中国の裏介入が噂される2020年の台湾総統選、その帰趨は?  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」第218号:2018年1月16日号】http://www.mag2.com/m/0001617134.html

*読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付したことをお断りします。

◆中国共産党の蔡英文と民進党の追い落とし計画

 オーストラリアに亡命した中国人作家で民主活動家の袁紅冰は1月14日、台北での自身の著作の発表会で、2020年、次の台湾総統選挙において、中国共産党の台湾工作弁公室が、台北市長の柯文哲と、シャープを買収したことで日本でも有名となった鴻海(ホンハイ)会長、郭台銘を立候補させ、蔡英文と民進党を追い落とす計画をしていると述べました。

 台湾では各メディアがこれを取り上げました。たしかに、2020年の台湾総統選挙については、蔡英文の対抗候補として、中国人の間では以前から柯文哲市長の名前がよく出てきました。また、アメリカでトランプ大統領が当選してからは、商人出身の郭台銘の名前も、台湾のメディアでよく取り上げられてきました。

 2人の名前は結構以前から取り沙汰されており、日本のメディアでも、昨年1月には産経新聞が郭台銘の出馬の可能性について取り上げています。袁紅冰は今回、その背後に中国共産党の工作活動がある、と警告したわけです。ただ、状況は変化しています。

 袁氏とは台北で2度ほど会ったことがあります。自称・内モンゴルの出身であり、北京中南海のことをはじめ、中国事情には詳しいですが、本人は台湾に住んでいませんので、台湾情報についてはたいていネットやメディアのウケウリのことも多く、彼の予想とニュース・ソースについては、どこまで信頼できるかはわかりませんが、私は「そういう予想もある」くらいに理解しています。

 とはいえ、たしかに、台北市長選で「政治素人」を掲げて当選した柯文哲は最近、上海市との交流で訪中し、「中国と台湾は運命共同体」などと発言、対中接近しすぎている姿勢が目立っています。

 また、郭台銘は外省人の出身であり、本質的に中国人です。鴻海は広東省の深圳に最大の工場を持っていましたが、昨年には広州市と共同で1兆円もの投資を行い、テレビ液晶の工場を同市に建設することを決定しています。中国政府と深くつながっていることは言うまでもありません。国民党が2020年の総統選への出馬を打診したという噂もあります。

 中国は、蔡英文政権をあの手この手で潰そうとしています。そのため、上記の2人を推して、2020年の総統選挙に蔡英文の対立候補として立候補を仕向けるという可能性も否定できません。

◆総統選挙の2020年は中国の台湾への武力侵攻の準備が整う年

 2020年は、中国が台湾への武力侵攻の準備が整う年だとされています。台湾白書をはじめ、アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049研究所」の研究員、イアン・イーストンも同様の分析をしています。

 その年に、台湾では総統選挙があるわけです。中国は現在、「92共識」(中国共産党と台湾の国民党が、1992年に「一つの中国」を互いに確認したとされる合意。だが、李登輝などをはじめ、当時の政府責任者はいずれもその存在を否定している)を認めるように、蔡英文に圧力をかけていますが、蔡英文は認めていません。

 そのため、2020年の総統選挙では、中国はさまざまな手を使って、蔡英文と民進党を追い落とそうとしてくることは確実です。2004年の民進党政権時、陳水扁の2期目の総統選の際に、陳水扁と呂秀蓮の正副総統候補が暴漢に狙撃されるという事件がありました。後に実行犯は死体で発見されるなど、事件については解明されていません。

 それはともかく、柯文哲については、最近ではその言動で批判が続出、人気が急落しています。郭台銘は、目下、パフォーマンスの舞台があまりなく、動静不明です。チャイナマフィアとの関係も深いので、現在はなかなか動けないのではないかと推測されます。

◆蔡英文を上回るほどの頼清徳人気

 現在、台湾で人気急上昇なのが、前台南市長で、現在は行政院長(首相)の頼清徳です。彼は、昨年9月、辞任した林全首相の後任として任命されました。

 蔡英文は、発足直後、外省人2世の林全を行政院長(首相)に指名して組閣しましたが、これが支持率急落の原因のひとつとなりました。

 林全は高雄市左営区海軍眷村という、国共内戦で敗れて台湾に逃れてきた国民党軍の下級軍人たちが住む村の出身で、アメリカのイリノイ大学に留学経験を持ち、2000年の陳水扁政権の誕生に伴い政界入りした人物です。

