞台の自転車ロードムービー日台合作映画『南風』公開中!

7月12日から「シネマート新宿」で、台湾と日本が舞台の自転車ロードムービー日台合作映画
『南風(なんぷう)』が公開されている。7月19日からは「横浜ニューテアトル」と「シネマート
心斎橋」、7月26日からは愛媛の「シネマサンシャイン大街道」と「千葉劇場」というように順次
公開される。萩生田監督へのインタビューを産経新聞が掲載しているので下記に紹介したい。

 ちなみに、この映画のエンディングに訪れるのが愛媛県のしまなみ海道。実は、今年の秋、台湾
の「日月譚(じつげつたん)自転車道」が姉妹提携する予定となっている。海外と国内の自転車道
と海外の自転車道の姉妹提携は初めてだという。映画『南風』がこの快挙をいっそう盛り上げてく
れることを期待したい。

◆映画『南風』公式サイト:http://www.nanpu-taiwan.com/


自転車の動きで表現した喜怒哀楽 日台合作映画『南風』萩生田宏治監督インタビュー
【産経新聞:2014年7月10日】

 『南風(なんぷう)』は、台湾と日本が舞台の自転車ロードムービーだ。なぜ自転車がテーマな
のか? その答えは、作品の随所に現れる軽快なリズム感、あるいはダイナミックな躍動感が物
語っている。(産経デジタル 日下紗代子)

◆自転車の動きが描く喜怒哀楽

 青く澄み切った海岸、美しい木々の木漏れ日、レンガ造りのノスタルジックな家々…台湾の変わ
り行く景色の中を、主人公達を乗せた自転車が時には穏やかに、また時には慌しく駆け抜けてい
く。坂を下り、橋を渡り、台湾最古の寺院を訪れたかと思うと、一転、活気あふれる市場に向か
い、大胆にカニを頬張る。

 「主人公の不安定な感情を、自転車を使って風景を変えて、動きの中で立体的に表現したかっ
た」

 メガホンをとった萩生田宏治監督(47)の狙いは、映像のすみずみにまで結実している。自転車
の走りに合わせて天候や場所、風景が変化する中で、若者たちの喜怒哀楽も揺れ動く。そのスピー
ドは速く、せわしく、なぜか心地よい。

 劇中に、印象的なシーンがある。モデルを夢見た台湾の少女トントンが乗る電車を、主人公の藍
子が必死になって自転車で追いかける。がむしゃらに自転車をこいで後を追う藍子の姿に、トント
ンの心は揺さぶられる−。作品のクライマックスも、自転車の動きが重要な役割を演じている。

 萩生田監督は、エンディングに訪れる愛媛県のしまなみ海道についても「橋から見える風景が全
部違う。島と海しかないんですけど、島の位置とかで表情がどんどん変わるんです」と熱く語っ
た。視覚への鋭敏な感性は、撮影のアングルや遠近感、雄大な風景を収めるカメラワークによっ
て、作品に現われている。何に対しても「面白い」と感じ、チャレンジを繰り返した千変万化な映
像作りは、監督自身の映画を作ることへのモチベーションの表れでもあるように感じた。

◆壁を乗り越えるための“旅”

 萩生田監督も学生時代、自転車乗りであり、よく自転車で旅に出たという。監督は当時を振り返
りつつ、「旅も映画も似ている」と語り始めた。

 「問題にぶつかったときには、自分が一つの殻に閉じ込もらないことが重要」

 そう考える萩生田監督は、「自分の価値が、いくつもある価値の一つであることを知る意味
で、“旅”することは大事なこと」と話す。

 劇中で、仕事も恋愛もうまくいかない藍子と、家族に反対されながらもモデルの夢に向かって猛
進するトントン。壁に突き当たり、乗り越えるために台湾を自転車で旅する二人の姿は、若かりし
頃の監督自身に重なる。

 「困難なとき、自分のなかに別の視点が生まれることで救われることがある。それが直接的な解
決にならなくても、ちょっと光がみえたりする。自転車の“旅”の物語を通して、お説教ではなく
そんなことを伝えていければ、と思って作品に取り組んだ」

◆理解し合うまでコミュニケーション

 日台合作として制作された本作品。12日間の短い撮影期間では、日本語と中国語の言葉の壁を乗
り越えることが最大の課題となり、出演者やスタッフが一丸となって取り組んだ。

 萩生田監督自身、台湾で仕事をするのは人生で二度目。自身の思いを伝えようと言葉を尽くして
何度も説明する中で、思いがけない発見があったという。

 「説明しなきゃいけない、ではなく、しゃべって理解してもらうことが、だんだん楽しくなって
いったんです」

 また、景色の変化にこだわって撮影に取り組んだ萩生田監督は、「その場その場のやり取りの中
で偶発的に生まれるものを作品に取り入れる。そうして仕上がっていく映画ってどんなふうになる
のか、まさにチャレンジでした」と振り返る。

 このため、日台のスタッフはアイディアを持ち寄り、互いに“意図”を理解し合うまでコミュニ
ケーションをとったという。そうした生身の熱さは、作品に奥行きと臨場感をもたらしている。

 「日本のスタッフは、効率的で、台本読みもしっかりしていて、あうんの呼吸で動いてくれるの
でやりやすい。しかし、反対に台湾のスタッフには、自分のやりたいことがその場その場で問わ
れ、心地よい緊張感があった。『説明に疲れたから勘弁してくれ』というのではなくて、むしろ力
をもらうような体験でした」

 日台合作という難しい作品作りに自然体で臨み、新たな作風に結実させた萩生田監督。言葉の壁
を乗り越えたが、今後は「歴史や文化など、根底で“通じ合えない困難”があるとき、人がどんな
リアクションをしていくかを描いてみたい」と更なる作品作りに思いを馳せた。

 『南風』は7月12日(土)にシネマート新宿(東京)で公開。その後、全国の映画館で順次公開
される。

■映画『南風(なんぷう)』
 出演: 黒川芽以、テレサ・チー、郭智博、コウ・ガ
 監督: 萩生田宏治
 脚本: 荻田美加、攝影師: 長田勇市JSC、音楽: 赤い靴、共同企画:(c)森
 永あい/白泉社(メロディ)
 公式サイト:http://www.nanpu-taiwan.com/


【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

※現在、パイナップルケーキは在庫切れです。7月上旬に入荷予定です。

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *new
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)*new
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,