にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

友愛グループのご紹介  張 文芳(友愛グループ代表幹事)

【『友愛』第14号(2014年12月20日刊)掲載】

張文芳:1929年生れ、台湾屏東東港人、翻訳通訳に従事、友愛会員

 友愛グループが設立される少し前のこと、川端康成遺品展の打ち合わせで台北を訪問中の川端未
亡人と北条誠氏の通訳をした「日本語専門家」の秘書が「あなた様」と訳すべきところを北条氏に
向かって「貴様は」と言ったとのこと、怒髪天を衝いた北条氏が、このときの無念さを陳絢暉兄弟
に語ったのです。

 陳氏兄弟は、この程度の日本語使いが公式通訳員であったり、日本語の教授として台湾で通用す
るとすれば、これは大変な事ではないかと思い、間もなく有志が集まって市内の喫茶店で月に一、
二度勉強会を持つようになったのが当会の始まりでした。

 これが「美しく正しい日本語を台湾に残そう」という文化運動に発展したのです。「友愛日本語
クラブ」という名称で、林松茂、陳燦暉、劉慕沙、陳宗顯、王得和、陳絢暉、洪祖恩等7人の発起
により1999年10月20日に設立、それが紆余曲折を経て99年から機関誌『友愛』を発行、組織名も今
の「友愛グループ」となりました。

 2014年で設立22年になりました。創立以来、陳絢暉氏が会長を務めていましたが、残念ながら陳
会長は2012年12月お亡くなりになりました。享年86歳。

 現在は運営委員会が友愛グループを運営しており、現在会員数は100名を越え、毎月第3土曜目に
月例会(勉強会)を開催しており、当グループの存在を聞き知り、日本人留学生や、在台日本人、
或いは訪台の日本人がオブザーバーとして月例会に参加されます。日本語によるスピーチ発表会も
常時行なっており、「懐かしい昔の歌」をみんなで楽しんでいます。

 幾度か日本の新聞社が友愛グループの活動を報道、NHKにもドキュメントとして報道されまし
た。

 当グループでは機関誌として『友愛』を年間に1冊、1999年から今年に第14号までを発行しまし
た。いずれも会員の投稿作品です。

 第5号からは毎月の勉強会の教材と解答を掲載、現在に至ります。素人編集なので、見栄えは今
一ですが、日本語族が書いた戦前、戦後の貴重な体験談が、多くの日本人の興味を引いておりま
す。一昨年から日本李登輝友の会でも日本国内で販売を始めました。

 創立当時の会員記録が残されていませんが、7年後、当グループが1999年12月に発行の機関誌
『友愛』復刊第1号の巻末に掲載されている基本会員は66名、内日本人会員が5名でしたが、2013年
12月末現在、会員数は当時の約2倍の137名、その内日本人が37名、最年少者25歳、最高年齢96歳、
平均年齢が76歳の構成となっています。『友愛』復刊第1号に掲載の会員で、現存の会員は僅か12
名です。

 海外の外国人が主体になって「日本語を生涯学習」している当会の活動を目の当たりにした日本
人は喜ばしい気分になるのは人情の常でしょう。それが在台日本人、乃至日本在住の湾生が入会す
る切っ掛けになったのでしょう。

 当初は戦前生れの所謂日本語族が主体に、台湾社会に出廻っている日本語の看板表記、ホテルの
日本ご案内、観光案内や商品に記載された日本語の誤りを正したり、若者たちが話す日本語の誤り
を是正したりして、毎月の日本語勉強会を生涯学習、研鑚に励むことを主体に活動を行ない、台日
交流を推し広めるといった考えなどはありませんでした。

 会員数が増えるに伴い、友愛グループの知名度が高まり、当会に興味を抱く在台の日本人又は日
本から訪台した機会に当会の月例会にオブザーバーとして参加された人数は、2006年から2013年の
8年間で約800名、毎年百名近く、その9割方は日本人です。

 日本の学校関係との交流も盛んです。

 中央大学経済学部・中川洋一郎教授が台湾を研究される過程において熟考された結果「台湾を知
るためには、先ず台湾へ行こう。しかし、行くなら若い日本人を一緒に連れて行こう。彼らこそが
これからの日台関係を担っていくのだから」と考えて、ゼミによる台湾合宿を思い立たれました。

 『芝山巌事件の真相─日台を結ぶ子弟の絆』の著者篠原正巳氏のご紹介で2001年11月に中川教授
のゼミ学生たちと友愛グループとの懇談会が実現、祖父母年配の会員から、戦前の日本統治と戦後
の国民党統治について親しく説明を受けてその上で「日本は良い国だ。日本に生まれた幸せを感じ
なさい」などと叱咤激励されると、日本人は、日本と日本の歴史について、目から鱗が落ちる経験
をしました、と中川教授は当会との懇談会を述懐しておられます。あれから台湾ゼミ合宿は昨年ま
でには8回を重ねました。

 日本工業新聞社、産経新聞社主催の「日台文化交流青少年スカラシップ」訪台研修旅行団(大学
生・高校生・中学生の合同チーム)との交流が2004年3月下旬から6日間行なわれた際、4日目には
友愛グループの会員と一対一での懇談会が行なわれ、2013年までに10回も続き、今後も続くでしょ
う。

 2012年には東京麻布高校、中央大学付属中央大学横浜山手高校はいずれも90名近く、広島県立加
計高校は約30名の修学旅行団の生徒・先生方と交流懇談を行ないました。

 2013年2月末、日本の東海大学・羽生浩一助教授引率の文学部広報メディア学科の学生7名と交流
懇親を行ないました。

 日本の一般社会団体との交流もかなり行ないました。

 2013年6月28日には京都青年会議所の108名の若き社会人メンバーの方々。8月22日には日本李登
輝友の会青年部15名の方々。そして10月20日には沖縄訪台団16名方々ともそれぞれ交流懇談を行な
い、日本の若人たちに、台湾に対する認識を新たにして頂けたものと思います。

 友愛グループ発足当時の趣旨からは想定外の台日民間草の根交流への発展となり、やがて消えゆ
く私たち日本語族もこのような形で台日交流に役立っていることを喜ばしく感じている今日この頃
でございます。

 本文は台湾日本人会の会報『さんご』2014年3月号(第570号)に掲載されたものを再編集しまし
た。


【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』 *new
・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,