 蔡とは私的交際もあると伝えられ、台湾人にとって、彼が行政院長に選ばれたことは、日本でいえば「お友だち内閣」のような評価でした。

 蔡は「改革」を掲げて政権をスタートさせましたが、林全内閣はやることなすことがすべてウラ目に出て、蔡英文の人気は急落。支持率は3割前後までに落ち込んだのです。

 私が台湾で会った政治通は、総統1年目であれほどの人気急落は未曽有のことだと述べ、国民党政権が復活するのではないかと憂いている者も少なくないと語っていました。

 林全内閣およびその支持者は「老男藍」ばかりだと評されました。「老」とは老人、「男」は男子ばかり、「藍」とは国民党のことです。林全内閣には女性が男性の10分の1の4人しかおらず、しかも古くからの国民党系の人物が閣僚として登用されていました。

 これに対し、改革を求めていた台湾人からは、「台湾人を主流とする政権ではない。国民党政権時代とほとんど変わってはいないではないか。いったい何をするつもりだ」という不満と批判の声が噴出したのです。

 そのため林全は1年あまりで行政院長を辞任し、後任として前台南市長の頼清徳が任命されたわけです。

 頼は医師出身で、2010年に台南市長になってから、業績も人気もトップ独走、蔡英文の次の総統候補として有力視されてきました。ハンサムで民進党のホープとして期待されています。

 また、明確な台湾独立派であり、日本と台湾の緊密な関係構築の必要性を説き、八田與一の銅像の頭部が切断された事件では、真っ先に非難の声を上げました。熊本地震では、1カ月分の給料を寄付しています。一方で、台南市から蒋介石像の撤去も行っています。蔡英文は、その彼を行政院長に指名したのです。

 頼内閣の人気ぶりは予想以上で、蔡英文の支持率は徐々に回復しましたが、頼清徳の人気が蔡英文を上回る気配もあり、今後の展開について台湾では語られはじめています。

◆ハプニングがなければ蔡英文は再選

 2020年の台湾の国政選挙については、不可知の要素が多いため、予想が難しいのですが、その前哨戦となるのが、今年末に行われる、地方自治体の首長や議会議員を決める統一地方選挙です。大勢を一括すると、前述したように柯文哲の人気が急落しており、本人は地方選挙の市長選で落選したら、医師に戻りたいと公言しています。

 また、2016年1月の総統選挙と同時に行われた立法委員選挙で旋風を巻き起こした若者中心の党である時代力量も、パッとしません。

 頼清徳については、年末の地方選挙における民進党候補の当落によって、また評価が変わってくると思われます。

 蔡英文は人気が回復しつつありますので、私は、突発的なハプニングがなければ、恐らく2020年はそのまま再選されるのではないかと見ています。というのも、2000年以降の台湾政界の流れでは、国家元首としての総統は2期までが慣例となっているからです。

◆蔡英文政権最大の課題は司法改革

 蔡英文政権が掲げる政治改革は、従来の中国型政治を骨抜きにするものだとも評され、台湾では「去中国化」といわれています。蔡英文の政治改革の目標の一つに、国民党の資産内容の追及がありますが、国民党のほうではすでに「脱産」(資産を逃し、隠す)が進んでいると目されています。

 台湾の司法改革は教育改革以上に難しく、時間もかかります。蔡英文の代だけでは改革はできない可能性もあります。しかしそれをしなければ、台湾は真の法治国家にはなれません。民主政治も有名無実になってしまいます。

 というのも、台湾の司法は現在、なおも国民党が牛耳っているからだ。国民党の用心棒・殺し屋とまで評されているからです。国民党幹部が「われわれのお店」だとうそぶいているという話もあります。

 じっさい、馬英九が総統に就任すると、すぐに前総統の陳水扁を出国禁止にし、機密費流用と資金洗浄の容疑で逮捕、そしてわずか4、5帖の囚人房に収監しました。しかし陳水扁がどのような大罪を犯したのかは明確ではなく、司法の判決はいまなお結審していません。明らかに民進党が政権を奪ったことに対する「みせしめ」の報復です。

 一方、馬英九も機密漏洩罪の疑惑が浮上し、総統退任後に起訴されましたが、こちらはすぐに無罪判決が出たことから、司法を現在も国民党が牛耳っていることは明らかです。

◆今年末の統一地方選挙は台湾の未来を占う重要な選挙

 このように、70年にわたる国民党政権は、数えきれない負の遺産を残しています。民進党政権はこれらを丹念に潰していかなければなりません。しかし、中国が裏で策動して改革を阻害し、国内を2分して混乱を招こうとする動きも活発化しています。

 幸いなことに、現在、国民党の再起はほぼ絶望に近く、民進党政権を脅かす政党は存在しないというのが、言論人の一致した意見です。

 とはいえ、選挙は水ものです。万が一、中国の思惑通り2020年に民進党政権が下野するようなことがあれば、台湾のみならず、世界的にも大きな影響が出ます。ですから、「台湾問題」は、21世紀の人類の最後にして最大の課題とまで言われているのです。

 その意味で、今年末に行われる統一地方選挙は、台湾の未来を占う大変重要な選挙なのです。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)*new
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』*在庫僅少
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』*在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,