アメリカ歴史前代未聞の大事件「ウラニウム・ワン疑獄」  アンディ・チャン

【AC通信(No.665)「ウラニウム・ワン疑獄」Andy Chang:2017年10月24日】

 ウラニウム(ウラン)は原子爆弾の原料である。国家安全に関わるからアメリカで産出されたウランを外国に売ることは禁止されている。アメリカの敵であるロシアにウランを売るのはなおさらである。オバマとクリントン夫婦はこんな大それたことをやったのである。

 ヒラリー国務長官は、2010年に米国産ウランの20%をロシア政府の関連会社に売る契約にサインしたのだ。ウランを外国に売ることは米国対外投資委員会(CFIUS)の許可が必要だ。CFIUSは14の部門が関与している。

 契約が難航したのでロシアのRenaissance Capitalは2010年6月、ビル・クリントン元大統領に対し、普通の講演料の3倍から5倍にあたる50万ドルを提供してロシアで講演し、プーチンとも会見した。ビル・クリントンの講演のあと同年10月にヒラリーは20%のウランの販売契約にサインした。そして、このあとロシアのウラン会社は1.45億ドルをクリントン基金会に献金した。明らかな汚職、収賄である。

 FBIは、ヒラリー国務長官がUranium Oneと呼ぶウラン販売契約にサインする前年の2009年には既にロシアが米国産のウランを買うため贈賄、強制、マネーローンダリングなどの違法行為を熟知していた。FBIが知っていたとは司法部も国務院も大統領も知っていたということである。

 ロシアのウラン工業会社Rosastomは、アメリカの子会社Tenam 社のロシア系アメリカ人Vadim Mikerin を使ってアメリカのウラン購買を推進した。Mikerinはある弁護士を通じてアメリカ人のロビーストを雇うことにした。接触を受けたこのアメリカ人は事情の重大さを知って直ちにFBIに通報した。

 FBIは彼を秘密情報員(Confidential Source)としてCS-1と名付け、Mikerinの仕事に参加させた。CS-1は情報をFBIに提供し、自分でも資料を保存していた。こうしてFBIは2009年から情報員を通してオバマ、ヒラリーのウラン販売に関する詳しい資料やメールを持っていた。それなのにヒラリーは2010年にウラン販売を許可したのである。

 ロシアのRosastom 社はカナダのUranium One社の17%の株を取得し、ヒラリー国務長官はUranium One社を通じて20%のアメリカのウランをロシアに売る契約にサインしたのである。この契約は2014年にロシアがクリミア侵攻した後に中止した。

 CS-1の告発でウラニウム・ワンの詳細が明るみに出たのである。SC-1は国会議員に通報しようとしたが、FBIは彼と「情報不公開契約」を結んでいたとして国会議員に接触することを禁止したのである。これは2015年のことで、ヒラリーが大統領選挙に出る時期である。つまり、ヒラリーとビルの外にオバマ政権がウラニウム・ワンに関わっていたからFBIが事実を隠蔽したのだ。オバマ政権は2015年に至るまでウラニウム・ワンを国会に隠していたである。

 先週の10月17日、アメリカのThe Hill 雑誌社はJohn Solomon とAlison Spann、の共著によるウラニウム・ワン記事を発表した。同じ日に別の雑誌社、CIRCA NewsのSara Carterもウラニウム・ワン記事を発表した。

 この二つの記事が発表されるとFoxnews社は直ちにテレビでUranium Oneの追跡キャンペーンを開始したが、アメリカの三大テレビは今日10月24日に至るまでウラニウム・ワンに関する報道をしていない。アメリカのメディアは民主党贔屓で反トランプ、オバマとヒラリーのスキャンダルを報道しない事実がこれでよくわかる。

 John SolomonトSara Carterの記事が発表されると、国会は直ちに非公開調査を始めた。20日にはホールダー司法部長の後任者ロレッタ・リンチ司法部長が召喚された。彼女はウラニウム・ワンの外に2016年8月にビル・クリントンと飛行機内で会見したことも聞かれたが詳細は公開されていない。

 The HillとCIRCA Newsの記事が発表された4日後の21日、アメリカのNationalReviewはAndrew McCarthyの「The Obama Administration`s Uranium One Scanndal」を発表した。すこし長いがわかり易い記事である。

http://www.nationalreview.com/article/452972/uranium-one-deal-obama-administration-doj-hillary-clinton-racketeering 

 続いて23日、ワシントン・タイムス社もウラニウム・ワン疑獄の関連記事を発表した。いくら三大テレビがオバマのスキャンダルを隠しても、国会の調査が進めば明るみに出ると思われる。

 今のところ、ウラニウム・ワン疑獄がどれだけ事実を解明できるかはわからない。McCarthy記者が書いたようにこれは明らかな売国行為であり、ヒラリーだけでなくオバマ政権の大事件である。だが、疑獄を調査してもオバマやヒラリー、ホールダーなどが有罪となるかはわからない。

 当時のFBI 長官マラーは現在のトランプの選挙のロシア癒着を調査している特別検察官である。ロシアの子会社Tenamの調査をしていたローゼンシュタインは現在の司法部副長官である。マラー検察官のもとで仕事をしているAndrew Weissmann は当時の司法部の詐欺捜査班で働いていた。彼らが現職に不都合であるのではないが、FBI,司法部は当時オバマ、ヒラリーの売国行為を知りながら告発しなかったのである。

 トランプ大統領は「これは10年来最大の汚職事件だ」と述べた。だがニュート・ギングリッチ元国会議長は「これは単なるスキャンダルではなく、オバマ大統領、ヒラリー国務長官、ホールダー司法部長、マラーFBI長官とマッケード副長官など全員が関わった売国行為で、アメリカ歴史前代未聞の大事件である」と言う。大統領と国務長官が敵国にウランを販売する事件は世界史にもないことである。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券(1,200円)お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4
 *映画「台湾萬歳」公式サイト:http://taiwan-banzai.com/

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , ,