にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

中国政府の政治利用が問題視される国際刑事機構の総裁は中国出身者

5月21日からスイスのジュネーブで開催される世界保健機関(WHO)の年次総会(WHA)に、台湾は昨年に続いて参加できないことが明らかになった。

 米国在台協会が「米国は台湾がオブザーバーとしてWHO総会に出席することを強く支持する」と表明し、また、EUなども明確な支持を表明、日本政府も間接的ではあるが参加を支持し、超党派の国会議員でつくる日華議員懇談会(古屋圭司会長)も3月に台湾のWHAへのオブザーバー参加支持を決議した。

 しかし、産経新聞は世界保健機関の「マーガレット・チャン(陳馮富珍)事務局長が中国政府の影響を受ける香港出身だったことが障害とみられていた。だが、昨年7月にエチオピアのテドロス元保健相に交代しても状況は変わっていない」と伝える。

 中国政府は「民進党当局は『一つの中国』原則を認めていない。台湾地区が招待されないのは完全に民進党当局に責任がある」と表明し、台湾の外交部が批判しているように「WHO事務局が05年に中国と台湾の会合参加の『拒否権』を与える秘密合意を結んだ」という裏事情があるのかもしれない。

 台湾が世界保健機関やその年次総会をはじめ国際民間航空機関(ICAO)などの国際組織にオブザーバーでも参加できないのは、やはり中国の圧力があると考えるのが自然だろう。

 台湾は2016年、世界192ヵ国が参加しているという国際刑事機構(インターポール)総会へのオブザーバー参加を申請したが認められなかった。当時の日本経済新聞は「中国が圧力をかけているとの見方が出ている」と報じた。

 下記に紹介する「大紀元」紙は、中国が「妨害し、出席を阻んだ」と報じている。また、国際刑事機構が発行する国際指名手配リスト入りを意味する「赤い通知」は加盟国が発行を申請するというが、国際刑事機構は「通知」の発給条件を明確にしておらず、米国議会では「インターポール総裁である中国公安副部長・孟宏偉氏が、中国の都合に合わせて『赤い通知』を発行しているのではないか」と、その中立性が問題視されているとも伝えている。この中国の「長い腕」は国連にも及んでいるとも伝え、その事実を示している。

————————————————————————————-中国「長い腕」 – 中国高官が総裁のインターポール「共産党に操られている」=米VOA【大紀元:2018年5月8日】

 中国共産党政府の公安副部長を総裁に構える、国際刑事機構(インターポール)は世界190カ国が参加する国際組織で、国連に次ぐ規模だ。しかし、中国共産党に政治利用されているのではないかとの批判が起きている。

◆家族を脅し指名手配者をゆさぶる

 このたび、国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチ(HRW)は、国際刑事機構(インターポール)から国際指名手配された、在米および在カナダ中国系居住者に聞き取り調査を行った。中国に住む容疑者の家族は、当局により家財没収や恫喝など、強い圧力を受けているという。

 「警察が週に2回、中国の自宅に来ていた。まるで暴漢のような態度で、私の妻を脅した。言うことを聞かなければ、牢屋に入れると。妻は毎回、泣きながら電話で、早く中国に戻ってきて欲しい、と」

「警察は地方政府や公安機関と連携して、何度も私の兄弟姉妹を呼び出した…今日は私の姉妹、明日は兄、姪っ子…家族を脅し続けた」

「妻と子、ほかの親戚は、財産を没収された。彼らは現在ホームレスだ。息子は学校にも行けなくなった」

 インターポールは、世界各国の警察組織が国際犯罪容疑者を逮捕するため、情報提供などで捜査を連携できる国際機関。

 インターポールの国際指名手配リスト入りを意味する「赤い通知」は、加盟国が発行を申請する。発行されれば、インターポールは国外逃亡する容疑者の情報を各国の警察組織と情報を共有し、帰国・逮捕に向けて働きかけることができる。

 しかし、これは逮捕令状ではなく、法的効力はない。関係国が犯罪者引き渡し条約を結ばず、国内法に違反していなければ、普通に生活することができる。

 インターポールの総裁は、加盟国の警察機関高官が就任する。2016年、中国の公安部次長・孟宏偉氏が就き、2017年9月には北京で総会が開かれた。

◆人権団体とアメリカの政界の懸念

 冒頭の告白のように、インターポールは政治利用されているとの批判が起きている。4月下旬、この問題は米議会でも議題に挙がった。

 4月26日、党派を超えた米上院7議員が連名文書で、司法省に対して、中国当局が容疑者の家族に嫌がらせや非人道的な行為で、容疑者逮捕に向け圧力をかけていないかを調査するよう求めた。

 国際刑事機構憲章第3条では、同組織が政治的な介入や活動を行うことを禁止している。

 7議員はまた、現在のインターポール総裁である中国公安副部長・孟宏偉氏が、中国の都合に合わせて「赤い通知」を発行しているのではないか、組織の中立性を調べるよう申し出ている。

 中国は、孟宏偉氏が就任した2016年、台湾がインターポール総会にオブザーバーで参加することを妨害し、出席を阻んだ。また、中国共産党政権の内情の暴露を続けている、米国に事実上亡命した政商・郭文貴氏にも、「赤い通知」が出ており、政治利用だとの批判を集めた。

◆中国共産党ルールが米国に浸透

 米国に亡命したベテランの中国民主化活動家・魏京生氏は、米政府系ボイスオブアメリカ(VOA)に対して「インターポールは何年にもわたり中国共産党により操られている。共産党は多額の資金を提供しており、総裁も中国から選出した」と語った。

 魏京生氏は、インターポールを批判する著名人の一人。フランスのリヨンにある本部に赴き抗議したり、記者会見や講演を行って、中国共産党の政治利用について働きかけた。これに応じて、インターポールは2018年2月、指名手配リストに載った複数人の名前を削除した。これに中国政府は強い不満を示した。

 魏氏によると、多くの国外の民主活動家、チベット、ウイグルの知人は、インターポールから国際指名手配されたことで、中国国内の家族が当局により嫌がらせを受けたという。また「容疑者」として扱われるため、海外にいても出入国や国際イベントでは警察に呼び止められ、暮らしを制限されている。

 ニューヨーク在住の高光俊・弁護士は、インターポール指名手配の関連弁護を担ってきた。高弁護士によると、2015年から2016年前半まで、中国政府は数十人の当局者を訪米させてFBIに働きかけ、インターポールの指名手配犯の帰国と逮捕の協力を求めたという。

 英国の非政府組織「公平審判」の上級顧問は、組織が指名手配者の基本的人権を侵してはならないとし「もっと問題であることは加盟国190カ国がその共犯になりかねないことだ」と指摘した。

 「公平審判」の働きかけにより、ウイグルの人権活動家の「赤い通知」は取り下げられた。中国政府はこの人物を「危険分子」と名指していた。

◆中国共産党「長い腕」国連まで取り込む

 中国の公安部次長・孟宏偉氏をトップに据えるインターポールは、いまだに「通知」の発給条件を明確にしていない。

 HRWの中国地区代表ソフィー・リチャードソン氏は、インターポールの「悪名高き不明瞭さ」を批判した。HRWが2018年1月に発表した報告書によると、中国の「赤い通知」発行の要求件数と、その要求に応じた国際指名手配の数は明かされていないという。

 先ほど紹介した、魏京生氏にも「赤い通知」が届いている。「誰がインターポールの指名手配者リストに載っているのか、どうして載ったのか、知ることはできない」「中国共産党の恐怖政治が、西側の自由な国へ拡大している」

 HRWのリチャードソン氏は、中国の影響力は国連にも及んでいると指摘する。中国の国連職員は中国の人権問題が批判されないよう、水面下で国連人権委員会の専門家に働きかけているという。同氏は一年をかけて、中国職員の動きを記録している。「国連の目的は人権保護にあるが、今はほとんど機能していない」

 一方、孟宏偉氏について失脚の噂が出ている。4月11日、公安部次長である同氏は同部の党委員会から除名された。昨年12月、同氏が兼任する国家海洋局副局長、海警局局長の職も解かれた。

 同氏のインターポール総裁の任期は2020年までである。

                                 (翻訳編集・佐渡道世)


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』*new
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,